HOTEL

クルマで行きたい、京都の旅館

日本の歴史上、かつては首都であり数えきれないほどの歴史ある寺院仏閣や建造物が遺されている京都。国内でも屈指の観光県として知られており、年間を通して国内外から多くの観光客が足を運んでいる。そんな、歴史ある京都観光に欠かせないのが、旅の疲れを癒す宿だ。今回は、京都にある車で行きたい憧れの旅館を紹介する。

柊家旅館

名人高速道路京都東ICより、車でおよそ20分。『柊家旅館』は、炭屋旅館・俵屋旅館と並んで「京都御三家」と呼ばれる老舗旅館だ。その宿として成立したのは文久元年、1864年のことである。

明治時代からの皇族や多くの文人墨客、激動の時代を生きた幕末の志士が訪れ、中でも川端康成は常宿として寄稿文も遺しているほどだ。周辺には京都市役所前駅や本能寺があり、京都の中心部に位置しながらも館内は別世界の静寂に包まれている。

客室棟は、旧館と新館に分かれている。江戸末期から昭和まで当時の趣がそのまま遺された数寄屋造りの旧館と、和モダンさを加え、より快適な設備を機能を追加した新館という2段構えだ。

ほとんどの部屋からは緑豊かな庭園を望むことができ、街中の旅館とは思えないほどの余裕とゆとりに満ちている。

食事は、新鮮な旬の食材を厳選して用いた京料理。京都を代表する食材である夏のハモを始め、鮑やエビといった海産物を贅沢に使う。風味豊かな和食の献立は、どこかほっとする味わいだ。

柊家旅館

アクセス:名人高速道路京都東ICより車でおよそ20分
引用: 柊家旅館 公式サイト

あまやどりの宿 雨情草庵

山陰近畿自動車道京丹後大宮ICより、国道178号線を経由して車でおよそ30分。『あまやどりの宿 雨情草庵』は、日本の夕日100選にも選出されている夕日ヶ浦に佇むしっとりした雰囲気を醸す旅館だ。

その名前の通り「雨を楽しむ」宿であることをコンセプトとして掲げ、雨宿りをゆっくりと楽しめるよう設計された離れの全5室を備えている。全ての部屋に、ベッドルームやリビングはもちろんデッキテラス併設の温泉露天風呂を設置。広々とした間取りも自慢で、静寂の中で屋根や窓をたたく雨音をBMGにゆったりとくつろごう。

さらに、特別棟の宗家は雨情草庵のルーツとも呼べる部屋だ。150年前の古材を利用して建てられた家屋は、日本の原風景ともよべる侘び寂びに満ちた佇まい。吹き抜けとなった開放感あるリビングに囲炉裏部屋など、どこか懐かしい光景が広がっている。

また、食事は全室個室となった食事処「天津水」で頂く。春のトビウオ、冬の松葉ガニ。海と山に囲まれた雨情草庵だからこそ味わえる山海の幸は繊細で美しく、それでいて豪快だ。丹後の地酒も豊富に取り揃えられ、絶品料理に美酒が彩を添えてくれる。

あまやどりの宿 雨情草庵

アクセス:山陰近畿自動車道京丹後大宮ICより車でおよそ30分
引用:あまやどりの宿 雨情草庵 公式サイト

俵屋旅館

名神高速道路京都東ICより、車でおよそ20分。京都で最も古いと言われている『俵屋旅館』は、創業300年を数える老舗中の老舗旅館だ。

公式のホームページを持たず、世界中のセレブから愛されている宿としても知られており、かのアップル創業者、スティーブ・ジョブズやハリウッドスターのトム・クルーズも訪れたことがあるそう。

古くは、江戸から明治かけて公家や大名の常宿として発展。当時から変わらないおもてなしと、京都の歴史と共に歩き続けた宿としても重厚な歴史が詰まっている。

敷地内の日本庭園を囲むように建てられた全18の客室は、モダンな数寄屋造りや書院造となっている。各部屋は、1つとして同じものは存在せず、それぞれに異なる意匠を凝らした設えがなされている。設置される調度品も月替わりで変えられ、例え100度訪れたとしても、同じ部屋に泊まる方が難しいだろう。

部屋の雰囲気を壊さぬようひっそりと飾られた山野草、ゲストの到着に合わせて焚かれるお香など、心配りの真髄を味わうことができる。国内でも屈指の高級旅館だが、死ぬまでに一度は宿泊してみたい憧れの宿だ。

俵屋旅館

アクセス:名神高速道路京都東ICより車でおよそ20分
引用:俵屋旅館 JTB公式サイト

* * *

多くの文人墨客、名士たちが足跡を刻んだ老舗旅館を始めとして、雨降りの京都をしっとりと楽しめる宿。さらに、日本国内のみならず世界のセレブも愛する宿など、一度は泊まってみたい憧れの旅館が集まる京都。京都観光の際は、憧れの宿でゆったりとした休日を過ごしてほしい。

【日本最大級】楽天トラベル





京都のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. ついに始まったGoToイートキャンペーン 関東対象店舗のご紹介
  2. ディズニーリゾートに行くなら日帰りより泊まりがいい……
  3. クルマで行きたい富山のグランピング
  4. 瀬戸内の海産物も食べたい…クルマで行きたい、愛媛のス…
  5. 大都会でもグランピングは楽しめる…クルマで行きたい東京のグランピ…
  6. クルマで行きたい福岡のグランピングスポット
  7. 箱根で温泉もお酒も楽しみたい… GoToイート対象店…
  8. 豊かな自然の中で過ごす休日…クルマで行きたい、秋田県…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP