CAMP・GLAMPING

クルマで行きたい宮崎のグランピングスポット

南国情緒溢れる温暖な気候から、九州内でも屈指のアウトドアスポットとして人気の高い宮崎県。元々、豊かな自然に恵まれている宮崎では、環境を生かした個性的なグランピングが楽しめる。今回は、そんな宮崎県にある、車で行きたいグランピングスポットを紹介する。

グランピング イン カームラナイハーバー

東九州自動車道日南北郷ICより、車でおよそ10分。宮崎空港からだと約35分の場所に位置する『グランピング イン カームラナイハーバー』は、日南海岸国定公園内でプライベートハーバーを持つアウトドアスポットだ。

海に面した絶好のロケーションで、多くのマリンスポーツを楽しむことができる。特に、サーフボードの上に立ってパドルで水を漕いで進むSUP(スタンドアップパドルボード)やシーカヤックの利用はなんと無料。他にも、薪割り体験や釣りなど、さまざまなアクティビティを用意している。

宿泊施設はウォーターフロントのコテージを始めとして、6つのテントとキャンピングとレーターを設置。吹き抜けのコテージの快適さはもちろんのこと、それぞれに異なるコンセプトが与えられたテントたちは、異国情緒溢れるフォトジェニックなデザインだ。海外リゾートの雰囲気漂うグランピングテントの中で、特別な時間を過ごすことができるだろう。

また、ここでは国内でも珍しい船に宿泊するプランも用意されている。コテージやテントでは物足りないという、レアな体験がしたい方にもおすすめだ。

グランピング イン カームラナイハーバー

アクセス:東九州自動車道日南北郷ICより車でおよそ10分
引用: グランピング イン カームラナイハーバー 公式サイト

ステラスポーツ

東九州自動車道西都ICと九州自動車道人吉ICより、車でおよそ1時間。『ステラスポーツ』は、総面積のおよそ9割が森林という、宮崎県の西部・児湯群西米良村の豊かな自然を満喫できる場所だ。

グランピングエリアには、11棟のテントを常設。駐車場からも近く、シャワールームやトイレ、さらにはカフェも隣接しているため、利便性が非常に高いのも特徴である。

ここでの“推し”アクティビティは「ダッキー」。全長およそ10キロのコースをボートに乗って下る、いわゆる清流下りだ。一ツ瀬川は底が透けて見えるほど美しく、浮遊感を感じるほど。西米良の自然を体全体で感じることができるアクティビティだ。

ダッキー後には、温泉設備である「西米良温泉ゆた~と」で、ゆったりと疲れを癒そう。ナトリウム炭酸水素塩温泉は美人の湯とも呼ばれており、ゆるりと肌に染み入るような感覚が心地よい。

また、ゆた~とでは地元西米良で獲れた鹿や猪などのジビエに始まる、山と川の幸を堪能できる。中でも、エゾイワナとカワマスの交配種である西米良サーモンは、ここでしか食べられない貴重な食材だ。

ステラスポーツ

アクセス:東九州自動車道西都ICと九州自動車道人吉ICより車で約1時間
引用:ステラスポーツ 公式サイト

サーフグリル

宮崎自動車道宮崎ICより、車でおよそ20分。『サーフグリル』は、宮崎県宮崎市の青島に建つANAホリデイ・インリゾート宮崎が、2019年にオープンさせたグランピングと本格的なバーベキューを楽しめるスポットである。

宮崎県屈指の景勝地として知られている鬼の洗濯板に囲まれた青島神社を望む場所で、南国の雰囲気漂うヤシの木と芝生の緑に囲まれる。ガーデンはオーシャンフロントという絶好のロケーションだ。

目玉となるバーベキューは、食材から機材の設置、撤収まで全てスタッフが代行してくれる手ぶらバーベキュー。グリルウェーバーで行うバーベキューは、牛肉と鶏肉に新鮮な季節の野菜を加え、土鍋炊きのご飯がセットになった「レギュラーコース(3000円)」が基本となる。

これに500円追加した「ちょっと贅沢、ご褒美コース」では、上記のメニューに加えてエビやムール貝といったシーフードがメニューに加わる。

ANAホリデイインリゾート宮崎の広い芝生ガーデンを独り占めできる、貸し切りデイキャンププランなども用意されているため、グループでのパーティ会場としても利用することが可能だ。

サーフグリル

アクセス:宮崎自動車道宮崎ICより車でおよそ20分
引用:サーフグリル 公式サイト

* * *

国定公園内のプライベートハーバーで行う贅沢グランピングを始め、大自然の中ジビエや温泉を堪能できるスポット。さらに、ホテルが提供するリゾートグランピングなどなど、魅力的なスポットが集まる宮崎県。ぜひとも車で宮崎県まで足を伸ばして、グランピングの非日常感を味わってほしい。

【日本最大級】楽天トラベル





宮崎県のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. ちょっと贅沢にリフレッシュ…ひとり旅にぴったりなおす…
  2. 絶品のふぐを味わう…クルマで行きたい、山口のホテル
  3. アクセスしやすいゲレンデ…クルマで行きたい、関東エリ…
  4. クルマで行きたい、愛知の旅館
  5. 雪の質とコンディションが最高すぎる…クルマで行きたい…
  6. 麺好きにはたまらない麺類の聖地…クルマで行きたい、岩…
  7. クルマで行きたい、和歌山の旅館
  8. 原宿が変わった!大人も行きたい原宿とは…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP