CAMP・GLAMPING

秋冬キャンプは焚き火を楽しみたい… これさえあればOK!おすすめの焚き火台

秋冬のキャンプといえば、焚き火をしたい!と思う人も多いだろう。

子供の頃夢見た、キャンプファイヤーや焚き火でマシュマロ、最近だとYouTubeで焚き火の火だけをあげ続けるというチャンネルもよく見かける。一見難しそうに見える焚き火だが、初心者の人でも道具を揃えればすぐにでも始められるだろう。

最近のキャンプ場は直火禁止のところも増えてきたため、欠かせないアイテムとなるだろう。

スノーピーク( snow peak) 焚火台 M 

キャンプ場やアウトドアショップでは必ず見かけるだろう。

可愛いマークがポイントのスノーピークの焚き火台。

今回ご紹介するのはMサイズ、折りたたんで収納できるため女性でも持ち運びがしやすいのでおすすめだ。この焚き火台だけだと観賞用になるが、オプションのブリッジを使えば炭火料理を楽しむことができるので、一緒に購入すると良いだろう。

動画で焚き火台が出来上がるまでの工程を見ることができるので、安心して購入ができる。

スノーピーク snow peak 焚火台 M ST-033R [焚き火台]

価格:13,860円
(2020/10/1 17:28時点)
感想(24件)

スノーピーク( snow peak) 焚火台 L オリジナルセット 

先ほどはMサイズを紹介したが、大人数で使用する場合はLサイズがおすすめだ。これはLサイズの焚き火台とグリルブリッジ、収納袋もセットになっているスノーピークのオリジナルセットだ。キャンプ初心者の人やキャンプ道具がどれが良いかわからない人は、これを1セット持っていると良いだろう。

スノーピーク snow peak 焚火台L オリジナルセット SET-112 [ST-032RS 焚き火台]

価格:39,380円
(2020/10/1 17:22時点)
感想(31件)

コールマン(COLEMAN) 焚き火台 ファイアディスク

キャンプ好き、そうでない人も知らない人はいないであろう、コールマンにも、もちろん焚き火台は存在する。いくつか焚き火台を出しているがコールマンだが、今回は丸型が印象的な焚き火台を紹介しよう。

初心者でも簡単に焚き火ができるオールインワンモデルだ。

ダッチオーブンも3サイズに対応しているので、サイズ選びにも困らない。折りたたむと厚さが10cmになり、収納ケースもセットになっているので持ち運びにも困りません。また洗いやすいのも良いところだろう。

● コールマン(COLEMAN) キャンプ用品 焚き火 ファイアディスク 2000031235

価格:5,880円
(2020/10/1 17:30時点)
感想(25件)

LOGOS the ピラミッドTAKIBI L コンプリート

焚き火もBBQも両方一緒に楽しみたいという人にはこちらがおすすめだ。ロゴス(LOGOS)から出ているこちらの焚き火台。高さを変え、強火と弱火とで調整できるようになっている。焚き火台、バーベキュー、ダッチオーブン料理の3つの楽しみがこれ1台でできる。

キャリーバックもセットになっているので、収納袋を別で用意する必要もない。デザインもロゴスのロゴが入っていてスタイリッシュでかっこいい。

送料無料 LOGOS/ロゴス the ピラミッドTAKIBI L コンプリート フルセット 81064166 焚き火台 バーベキューグリル 調理スタンド キャンプ たき火 焚火 焚き火 たき火台 焚き火台 焚火台 ファイアグリル ファイヤースタンド バーベキュー 防災 あす楽対応

価格:17,270円
(2020/10/1 17:09時点)
感想(4件)

番外編

SNS映え間違いなし。レインボーカラーの炎が見えるマジックファイヤー。お子さんは大喜び間違いなし、SNS映え間違いなしのアイテムです。いつもの焚き火に、袋のまま投入するだけなので普段の焚き火に飽きてきている人は、ぜひ試してみてほしい。

周りの人にもあっと驚かれるであろう。

マジックファイヤー 焚き火グッズ バーベキュー アウトドア キャンプ用品 キャンプファイアー 焚き火 magicfire キャンプ

価格:980円
(2020/10/1 17:21時点)
感想(0件)

* * *

これから焚き火をするのが楽しくなる季節になる、道具さえ揃えてしまえば日帰りでもすぐに始められるだろう。火がもたらす癒しを味わいに、週末は仲間や恋人、家族、一人で焚き火キャンプを愉しもう。

関連記事

  1. クルマで行きたい、関東のグランピングスポット
  2. クルマで行きたい、札幌のグランピングスポット
  3. 海山両方ぜいたくに…クルマで行きたい、千葉のホテル
  4. 温泉王国で癒しのひと時を… クルマで行きたい、山形の…
  5. 海の幸だけじゃない… クルマで行きたい、おすすめの下…
  6. 年始は初日の出を拝みたい…中部エリアのクルマで行くお…
  7. たくさんの魅力がある県…クルマで行きたい、和歌山のホ…
  8. 豊富かつ多彩なコースで腕を磨きたい…クルマで行きたい…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP