HOTEL

車で行きたい、栃木の旅館

東京より見て北の方角、車でのアクセスも良好な栃木県には鬼怒川や那須といった有名温泉地はじめ、日光東照宮や中禅寺湖などの有名な観光スポットが数多く存在している。そんな栃木観光に欠かせないのが、旅の疲れを癒してくれる宿だ。今回は、栃木県にある、車で行きたい憧れの旅館を紹介する。

湯守 田中屋

東北自動車道西那須野塩原ICより、およそ15キロの場所にある『湯守 田中屋』。日光国立公園特別地域内で、開湯1200年を数える塩原大網の天然温泉を楽しめる旅館だ。

創業明治17年という老舗旅館は、「源泉主義」を掲げる本物。十一湯からなる塩原温泉郷で一湯目となる大網温泉を、100年に渡って守り続けてきた歴史と伝統が息づいている。

見どころは、やはりなんといっても源泉かけ流しの100%天然温泉。「効き目非ずば返金す」を謳い文句とし、源泉を3本も保有している田中屋が誇る秘湯。

本館の6階と7階には眺望も抜群、前面ガラス張りの開放感が味わえる展望風呂が。その他、渓谷の景色とせせらぎが疲れを癒す渓谷風呂も。これらの温泉は、宿泊客だけでなく日帰りでの入浴も可能だ。

また、田中屋もう一つの魅力が料理。食事会場で囲炉裏を囲む炉端料理は、ここでしか味わえない趣がある。四季折々の旬野菜や川魚、栃木産の和牛に郡司牧場三元豚といった栃木県が誇る食材をじっくりと焼き上げる。食べる瞬間はもちろん、目の前でぱちぱちと弾ける炭火を眺めているだけでも面白い。

もちろん、炉端料理だけでなく、会席料理を部屋で頂くこともできる。水入らずの空間で、ゆっくりしたければこちらもおすすめだ。

湯守 田中屋

アクセス:東北自動車道西那須野塩原ICより、およそ15キロ
引用: 湯守 田中屋 公式サイト

割烹旅館 湯の花荘

東北自動車道西那須野塩原ICより、車でおよそ20分。『割烹旅館 湯の花荘』は、日光国立公園内にひっそりと佇む温泉旅館だ。

合計11の客室は、本館と離れに分かれているものの、全てが箒川に面した造り。心癒される川のせせらぎと、四季で移ろう渓谷美が日常から開放してくれる。

客室だけでなく、温泉もまた箒川が目の前に迫る絶好のロケーション。貸し切りができる露天風呂を始め、24時間いつでも入浴可能な内湯の大浴場を揃えている。平安時代から連綿と続く温泉地で、滞在中は温泉三昧だ。もちろん、100%の源泉かけ流しである。

また、提供される料理は、料理長自ら厳選した食材をふんだんに用いた自慢の料理だ。月ごとに献立が変わる会席料理の他、湯の花荘自慢の鍋コースも。鍋コースは、「すっぽん鍋」や「地鶏すき」といったバリエーション豊かな5種類だ。地産地消にこだわった究極のおもてなしを満喫しよう。

さらに、忘れず味わっておきたいのが塩原温泉名物の「とて焼き」だ。県産の地鶏と野菜を使い、丁寧に仕上げた特製のつくねに絡むタレと和風マヨネーズがクセになる逸品。一度味わえば、忘れられない味になるはずだ。

割烹旅館 湯の花荘

アクセス:東北自動車道西那須野塩原ICより、車でおよそ20分
引用:割烹旅館 湯の花荘 公式サイト

八丁の湯

標高1300メートルの山中に位置する『八丁の湯』は、自家用車での入場ができない。そのため、まずは女夫渕(めおとぶち)無料駐車場を目指して車を走らせよう。日光宇都宮道路今市ICより、車でおよそ1時間半の場所にある駐車場に車を停めて、予約制の無料送迎バスを使って宿を目指すことになる。

八丁の湯は、鬼怒川温泉郷のさらに奥。ブナの原生林に囲まれた、関東最後の秘湯である。国内でも珍しい自噴温泉が、8つの源泉より滔々と湧出している。一切追い炊きをしない中性の低張高温泉湯が身体への負担少なく、柔らか。

そんな全国の秘湯ファン憧れの温泉を、昭和4年の開業時そのままの姿を残す混浴の野天、女性専用の露天、男女別の内湯で楽しめる。自然の音や季節の景色、極上の温泉体験こそ八丁の湯が誇るおもてなしだ。

客室は、本館和室の他、ログハウスを設置。奥鬼怒の豊かな原生林に囲まれたログハウスへの宿泊は、八丁の湯ならではだろう。「ログハウス和室」はログハウスならではの木のぬくもりと、畳敷きというギャップある組み合わせが違和感なく落ち着きの空間を作り出す。窓から見える景色を眺めつつ、プライベートステイを満喫できる。

また、料理は里山の素材をふんだんに用いた郷土料理が並ぶ。ヘルシーな湯葉をメインにした基本コース「湯波会席」や近年注目を集めるジビエ、猪肉の鍋をメインに据えた「八丁の湯会席」など、バリエーションも豊か。栃木の風土が育んだ地元食材で、お腹も心も満たされる。

八丁の湯

アクセス:日光宇都宮道路今市ICより、車でおよそ1時間半
引用:八丁の湯べ 公式サイト

* * *

開湯1200年を数える大網温泉を守り続けてきた伝統ある温泉旅館を始めとして、関東最後の秘湯と呼ばれる八丁の湯を堪能できる宿など、一度は泊まってみたい憧れの旅館が集まる栃木県。栃木観光の際は、憧れの宿でゆったりとした休日を過ごしてほしい。

【日本最大級】楽天トラベル





栃木県のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. 圧巻の山々の元で…クルマで行きたい、富山県のスキー場…
  2. 膨大な自然で溢れている…クルマで行きたい、鹿児島のグ…
  3. 日本の神秘的場所…クルマで行きたい、伊勢のグルメスポ…
  4. クルマで行きたい、長崎の旅館
  5. クルマで行きたい、福岡の旅館
  6. クルマで行きたい大分のグランピングスポット
  7. クルマで行きたい、佐賀の旅館
  8. クルマで行きたい、茨城県の旅館
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP