HOTEL

クルマで行きたい、宮崎の旅館

九州地方の南東部、温暖な気候から九州でも屈指のリゾート地として知られている宮崎県。緑豊かな九州山地、風光明媚な日南海岸など、多くの自然にも溢れたスポットだ。そんな宮崎観光に欠かせないのが、旅の疲れを癒してくれる宿。今回は、宮崎県にある車で行きたい憧れの旅館を紹介する。

潮香ノ宿 髙平屋

東九州自動車道北浦ICより、車でおよそ5分。『潮香ノ宿 髙平屋』は、宮崎県の最北東部・北浦町を一望する山の絶壁に建つ宿だ。

なんと、全3室のみという客室は日向灘を遠くまで見通す全室オーシャンビュー。小さな宿だからこそできるこだわりが詰まった客室は、開放感に満ちている。五ヶ瀬町産の一枚杉を用いたテーブルや椅子が木の温もりをプラスし、海に面するように内湯として信楽焼の湯殿を設置。非日常的なゆとりの空間こそ、高平屋の自慢である。

また、高平屋が位置する北浦はウルメイワシの漁獲量日本一を誇り、その他養殖業も盛んな港町だ。海に面した山々では季節の野菜や果物がふんだんに収穫され、海と山の幸に恵まれた場所でもある。

それら豊かな旬の食材を、高平屋の主人自ら厳選。素朴ながら力強い自然の味を、のどかな雰囲気で堪能できる。ちなみに、食事は宿泊客だけでなく立ち寄りでも頂くことが可能。漁師町の贅沢を気軽に味わうことができるのも嬉しいポイントだ。

潮香ノ宿 髙平屋

アクセス:東九州自動車道北浦ICより車でおよそ5分
引用: 潮香ノ宿 髙平屋 公式サイト

高千穂 離れの宿 神隠れ

九州自動車道熊本ICより、車でおよそ1時間。『高千穂 離れの宿 神隠れ』は、旅館 かみの家を前身とする創業80年の老舗旅館だ。

客室は、華鳥風月をモチーフとした4棟に全8室の離れだ。それぞれに趣が異なる和モダンな空間づくりがなされており、客室専用の内湯も設置されている。さらに、部屋の名前は日本の古代色にちなんで名付けられた。日々の暮らしの中に、多彩で独自の色合いを取り入れてきた日本文化のストーリーを秘めている。

和洋室の「赤朽葉」を始め、洋室の「翡翠」に「茜雲」といった具合だ。洋室のベッドには、全室で高級寝具メーカー・シモンズ社製のベッドを採用。柔らかで包み込まれるような眠りを約束してくれる。

また、館内の湯は温泉ではないものの、高千穂峡の玉垂れの滝からくみ上げた御神水を使用している。天然温泉とはまた違った神聖な湯で、ゆっくりと日々の疲れをほぐそう。

提供される食事は、高千穂の素材にこだわった自慢の里山料理。宮崎県が誇るブランド牛である高千穂牛、渓流の女王とも呼ばれる川魚・山女魚、高冷地野菜といった高千穂ならではの食材が並ぶ。里山の自然が育んだ旬の食材を、料理人が1手間も2手間も掛けて、至高の料理に昇華させるのだ。

高千穂 離れの宿 神隠れ

アクセス:九州自動車道熊本ICより車でおよそ1時間
引用:高千穂 離れの宿 神隠れ 公式サイト

旅館 神仙

九州自動車道熊本ICより、車でおよそ2時間。国内でも屈指のパワースポットとして知られ、天孫降臨の舞台ともなった高千穂。『旅館 神仙』は、そんな神話が息づく雄大な自然の中で心からの安らぎを提供してくれる宿だ。

高千穂八十八社の総本社である高千穂神社からもほど近く、旅館としては珍しく大浴場の設備はない。本館に8室、離れの「神呂木の庄」に4室、別邸の「神庭」と合計14の客室には専用の露天風呂か総檜造りの内湯が備えつけてある。

プライベート感を追及した静寂の中、「個」を重んじる神仙。好きな時間に好きなだけお湯を楽しんでほしいという思いの現れだ。客室は、それぞれ趣の異なる造りだが、総じて日本古来のわび・さびを感じさせる優雅な造りが自慢だ。

中でも、400坪の敷地に建てられた別邸神庭内、総檜風呂付和洋室である「橘」と「豊玉」は、別格の造り。2019年にオープンした新しさも相まって、木の香りと温もりに包まれる。窓から外を見ると日本庭園が広がり、ゆったりと寛ぐことができるだろう。

食事もまた、温泉と同じくプライベートな空間を重視した個室で頂ける。こだわりの調度品を配した個室で落ち着いた空気の中、和のオーベルジュを。

旅館 神仙

アクセス:九州自動車道熊本ICより車でおよそ2時間
引用:旅館 神仙 公式サイト

* * *

客室はわずか3室のみ、全室でオーシャンビューとなっている旅館を始めとして、国内でも屈指のパワースポットのそばで格別のホスピタリティを誇る旅館。さらに、個性的な客室を備えた老舗の宿など、一度は泊まってみたい旅館が集まる宮崎県。宮崎県観光の際は、憧れの宿でゆったりとした休日を過ごしてほしい。

【日本最大級】楽天トラベル





宮崎県のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. ディズニーリゾートに行くなら日帰りより泊まりがいい……
  2. クルマで行きたい、下関の旅館
  3. 日本アルプス…クルマで行きたい、長野のホテル
  4. 広大な土地で頂ける…クルマで行きたい、長野のグルメス…
  5. ちょっと贅沢にリフレッシュ…ひとり旅にぴったりなおす…
  6. クルマで行きたい、岩手の民宿
  7. 本物の雪景色での滑走できる…クルマで行きたい、帯広エ…
  8. オシャレで扱いやすさが魅力…日本生まれのキャンプブラ…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP