HOTEL

クルマで行きたい、茨城県の旅館

東京からみて北東に位置し、太平洋に面した茨城県。茨城県の自然を象徴する国営ひたち海浜公園を始めとして、ハイキングやトレッキングの名所となっている筑波山。神磯の鳥居が有名な大洗磯前神社など、多くの観光スポットに恵まれている。そんな茨城観光に欠かせないのが、疲れを癒す宿となる旅館だ。今回は、茨城県にある車で行きたい憧れの旅館を紹介する。

筑波山江戸屋

関東平野で、茨城県のシンボルとして親しまれている筑波山。西の富士、東の筑波ともいわれ、古くは万葉集にもその姿を詠われた名峰である。東京方面より首都高速と常磐自動車道を使って約1時間。『筑波山江戸屋』は、そんな筑波山の中腹に建つ筑波山神社の隣で創業390余年を数える老舗旅館だ。

一般客室にあたる心落ち着く和室タイプの一般客室と、和洋2つの雰囲気が融合した和洋室に加え、最上フロアに位置し、筑波山と関東平野を一望できる5つの特別室を備える。展望露天風呂付きの「琥珀」や2部屋を繋げて利用できる「浅葱」に「山吹」も。江戸屋ならではの眺めを堪能しつつ、和モダンな空間でゆっくりとくつろごう。

筑波山の温泉は、筑波山を構成する男体山と女体山にちなみ「双神の湯」と呼ばれている。江戸屋では、それを自然の景観を生かした露天風呂と大浴場に引き込んだ。泉質は、アルカリ度数が非常に高く、美肌効果や関節痛・神経痛にも効果が期待できる。癒しの名湯に浸かりながら、筑波の四季を感じよう。

また、食事は地元筑波の食材にこだわり、旬で変化する創作和食だ。春夏秋冬、季節をイメージして工夫された献立は、食べるのがもったいないほど美しい。

さらに、ここでしか味わえないメニューが、「鍬焼き(くわやき)」である。江戸屋オリジナルの追加料理で、国産牛と茨城県産の銘柄豚、筑波茜鶏という3種類の肉を鍬の形状をした鉄板でじっくり焼き上げた。江戸屋を訪れた際は、ぜひとも味わっておきたい逸品である。

筑波山江戸屋

アクセス:東京方面より約1時間
引用: 筑波山江戸屋 公式サイト

滝味の宿 豊年万作

「盛岡じゃじゃ麺」「わんこそば」と並び、盛岡三大麺と評される麺料理が「盛岡冷麺」である。盛岡駅北口よりほど近い『盛楼閣』は、極上の焼肉と盛岡冷麺が頂ける屈指の人気店だ。

店舗自体は、盛岡駅と地下が直結した6階建て「ワールドインGENプラザ」の2階にある。東北自動車道を県道36号線方面(盛岡南方面)で降り、盛岡西バイパスを目的地まで進もう。

霜降りの「極上ロース」を始め、「極上カルビ」や「ハラミ」を味わった後は、やはり「盛楼閣冷麺」でシメたい。辛さを6段階で調節できる透き通ったスープと、もちもちとした歯ごたえの麺との組み合わせは、シンプルながら絶品。

特に牛コツを使ったスープが評判で、あっさりしていながらも、旨味とコクは他の冷麺とは段違い。トッピングされる具材も特徴的で、春~夏の間はスイカ、秋~冬の間は梨が添えられる。季節感すら感じさせてくれる冷麺だ。

滝味の宿 豊年万作

アクセス:常磐自動車道那珂ICより車でおよそ1時間
引用:滝味の宿 豊年万作 公式サイト

元湯 山田屋旅館

常磐自動車道那珂ICより、国道349号線を経由しておよそ40分。茨城県の常陸太田市で、創業300余年の歴史を数えるのが『元湯 山田屋旅館』だ。日本の元号は、まだ宝暦。9代将軍徳川家重が江戸幕府を収めていた頃の話である。

自慢の温泉は、八幡太郎の通称でも知られている源義家が、平安時代の豪族であった奥州阿部氏征伐の際に負った傷を僅か4日で完治させてしまった。その故事に由来して、「四日の湯」とも呼ばれている名湯だ。

フロア2階まで吹き抜けになった開放感溢れる浴室からは、渓流と小滝を望む。茨城県内でも屈指のアルカリ度数を誇る硫黄泉は、美肌にも効果があるとされる。温泉ソムリエもいる温泉旅館ならではのお湯は、一度入ると病みつきだ。

客室は、1階と2階に分かれており、なかでも1階の客室は2017年にリノベーション。築250年の建物が醸し出す風情はそのままに、日本庭園と月をモチーフとして和モダンな雰囲気をプラスした。畳敷きの部屋に各種調度品を設え、自宅リビングのような心地よさが広がる。

元湯 山田屋旅館

アクセス:常磐自動車道那珂ICよりおよそ40分
引用:元湯 山田屋旅館 公式サイト

* * *

筑波山神社の隣で創業390年を数える老舗旅館を始めとして、茨城県ならではの里山の味を堪能できる料理旅館。さらに、宝暦の頃より続く歴史ある温泉を満喫できる宿など、一度は泊まってみたい旅館が集まる茨城県。車で茨城県まで足を伸ばして、憧れの宿でゆったりとした休日を過ごしてほしい。

【日本最大級】楽天トラベル





茨城県のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. 柑橘系だけじゃないおすすめしたいグルメがたくさん…ク…
  2. クルマで行きたい、沖縄のグランピングスポット
  3. 豊富かつ多彩なコースで腕を磨きたい…クルマで行きたい…
  4. 冬には冬の楽しみが… 冬キャンプの必須アイテム
  5. 鳥取砂丘や隠れ温泉地…クルマで行きたい、鳥取のホテル…
  6. 【沖縄の対象店舗】GoToイートキャンペーンで南の島でリッチな食…
  7. クルマで行きたい、東北のグルメスポット
  8. 神秘的スポット エンジェルロードがある… クルマで行…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP