SKI RESORT

温泉、ゲレンデ両方楽しみたい…クルマで行きたい、山形県のスキー場

さまざまな規模、合わせて20以上のスキー場が存在する山形県。標高が高く樹氷が見られるスキー場や、温泉が隣接するゲレンデなど、魅力的なスポットも多い。今回は、そんな山形県にある、車で行きたいスキー場を紹介する。

蔵王温泉スキー場

東京より『蔵王温泉スキー場』へ行く場合、東北自動車道村田JCTを経由。山形自動車道山形蔵王ICを降りて国道13号線を使うルートもあるが、山形蔵王ICより西蔵王高原ラインを使う方が便利だ。スキー場自体は、山形蔵王ICよりおよそ17キロの場所にある。

このスキー場は、東北でも最大級の広さを誇こる。蔵王連峰を見渡す絶好のロケーションで、雪質も抜群。きめ細やかなパウダースノーで、バリエーション豊かなゲレンデコースは一日中ウインタースポーツに興じるにはもってこいだ。

リゾート内には、6つのエリアと11のコース、14のゲレンデを含む。リフトは合計36基もあり、この施設がいかに大規模であるかを物語る。

コースの内訳は、初級コース40%/中級コース40%/上級コース20%となっており、最大滑走距離は驚きの10キロ。最大傾斜は38度と、他のゲレンデではなかなか味わえないスリルのある滑走が体験できる。

ちなみに、この38度の傾斜に挑戦できるのは「横倉ゲレンデ」内にある通称“横倉のカベ”だ。蔵王温泉スキー場イチの難所として知られており、300メートルの間ひたすら30度以上の傾斜が続く。一度転ぶと下まで止まらないという上級者用のコースなので、初級から中級者は迂回するのが無難だろう。

また、蔵王温泉スキー場では、ナイターゲレンデで一度は滑っておきたい。夜間になると、樹氷のライトアップが行われ、幻想的な雰囲気が漂う中で滑ることができるのもこのゲレンデならではの特徴だ。

蔵王温泉スキー場

アクセス:山形駅から車で約35分
引用: 蔵王温泉スキー場 公式サイト

黒伏高原スノーパーク ジャングルジャングル

仙台宮城ICより、国道48号線を山形方面へ。関山交差点を右折するのが1つめのルート。もう1つは、山形北ICより国道13号線を東根方面へ走り、国道48号線を仙台方面へ右折。高崎交差点を左折して『黒伏高原スノーパーク ジャングルジャングル』を目指そう。無料で使える駐車場を1,500台分完備しており、深夜に到着しても問題ない。

ゲレンデに積もった雪は、人工降雪機を使わない100%の天然雪だ。雪不足の心配をしなくてもよい、日本でも有数の豪雪地帯ならではの贅沢といえるだろう。

ゲレンデ内には5つのコースと、4つのスノーパークを備えている。傾斜30度を超えるような超上級者向けコースは存在しないものの、広くて安心して滑ることができるレイアウトはビギナーにも優しい。

また、ボーダーに嬉しいのがレベルに併せて利用できるスノーパークだ。ここには、メインパークの「Jパーク」を始めとして、ペアリフト横に設置され、ナイターでも利用できる「ペア横パーク」、キッカーやボックスが配置された「ペア上パーク」の3つに、ジャングルジャングル名物となている本格的な「クロスコース」がある。多彩なアレンジが魅力的なゲレンデで、一日中雪と戯れよう。

黒伏高原スノーパーク ジャングルジャングル

アクセス:山形北I.Cから車で約40分
引用:黒伏高原スノーパーク ジャングルジャングル 公式サイト

米沢スキー場

『米沢スキー場』までは、東京方面からだと浦和ICより東北中央自動車道福島JCTを経由、米沢八幡原ICで一般道に降り、国道13号線を使う4時間の道のりとなる。仙台方面や水戸方面からくる場合でも、最終的に米沢八幡原ICを目指して走ることになるだろう。

駐車場は第1・2駐車場に加え、北の駐車場を備える。第1・2駐車場に関しては平日は無料であるが、土日祝日は時間によって一律700円掛かるので、訪れる時間帯には注意だ。北の駐車場に停める場合は前日無料となっている。

場内には、ビギナークラスからプロ級の腕前を持つスキーヤー・ボーダー問わず楽しめる8コースを設置。

初級コースの「中の平ゲレンデ」と「林間コース」、中級コースの「北の背コース」、上級コースの「ダイナミックコース」はナイター営業も行っているので、朝から晩まで時間を気にせずウインタースポーツを満喫できる。

また、スキー場には「ペンション村キラキラ王国」が隣接。

それぞれに個性的なペンションに宿泊して、泊りがけのスキー旅行も可能だ。

米沢スキー場

アクセス:福島飯坂IC.より25km(約2時間)
引用:米沢スキー場 公式サイト

* * *

毎年安定した積雪と雪質が期待できる山形県のスキー場は、スキーヤー・ボーダーなら抑えておきたいエリアだろう。数日掛けて、スキー場巡りなんて楽しみ方もできる。

今シーズンは、山形のゲレンデで冬を遊びつくしてほしい。

 

【日本最大級】楽天トラベル





山形県のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. 三陸産の海の幸を味わえる… クルマで行きたい、岩手の…
  2. 真冬に楽しみたい札幌のゲレンデ…クルマで行きたい、札…
  3. クルマで行きたい、宮城の民宿
  4. 観光や湯治の人気スポット…クルマで行きたい、群馬のグ…
  5. 広大な土地で頂ける…クルマで行きたい、長野のグルメス…
  6. 観光地もご当地グルメも古来より親しまれてきた伝統的なものばかり&…
  7. クルマで行きたい広島のグランピング
  8. 晴れの国のご当地食…クルマで行きたい、岡山のグルメス…
シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP