GOURMET

県独自のグルメがたくさん…クルマで行きたい、熊本県のグルメスポット

九州の中心部に位置する熊本県。ご当地ゆるキャラのくまモンは大人気で、国の重要文化財にも指定されている熊本城や緑豊かな阿蘇など、人気の観光スポットも多い。そんな熊本県には、味わっておきたいグルメも充実。その道の名店も多い。そこで今回は、車で行きたい熊本のグルメスポットを紹介する。

天國

熊本のグルメでやはり外せないのが“馬刺し”である。今から遡ることおよそ400年。肥後藩初代藩主であった加藤清正は朝鮮出兵の折り、現地で兵糧が底をついてしまった。そのため、やむを得ず伴っていた軍馬を調理し、食べたことが発祥といわれている。

『天國』は、熊本市の二本木商店街の一角に昭和55年に創業した、老舗の馬料理専門店だ。九州縦貫自動車道熊本インターで高速を降り、国道57号線を下ろう。熊本駅/田崎市場の表示がある世良交差点が見えたら、目的地はすぐそこだ。インターからは、およそ25分の距離となっている。

天國では、ランチ/ディナー問わず極上の馬料理を堪能でき、中でもやはり馬刺しが絶品。馬の肉とは思えないほどきめ細かいサシの入った霜降りや、アバラ、ハツ、タテガミなど馬のあらゆる部位を余すことなく味わえる。

もちろん、馬刺し以外にも馬肉のステーキや馬肉を使ったしゃぶしゃぶなど、他では食べられない豊富な馬料理が充実。牛とも豚とも鶏とも違う、淡白で繊細な甘みを持った馬肉を是非味わってみてほしい。

天國

アクセス:九州縦貫自動車道熊本インターから約25分
引用:天國 公式サイト

炭焼地鶏の店 らくだ山

昭和53年に創業した『炭焼地鶏の店 らくだ山』は、熊本県の阿蘇郡高森町で地鶏の炭火を心行くまで堪能できる店だ。らくだの「こぶ」のような形をしていた店舗の裏山から取って命名された屋号もユニークである。

アクセスは、熊本インターより立野を経由しておよそ1時間。熊本市中心部からだと1時間半という立地だ。

お酒を地鶏をこよなく愛していたという現・当主の祖父が開いたというこのらくだ山では開業以来継ぎ足し続けてきた秘伝のタレに、厳選した地鶏を漬け込んだものを自分で焼いて頂くスタイル。

山小屋を彷彿とさせる情緒豊かな店内で、囲炉裏を囲み頂くアツアツジューシーな地鶏は、この上ない贅沢といえよう。ちなみに、調度品として壁には大きなノコギリが飾ってあるが、これは製材所を営んでいたという初代店主が実際に使用していたものだという。

焼き鳥・あわ飯・味噌汁・地鶏の卵・野菜・漬物がセットになった定食はボリュームも満点。地鶏の卵は卵かけご飯にしても絶品だが、添えられるキャベツを網に乗せ、その上に落として目玉焼きのようにして食べるのもおすすめだ。

炭焼地鶏の店 らくだ山

アクセス:熊本インターから約1時間
引用:炭焼地鶏の店 らくだ山 公式サイト

おちかラーメン

熊本のグルメスポットを紹介する以上、豚骨ラーメンは外せないカテゴリーであるのだが、“普通の”熊本ラーメンに飽きた人にこそ味わって欲しいのが熊本県上益城郡山都町の『おちかラーメン』である。

山都町島西インターを降りて、車でおよそ20分。矢部町商店街の中に、その店舗はひっそりと佇んでいる。昔ながらの内装の店内には、調理風景が見えるカウンターとテーブル、座敷を備えている。人柄の温かい店主とおかみさんが作るラーメンは、ニンニクのパンチが効いた熊本ラーメンの基本をしっかりと抑えつつ、スープを飲み干した後、余韻のように残るコクが段違い。歯切れ良い中太麺は湯で加減も絶妙で、ストレート麺ながら濃褐色のスープをたっぷり持ち上げてくれる。トッピングとしていられている刻まれたしっかり煮の煮卵も珍しい。

通常の「ラーメン」以外にも、スタミナたっぷりの「ニンニクラーメン」や「超大盛ラーメン」といった大盛メニューも存在する。お店を訪れる際は、しっかりお腹を空かせておこう。

おちかラーメン

アクセス:山都町島西インターから車で約20分
引用:おちかラーメン 公式サイト

アージェ ひげの店

熊本県最南部に位置し、鶴の飛来地として有名な鹿児島県出水市と隣接する水俣市。そんな水俣市を流れる水俣川と湯出川の合流点にそびえる中尾山の中腹で、本格的なフレンチを提供しているのが『アージェ ひげのみせ』である。

九州縦貫道水俣出口より車でおよそ10分の場所に立地し、店舗までは山道を昇ることになる。中尾山自然公園へ向かう途中、たっぷりとひげを蓄えた人物が描かれた特徴的な看板が目印だ。

ひげの店がオープンしたのは昭和58年。現在の場所に場所を移したしたのは、平成4年7月のこと。

先代・米田眞也氏よりシェフの座を受け継いで、現在包丁を振るうのは2代目・米田武史氏だ。高校卒業後、山梨と箱根のホテルで腕を磨いて渡仏。作曲家・ブルックナーが定宿としたことでも知られているウィーンのホテルドフランスと、パリのラトリエ ドゥジョエル ロブションで修行を積むという料理人としては一流の経歴を持つ。

しかしながら、「こだわり過ぎないのがウチの料理」だと米田シェフは語る。そんな彼が生み出す料理は、本格的であるが気取らない。フランス料理だからといって、肩ひじ張らずに本場の味を楽しむことができるのだ。

ランチタイムには日替わりメニューに加え、人気の「カレーランチ」と「パスタランチ」を楽しもう。店内からは、備え付けのテラスからも水俣湾を一望できる絶好のロケーションで、平日/休日問わず多くのファンが詰めかける。ディナーコースも4000円~と、リーズナブルな価格設定なのも嬉しい。熊本で、“本物”を味わうならひげの店だ。

アージェ ひげの店

アクセス:九州縦貫道水俣出口より車で約10分
引用:アージェ ひげの店 公式サイト

* * *

馬刺しの名店や熊本ラーメンなど、魅力的なグルメ満載の熊本県。

今回紹介した店舗は、いわゆるガイドブックがこぞって書き立てるようなありきたりな店ではない。知っているけど、美味しすぎて本当は教えたくない本物の名店をとりあげた。熊本を訪れた際は、是非味わってみてほしい。

【日本最大級】楽天トラベル





熊本県のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. 方言に観光に楽しいがたくさん…クルマで行きたい、関西…
  2. 人気のスポーツウィンター地…クルマで行きたい、鳥取の…
  3. ディズニーリゾートに行くなら日帰りより泊まりがいい……
  4. 一度は行きたい日本の中心部…クルマで行きたい、関東の…
  5. グルメを堪能したい…クルマで行きたい、仙台のホテル
  6. 別荘地ならではの食…クルマで行きたい、軽井沢のグルメ…
  7. 西の京とも称される美しい町並み…クルマで行きたい、山…
  8. 世界的にも有名な観光スポットとグルメ…クルマで行きた…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP