SKI RESORT

ウインタースポーツにうってつけ…クルマで行きたい、秋田県のスキー場

日本国内でも、屈指の豪雪地帯として知られている秋田県。そのため、県内にスキー場が多数点在しており、ゲレンデ選びに迷ってしまうほどだ。

今回は、ウインタースポーツにうってつけの秋田県にある、車で行きたいスキー場を厳選して紹介する。

ジュネス栗駒スキー場

秋田県雄勝郡東成瀬村に位置する『ジュネス栗駒スキー場』。仙台・北上方面より行く場合、北上江釣子JCTを経由して秋田自動車道へ。十文字ICで高速を降り、国道13号から324号、397号というルートを辿る。秋田方面からだと、秋田南ICから秋田自動車道に乗り、後は仙台ルートと同じ道順となる。

ゲレンデは、9つのコースと2つのゾーンを完備。

初心者におススメなのは、傾斜角5度から9度の「ロゼコース」だ。広々とした1,000メートルのレーンで安心して滑ることができる。

仲間とロングライディングを楽しみたいなら「クレールコース」だ。2,500メートルのロングコースでは、山頂付近から鳥海山も望める。雄大な景色を望みつつ、爽快な滑りを楽しめるだろう。

滑りに自信があるライダーにはメインゲレンデの1つである「エルコース」を勧める。第2クワッドリフト右側のリフト沿いに位置する1,000メートルのコースでは、8度から24度の幅広なカービングターンを披露できる。ギャラリーへのアピール度も抜群だ。

アフタースキーには、ゲレンデ直結の「やまゆり温泉」へ。

客室や浴場からはゲレンデを一望できる。美肌の湯とも称されるアルカリ性の単純硫黄温泉でゆったりと身体を温めよう。

ジュネス栗駒スキー場

アクセス:秋田方面からは秋田南ICより車で約85分
引用: ジュネス栗駒スキー場 公式サイト

たざわ湖スキー場

『たざわ湖スキー場』は、秋田県の北仙市にある日本で最大の深度を誇る田沢湖に、名前を由来するスキー場である。

東京方面から車で行く場合、東北自動車道をおよそ7時間ほど走り、盛岡ICで国道46号線へ降りて1時間ほど走るとゲレンデに到着だ。秋田自動車道を使って行くなら、協和ICで国道146号線へ降りて、およそ1時間半の道のりとなる。

コースは初級と中級コースが4本ずつ。上級コースが5本の計13コースを備える。日本百景にも選ばれていた県立自然公園、田沢湖を見下ろしつつ滑ることができるレイクビュースキーはこのスキー場ならでは。その深さが見せるコバルトブルーの湖面を見ながらのライディングは気分も爽快だ。

さらに、「水沢チャンピオンコース」「駒ヶ岳第3コース」「ぎんれいパラダイスコース」という、3つの未圧雪コースも。

圧雪コースとは一味違う、純粋なパウダースノーを体験しよう。

また、ベースとなる「スキーセンター レラ」内「レストラン しらかば」では、スキーヤーには欠かせないゲレンデ飯も頂ける。秋田県横手市のご当地グルメである横手焼きそばやトマトをたっぷり使った真っ赤なスープのトマトラーメンなど、身も心も温まる豊富なメニューが。2階の「ラウンジ 黒森」では、軽食や地ビール・地酒といった地元のアルコールも提供。スキー場ならではの楽しみが詰まっている。

たざわ湖スキー場

アクセス:東北自動車道 盛岡I.CよりR46を経て約1時間
引用:たざわ湖スキー場 公式サイト

花輪スキー場

秋田県鹿角市の『花輪スキー場』。競技シーンで活躍するスキーヤーやボーダーで知らぬものはいないであろう。なぜなら、このスキー場には公式競技で使用される標高750メートル、総延長1,500メートルのロングコースを備え、ジャンプ競技場やクロスカントリーコースでは国体を始めとした多くの大会が開催されているためだ。

東北自動車道鹿角八幡ICより車でおよそ15分の場所にあり、大自然に囲まれた総合運動施設アルパス内にゲレンデがある。

常に人工降雪機を設置したゲレンデは常にベストコンディションがキープされ、ペアリフトを2基とシングルリフトを1基完備している。

また、このスキー場には前述したとおり公式競技が行われるジャンプ台がある。全日本スキー連盟のルールに則った設計で、ノーマル・ミディアム・スモールの4台が併設されている。速度測定器や電光掲示板といった競技に必要な設備も完備しているので、利用したければ事前に連絡をしておこう。

ホワイトシーズンだけではなく、グリーンシーズンにも営業しているこのスキー場では、ローラースキーやジョギングも楽しめるクロスカントリーコースも。

ジャンプ台も、サマージャンプ台として使えるので1年を通じてスキーを満喫できる。

花輪スキー場

アクセス:鹿角八幡平I.Cから車で約15分
引用:花輪スキー場 公式サイト

* * *

ゲレンデが多い秋田県では、積雪の状況やエリアによって場所をチョイスできる大きなメリットがある。

県の9割ほどが特別豪雪地帯に指定されているのは伊達ではない。天然雪や、パウダースノーを滑りたいのなら、秋田県のゲレンデを訪れてみてはいかがだろうか。

【日本最大級】楽天トラベル





秋田県のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. クルマで行きたい、松本の旅館
  2. 都内からアクセスしやすい…クルマで行きたい、宇都宮の…
  3. 年始は初日の出を拝みたい…北海道のクルマで行くおすす…
  4. クルマで行きたい新潟のグランピング
  5. クルマで行きたい、九州の旅館
  6. 年始は初日の出を拝みたい…近畿エリアのクルマで行くお…
  7. 至福のひと時を過ごす…クルマで行きたい箱根のホテル
  8. 美しい山と海の両方を温泉で眺望できる…クルマで行きた…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP