CAMP・GLAMPING

クルマで行きたい、沖縄のグランピングスポット

国内でも屈指の観光地である沖縄県。温暖な気候と、海に囲まれた立地から島々には個性的なグランピングスポットが点在している。豊富なマリンスポーツや沖縄ならではの食材を使ったバーベキューも楽しみの一つだ。今回は、沖縄県にある車で行きたいグランピングスポットを紹介する。

NANMA MUI NATURE RESORT(ナンマムイ ネイチャーリゾート)

那覇空港より、車でおよそ1時間半。『ナンマムイ ネイチャーリゾート』は、沖縄でも人気観光スポットとなっている古宇利島対岸に位置する屋我地島のアウトドアスポットだ。

2016年にオープンした、ナンマムイネイチャーリゾート。およそ8000坪という広大な敷地の半分が森という自然豊かな国定公園の中に、グランピングテントは設置されている。サイズによって3タイプ設用意されたテントは、3~4名という一般的な広さの他、1名用という小型のテントも。これらのテントは、それぞれプライベートデッキの上に設置。沖縄風の調度品が居心地よい空間を演出している。

また、テントが設置されているグランピングサイトは、プライベートビーチへ直接降りることが可能だ。降りた先は波も穏やかな内海に繋がっており、ボードの上に立って漕ぐSUPやカヤックといったマリンスポーツを楽しめる。

宿泊客以外も利用可能な食事処では、「ナンマムイサンドセット」を始め「塩こうじチキンヌードル」といった軽食からスイーツといったメニューが提供されている。オーシャンビューのテラスで頂く沖縄の味は1度食べたら忘れられないだろう。

NANMA MUI NATURE RESORT(ナンマムイ ネイチャーリゾート)

アクセス:那覇空港より車でおよそ1時間半
引用: NANMA MUI NATURE RESORT(ナンマムイ ネイチャーリゾート) 公式サイト

グランピングリゾート ヨーカブシ

沖縄県の石垣市で初めて本格的なグランピングスポットとしてオープンした『グランピングリゾート ヨーカブシ』。石垣空港から車でおよそ20分の場所にあるこのリゾートは、「炎」をテーマにした複合型の施設だ。

リゾートの名前になっているヨーカブシとは、「明けの明星」を示す沖縄の方言だ。施設内には、屋外での本格バーベキューと南国情緒溢れる宿泊施設を擁している。

普段とは違うグラマラスなバーベキューが楽しめる「炎空」が用意するのは、自慢のコースメニューだ。石垣牛や地場産の沖縄野菜をふんだんに使った料理を堪能できる。美味しい食材を味わいつつ、ハンモックでくつろげるのもグランピングならでは。ペットと一緒に楽しめるのも嬉しい。

また、部屋はモダンバリをテーマに、インテリアや調度品の全てを現地から直接仕入れたこだわりの部屋。南国テイスト溢れるデザインが、ゆっくりと日常を忘れさせてくれるだろう。

部屋のタイプは、コンドミニアム・ヴィラ、オーシャンビュー・コンドミニアム、オーシャンビュー・スタンダードツインの3タイプ。目の前の海から登る朝日も、沈む夕日も独り占めできる都会では味わえない贅沢だ。

グランピングリゾート ヨーカブシ

アクセス:石垣空港から車でおよそ20分
引用:グランピングリゾート ヨーカブシ 公式サイト

今帰仁村ハーフグランピング 星音

那覇空港より、車でおよそ1時間半。『今帰仁村ハーフグランピング 星音』は、その名の通り、グランピング用のテントと家具付きのコンドミニアムで過ごす両方のメリットを持ち合わせたハーフグランピングスポットである。

テントとコンドミニアムがセットになった宿泊棟を3つ設置し、貸し切りにも対応。大人数での利用にも適している。

コンドミニアムは、ベッドが4つも並んだ広いワンルームタイプ。小型のキッチンや各種家電が設置し、冷暖房といった快適装備も充実。そんなコンドミニアムから一歩出ると、テントとアウトドアテーブルセットが用意された芝生サイトが広がる。

ここでのバーベキューは、オランダの家電メーカー・プリンセスのテーブルグリルを使う。チーズフォンデュやブルーミングチーズブレッド、アヒージョといった多彩なメニューも、あなたのアイデア次第だ。

今帰仁村ハーフグランピング 星音

アクセス:那覇空港より車でおよそ1時間半
引用:今帰仁村ハーフグランピング 星音 公式サイト

* * *

国定公園内に位置し、プライベートビーチを持つスポットを始め、地場産の食材をこれでもかと味わうことができるスポット。さらに、ハーフグランピングというこれまでにない快適なアウトドアを提供する施設など、個性的なアウトドアスポットが集まる沖縄県。シティホテルに宿泊するのもいいが、たまにはグランピングで自然に囲まれた非日常感を味わってほしい。

【日本最大級】楽天トラベル





沖縄県のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. 九州の中でも南国感溢れるならではのグルメ…クルマで行…
  2. クルマで行きたい静岡のグランピング
  3. 見逃しやすい隠れた名店…クルマで行きたい、東京のグル…
  4. アクセスしやすいゲレンデ…クルマで行きたい、関東エリ…
  5. 一度は行きたい日本の中心部…クルマで行きたい、関東の…
  6. テレビでも話題…クルマで行きたい、金沢のグルメスポッ…
  7. 意外と知られていないグルメ…クルマで行きたい、高崎の…
  8. 鳥取砂丘や隠れ温泉地…クルマで行きたい、鳥取のホテル…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP