CAMP・GLAMPING

クルマで行きたい長野のグランピング

日本屈指の観光地・軽井沢やスキーリゾートとして冬は多くのスキーヤー・ボーダーが集まる白馬など、豊かな自然が自慢の長野県。県内には、自然を身近に感じられるようなグランピングスポットが数多く存在している。そこで今回は、長野県にある車で行きたいグランピングスポットを紹介する。

木崎湖POW WOW

長野自動車道安曇野ICより、車でおよそ50分。『木崎湖POW WOW』は、長野県の大町市木崎湖のほとりにある総合型のアウトドアスポットだ。1日30組限定のキャンプサイトや昔ながらの素朴なレンタルバンガロー、貸し切りのキャンプ場など、スタイルに合わせて森と山、そして目の前に広がる湖が生み出す自然の姿を満喫できる。

グランピングサイトに設置されているのは、地元のアーティストがデザインし、特徴的な形をした「ティピ」と呼ばれるインディアンテント。本来は移動式のテントなので、テント内で焚火も可能で、森に囲まれたティピサイトはプライベート感もひとしお。「太陽と大地」、「波と水」という2つのプランが用意されており、それぞれテントのデザインも異なる。ティピの周辺でバーベキューも楽しめるようになっており、追加でタープなども張れる。親しい仲間とグランピングを楽しむのにもぴったりだ。

木崎湖POW WOW

アクセス:長野自動車道安曇野ICより車でおよそ50分
引用: 木崎湖POW WOW 公式サイト

小黒川渓谷キャンプ場

長野県伊予市、小黒川のほとりにある『小黒川渓谷キャンプ場』もまた、広大な敷地を生かしたさまざまなサイトを擁するアウトドアスポットである。中央自動車道小黒川PAより、車でおよそ10分の場所に位置する。

小黒川のすぐ隣には6棟のキャビンが建ち、オートサイトを合計22設置。駐車場からも近く、利便性が高いテントサイトは3種類、2017年からはペット同伴が可能なペットサイトも設置している。

さらに、アクティビティとしてニジマスが放流されている釣り堀を設置。受付を行えば、つかみ取りも楽しめる。捕まえた魚は、場内の焼き場で下処理して美味しく頂こう。川魚の美味しさに驚くはずだ。

また、この小黒川渓谷キャンプ場では、レンタルのプランが充実していることもポイント。バーベキュー用品を一式レンタルできる「ラグジュアリーセット」や一味違う本格バーベキューを楽しめる「アメリカンBBQグリル」に加え、キャンプ用品一式を借りられる「キャンプセット」。

さらに、レンタル品を借りるだけでスタッフが設営と撤収まで行ってくれる「組み立て・撤収サポートサービス」などなど、手ぶらで来て手ぶらで帰るキャンプを文字通り行えるキャンプ場なのである。

小黒川渓谷キャンプ場

アクセス:中央自動車道小黒川PAより車でおよそ10分
引用:小黒川渓谷キャンプ場 公式サイト

森のグランピング フォレストドーム木曽駒高原

中央自動車道伊那ICより、車でおよそ50分。『森のグランピング フォレストドーム木曽駒高原』は、長野県の木曽郡木曽町にある「森のホテル」が運営する、全2サイトのみのプライベートなグランピングスポットだ。

特徴なのは、ポーランドより輸入された球形のドーム型テント。日本ではほとんど見かけることのない珍しいテントで、見た目以上に室内が広い。天井もおよそ3メートルほどあり、一般的なテントとは開放感が段違いである。

また、ホテルライクなキャンプとしてテント内には、完璧にメイクされたベッドやインテリア、家電などが到着時からすでに用意されている。現地に到着した瞬間から、優雅なグランピングが始まる。

食事は、森のホテル料理長自慢の信州牛を使った本格バーベキュー。地元の素材をふんだんに使ったバーベキューこそ、アウトドアの醍醐味だ。

ちなみに、2つのテントは同時に貸し切り可能。さらにプライベート感を高めた大人の隠れ家を演出したければ、そういった使い方も検討してもいいかもしれない。

森のグランピング フォレストドーム木曽駒高原

アクセス:中央自動車道伊那ICより車でおよそ50分
引用:森のグランピング フォレストドーム木曽駒高原 公式サイト

* * *

静かな湖畔のグランピング施設や、川のせせらぎを聞きながら美味しい川魚が頂けるキャンプ場。さらに、ホテルの敷地内で行うプライベートなグランピングなどなど、多くの魅力的なスポットが集まる長野県。車で長野県に足を伸ばして、思いっきりアウトドアを楽しもう。

【日本最大級】楽天トラベル





長野県のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. クルマで行きたい、岩手県の旅館
  2. 全国的に知名度のあるグルメからないものまで…クルマで…
  3. 広大な自然の地を堪能!クルマで行きたい北海道のホテル
  4. クルマで行きたい、大分の旅館
  5. 涼しくなってきた今こそ極めたい…キャンプに必須のモー…
  6. 都心から一歩離れて静寂を味わう…クルマで行きたい埼玉のグランピン…
  7. 九州の中でも南国感溢れるならではのグルメ…クルマで行…
  8. 独特なグルメの名店…クルマで行きたい、愛知のグルメス…

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP