CAMP・GLAMPING

クルマで行きたい高知のグランピング

四国の中でも、日本最後の清流と呼ばれる四万十川に代表される豊かな自然と、それらが生み出す美味しい食材が豊富な高知県。アウトドアスポットにも恵まれており、準備なしで至せり尽くせりのグランピングから、本格的なキャンパーも大満足のスポットが揃っている。今回は、そんな高知県にある車で行きたいグランピングスポットを紹介する。

スカイヒルグランピング 四万十の星空

高知自動車道四万十町中央ICより、車でおよそ10分。『スカイヒルグランピング 四万十の星空』は、2019年にオープンした比較的新しいアウトドアスポットだ。

ゴルフ場に隣接しているため、周囲を遮るものがなく開放感抜群。グランピング用テントを4張、雰囲気のあるトレーラーハウスを2台と8区画に分けられたオートキャンプサイトを設置している。

グランピングのためのテントはウッドデッキの上に常設されており、電源や無料で使用可能なwi-fiも完備している。バーベキュースペースは芝生で快適。銘柄米の仁井田米と一緒に食べる、四万十ポークや土佐あかうしといった地元の食材は絶品だ。

過ごしやすい季節には、ウッドデッキのハンモックでゆったり。バーベキューで満腹になって昼寝をするも良し、読書をして過ごすもよし。何もしない、というのもまた贅沢な時間の使い方なのだと思い出させてくれるだろう。

スカイヒルグランピング 四万十の星空

アクセス:高知自動車道四万十町中央ICより車でおよそ10分
引用:スカイヒルグランピング 四万十の星空 公式サイト

山みず木

高知自動車道黒潮拳ノ川ICより、車でおよそ1時間。日本最後の清流・四万十川が流れ込む太平洋の西岸、海抜およそ60メートルの高台にあるアウトドアスポットが『山みず木』である。

その立地の良さから、眺望も抜群。水平線から昇る朝日と沈む夕日を同じ場所から眺めることが可能だ。5万坪という広大な敷地の中に、温泉施設を始めカフェやギャラリー、キャンプ場といったさまざまな設備を擁している。

宿泊棟の他、12のグランピング棟と8つのキャンプサイト、オートキャンプサイトを4つ用意。気になるグランピングサイトは直径5メートルの広さを持つベルテントだ。内部には、各種インテリアや寝具、空調などが設置されている。

外で食事ができるよう、テントの外にはダイニングテーブルと日差しを防いでくれるタープも。多少の雨でも、濡れることなくアウトドアを満喫することができる。

また、夜間には明かりを最小限に抑える心配りが嬉しい。頭上に広がる一面の夜空を眺めつつ、好きなドリンクを傾けてみてはいかがだろうか。

山みず木

アクセス:高知自動車道黒潮拳ノ川ICより車でおよそ1時間
引用:山みず木 公式サイト

スノーピークおち仁淀川

高知自動車道大豊ICより、車でおよそ1時間。『スノーピークおち仁淀川』は、その名の通り新潟県の三条に本社を構えるアウトドアの総合メーカー・スノーピークが運営するアウトドアスポットだ。

アウトドアに精通するメーカーが作ったキャンプサイトは、快適で流石の一言。仁淀川に面したフィールドには快適な芝生が広がり、野鳥の声や植物の緑を身近に感じることができるような造りとなっている。

本格的なキャンパー向けのオートキャンプサイトや、話題のモバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」に宿泊するプランも用意されているが、手軽なアウトドアを楽しみたいなら「手ぶらでキャンププラン」がおすすめだ。キャンプ初心者や身軽なアウトドアを楽しみたい人向けに企画されたこのプラン。キャンプに必要な機材は全てレンタル可能で、文字通り身の回りの物を持ち込むだけでアウトドアを満喫できてしまう。

レンタルできるのは、全てスノーピーク製の一流キャンプギア揃い。オールインワンテントの「ランドロック」に始まり、焚火台セットとバーベキューグリル、キッチンツールに至るまで全て準備されている。

スノーピークおち仁淀川

アクセス:高知自動車道大豊ICより車でおよそ1時間
引用:スノーピークおち仁淀川 公式サイト

* * *

ゴルフ場に隣接した見晴らしの良いグランピングスポットや、岬の高台で四国の食材を堪能できるスポット。さらには、アウトドアギアメーカーが運営する整備の活き届いたサイトなど、魅力的なスポットが集まる高知県。車で高知県まで足を伸ばして、グランピングの非日常感を味わってほしい。

【日本最大級】楽天トラベル





高知県のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. ビーチリゾートのプライベート空間を満喫…クルマで行き…
  2. 秋冬キャンプは焚き火を楽しみたい… これさえあればO…
  3. 海と山2つの自然…クルマで行きたい、福井のホテル
  4. 都内からアクセスしやすい…クルマで行きたい、宇都宮の…
  5. 雪の質とコンディションが最高すぎる…クルマで行きたい…
  6. 車で行きたい、北海道の民宿
  7. 意外と施設数の少ない…クルマで行きたい、奈良のグラン…
  8. 冬にしか見ることのできない景色も楽しめる…クルマで行…

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP