CAMP・GLAMPING

琵琶湖を眺めながらの贅沢グランピング…クルマで行きたい、滋賀のグランピングスポット

関西エリアの中でも、国内最大の湖・琵琶湖を始めとして雄大な自然に溢れる滋賀県。琵琶湖周辺を中心として、グランピングやキャンプが楽しめる施設が増えてきており、穴場のアウトドアスポットとして人気を集めている。

そこで今回は、車で行きたい滋賀県のグランピングスポットを紹介する。

奥琵琶湖 マーベラス グリーン

『奥琵琶湖 マーベラス グリーン』は、滋賀県高島市にある「奥琵琶湖マキノグランドーパークホテル」内に設置されているグランピング施設だ。

京都方面より、湖西道路北小松ランプより一般道・国道161号線湖周辺道路を経由しておよそ40分。名古屋方面より北陸自動車道木之本ICより国道303号線・161号線を経由して30分の場所にある。

2016年の10月に開業したこの施設は、日本の快水浴場100選にも選ばれたことがある奥琵琶湖のほとりにある。目の前に美しい自然の風景が広がる絶好のロケーションが自慢だ。

本格的なグランピングを楽しむためのテントは5棟を設置。

それぞれ異なるインテリアが与えられた個性的なテントとなっており、最大7名まで宿泊可能な広々とした造りでゆったりとくつろげる。

ここでグランピングをするのなら、アクティビティも満喫しておきたい。奥琵琶湖 マーベラスグリーンでは、SUPやカヤックを楽しめるプランも用意されている。もちろん道具を持ち込む必要はなく、レンタルを行っているので手ぶらで来ても問題ない。

また、ホテルの敷地内に作られたグランピングサイトなため、本格的なホテルの食事をテントで楽しめる点も魅力。

食事が提供されないプランもあるので、シーンや目的に応じて選ぶと良いだろう。

奥琵琶湖 マーベラス グリーン

アクセス:湖西道路北小松ランプから国道161号線・湖周道路経由で28km(平常時35分)
引用: 奥琵琶湖 マーベラス グリーン 公式サイト

グランエレメント

滋賀県の米原市にある人気のアウトドアスポット「グリーンパーク山東」内にオープンした『グランエレメント』。

京都・大阪方面より名神高速道路米原ICから車でおよそ20分。岐阜・名古屋方面より名神高速関ケ原ICからおよそ20分の場所にある。位置的には、名古屋市の中心部と京都のちょうど中間の位置だ。

元々、豊かな緑に囲まれたキャンプ場として高い人気を誇っていたグリーンパーク山東。エリア内にはグランピングサイトのみならず、温浴施設や美術館など様々な施設を備えている。グランピングのための場所、というより総合型のレジャー施設なのだ。

グランエレメントに用意されているグランピングのためのテント・コテージは3種類10棟。たまねぎのような形をしたユニークな「ロータステント」を始めとして、天窓が付き開放感抜群の「ホワイトドーム」。別荘気分を味わえる「ウッドキャビン」を備えている。

全ての客室にはコテージが備わっており、ゆったりと間隔を開けて設置されている客室から、それぞれ自然に静寂を感じながら寛ぐことができる。運が良ければ、夏には蛍が飛び交う幻想的な光景を観ることができるかもしれない。

グランエレメント

アクセス:京都・大阪方面から名神高速道路米原I.C.より車で約15分
引用:グランエレメント 公式サイト

ビワコグラスター

滋賀県大津市にオープンしたグランピング施設が『ビワコグラスター』である。国道161号湖西道路志賀ICを降りておよそ5分の場所に位置しており、25名まで無料送迎可能なマイクロバスも運航。有料ではあるが、京都駅を出発するチャーターバスもある。

ビワコグラスターは手ぶらで気軽にグランピングを掲げており、価格もリーズナブルでコスパに優れたグランピングを満喫できる。

とはいえ、設置されているテントは「Campfire Hotels」がプロデュースを手がけたこだわりの逸品。

テントエリアから浜辺に掛けて宿泊用のテントが点在しており、2名定員の「森のテント」が最もベーシックなテントとなる。他にも、浜辺に設置されダブルベッドを2台備える「浜辺VIPテント」や、最大8名まで止まることが可能な「デカゴンテント」、冬季限定の「ジャグジー付きVIPテント」といったバリエーション豊かな設備を揃えた。

食事も充実しており、基本となるアメリカンカジュアルコースを始めとして、ジャパニーズカジュアルコースやオマール海老コースなど、ここでしか味わえない豪華なメニューを味わうことができる。

ビワコグラスター

アクセス:国道161号湖西道路志賀ICから車で約5分
引用:ビワコグラスター 公式サイト

* * *

関西エリアの中でも、注目を浴びているグランピング施設が多い滋賀県。

自分でテントを張って始めるアウトドアも良いが、野趣に溢れたロケーションの中でラグジュアリーさを感じられるグランピングは一味違う魅力に溢れている。

滋賀県で、グランピングの楽しさに触れてみてほしい。

【日本最大級】楽天トラベル





滋賀県のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. クルマで行きたい、旭川・富良野エリアの旅館
  2. 宿泊して観光したい世界自然遺産…クルマで行きたい、道東のホテル
  3. 美味な食材が豊富…クルマで行きたい、三重のグルメスポ…
  4. クルマで行きたい、四国のグランピングスポット
  5. クルマで行きたい、高知の民宿
  6. 東北エリアで温泉も楽しみたいならここ…クルマで行きた…
  7. クルマで行きたい、九州の旅館
  8. ついに始まったGoToイートキャンペーン 箱根の対象店舗ご紹介
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP