SKI RESORT

プライベートゲレンデまで…?! クルマで行きたい、函館エリアのスキー場

北海道内、他のエリアに比べるとスキー場の数は少ない函館エリア。しかし、函館市内よりアクセスが良いゲレンデやホテルを併設するプライベートゲレンデなど、道民にも旅行者にも嬉しいスキー場が揃っている。

今回は、函館エリアの車で行きたいスキー場を紹介する。

函館七飯スノーパーク

『函館七飯スノーパーク』までは、函館より車でおよそ50分。最長滑走距離4,000メートルを誇るロングライディングが楽しめるゲレンデには、合わせて8つのコースを備えている。6人乗りの3,319メートルに渡るゴンドラはおよそ15分ほどで標高960メートルに到達。長さだけなら、日本でも最長クラスだ。

圧雪車によるコースの整備は元より、地形を活かしたコースアレンジと北海道のスキー場ならではのパウダースノーが味わえる。

人気の高い中級者向けの「チャレンジコース」の横には白樺が立ち並び、眼前には純白の雪化粧を施した駒ケ岳が見える。山麓には大小の沼も広がる、絶好のロケーションである。このコースの最大斜度は26度。初級者にはかなりの難コースであるため無理は禁物だ。

高速リフトに乗り込んで向かうゴンドラ山頂駅から更に昇ったゲレンデの頂上部では、美しい樹氷も。極寒の自然が生み出す美しい風景は、一度は見ておきたい。

また、なだらかな斜面を滑り降りながら羊蹄山や昭和新山、室蘭市街地まで見渡せる「からまつコース」も眺望に恵まれたコースだ。樹氷の間を抜けながら、目の前に迫る駒ケ岳は迫力も抜群である。

気になるゲレ飯は、本格的な中華の定食を味わえる第1ペアリフト付近の「レストラン駒」と、ゴンドラ乗り場の向かいにあるラーメン、カレー、うどんといった軽食を提供する「山麓Cafe」。さらに、山頂の「PEAK CAFE」では、絶景を見ながら食事ができる。

函館七飯スノーパーク

アクセス:函館市内から車で約50分、大沼公園I.Cからは約15分
引用: 函館七飯スノーパーク 公式サイト

グリーンピア大沼スキー場

札幌方面から車で『グリーンピア大沼スキー場』までは、札幌北ICで道央自動車道に乗り、大沼公園ICから一般道へ。道道149号線を経由して843号線を走る、総行程約3時間ほどの道のりとなる。駐車場は、隣接するホテルに600台分が用意されている。

プライベートゲレンデであるこのスキー場には、誰でも楽しめる多彩な6コースが。加えて、キッズも安心して遊べるソリゲレンデとキッズゲレンデも設置。

コース内容は、初級者から中級者向けが多いものの、かと思えばゲレンデの上部には上級者コースを越えた、「超上級者コース」に指定された難コースや最大傾斜30度を誇る「スカイウェイコース」などのハードコースも用意されており、どんなレベルのスキーヤー・ボーダーであっても満足できるだろう。

また、このスキー場はゲレンデの頂上付近から見渡すパノラマビューも自慢だ。ゲレンデトップからは、駒ヶ岳を始めとして内浦湾や羊蹄山までを一度に見通せる。絶好のロケーションでの滑走は、爽快感と開放感に満ち溢れ、冬一番の思い出となってくれるはずだ。

グリーンピア大沼スキー場

アクセス:国道5号線を札幌方面へ30km
引用:グリーンピア大沼スキー場 公式サイト

ニヤマ高原スキー場

函館市街地にほど近く、およそ20キロ程度の距離にある『ニヤマ高原スキー場』。最寄り駅の仁山駅からも300メートルほどしか離れておらず、アクセスは抜群のゲレンデである。

函館市民や周辺住民に愛されるローカルなスキー場であるが、本州だと中規模程度のスキー場に相当する規模だ。

コースは基本的に未圧雪となっており、パウダーやコブなどその日のコンディションによって路面が表情を変える。最大傾斜36度の上級者用「ダイナミックコース」や「パノラマコース」といった上級者でも満足度の高いコースを揃えつつも、広大なコース幅を持つ「ファミリーゲレンデ」や滑走距離1,000メートルの緩やかな傾斜「からまつゲレンデ」も整備しているため、初心者でも安心して滑ることが可能なコースも用意されている。

ニヤマ高原スキー場は、とにかく手軽なスキーを北海道で楽しみたい!という方にこそ、おすすめのスキー場である。

ニヤマ高原スキー場

アクセス:最寄り駅の仁山駅からも300メートル
引用:ニヤマ高原スキー場 公式サイト

* * *

ロングコースも楽しめる函館七飯スノーパーク、子供たちも安心して遊べるグリーンピア大沼スキー場、多彩なコースと急斜面でベテランも大満足のニヤマ高原スキー場。

魅力的なゲレンデが揃った函館エリアには、他のエリアとはまた違った魅力に溢れている。観光スポットも多い函館で、楽しいスキー旅行を堪能してほしい。

【日本最大級】楽天トラベル





函館エリアのレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. 瀬戸内の海産物も食べたい…クルマで行きたい、愛媛のス…
  2. あまり知られていないかも…クルマで行きたい、埼玉のグ…
  3. 九州の中でも南国感溢れるならではのグルメ…クルマで行…
  4. クルマで行きたい軽井沢のグランピングスポット
  5. クルマで行きたい岡山のグランピング
  6. クルマで行きたい、松本の旅館
  7. クルマで行きたい、京都の旅館
  8. 西洋文化と混ざり合う食文化…クルマで行きたい、横浜の…

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP