CAMP・GLAMPING

古都で季節の移ろいを感じよう……クルマで行きたい京都のグランピングスポット

レジャー愛好家の間で話題となり、年々人一般的なキャンプとは違い、手軽でフォトジェニックなアウトドアを楽しめるグランピングが近年盛り上がりを見せている。多くの観光スポットがある京都にも、魅力に溢れるグランピングスポットが存在する。今回は、車で行きたい京都のグランピングスポットを紹介する。

グランドーム京都天橋立

『GLAMP DOME 京都天橋立』は、関西発となるドームタイプのグランピングサイトだ。与謝天橋立ICを降りて、車でおよそ20分。シエナヒルズないのマリントピア・ザ・スイートの管理棟にて受付を済ませ、目的地へ向かおう。京都縦貫道が2014年に開通したことにより、更にアクセスが良くなった天橋立は、京都が誇る観光名所である。グランピングを始める前に、ちょっとだけ立ち寄っても良いかもしれない。

合計12のドーム型テントは、見た目のキュートさもさることながら、その頑丈さも折り紙付き。

「スタンダード」「フォレストビュー」「トリプルベーステント」の3種類を備えており、宿泊する人数や用途によって好きなタイプをチョイスすることが可能だ。

また、テントの外側にはテラスを完備。思い思いのスタイルでバーベキューを楽しめる。

過ごしやすい季節のグランピングも良いが、ここでは寒い季節のグランピングもおすすめだ。

10月1日より期間限定で個別のバーベキューエリアに薪ストーブが設置される。

この薪ストーブを使って、自ら料理を行うプランは非常に魅力的だ。パチパチと弾ける薪の音と、揺らめく炎に癒されながら、日本海で水揚げされた海鮮や新鮮野菜を香ばしく調理しよう。

グランドーム京都天橋立

アクセス:与謝天橋立ICを降りて、車でおよそ20分
引用:グランドーム京都天橋立 公式サイト

阪神高速池田木部IC第2出口を降りて綾部・福知山方面へ。国道173号線を走って山辺付近を迂回路にはらがたわトンネルに向かおう。府道731号線より54号線からるり渓温泉までの総行程50分の道のりの先に『GRAX HANARE るり渓』はある。

コテージタイプのグランピング施設を備えており、10棟あるコテージは外観もオシャレな2階建てだ。その姿は、ちょっと洒落た住宅メーカーの展示場に見えなくもない。モダンな雰囲気を持つインテリアで統一されたコテージには、リビングに加えダイニングとキッチンも完備。各フロアに別々のベッドルームが用意されている。

宿泊客専用のテラスにはガスバーベキューグリルも。さらに、このテラスにはグランピングテントが一張設置されており、過ごしやすい気候ならコテージ内の寝室をあえて使わないという選択肢もある。

コテージには、ワンランク上のスウィートに当たる「グランピング ヴァケーションヴィラ・ツキヨテラス」が存在しており、通常のコテージに比べて広い敷地面積とアクアガーデン、ハンモックといった他にはない設備も用意されている。

グラックス ハナレ るり渓

アクセス:(京都縦貫道)千代川ICから車で約40分
引用:グラックス ハナレ るり渓 公式インスタグラム

グランピングヴィレッジ ハジメ(GLAMPING VILLEGE HAJIME)

日本最大級のグランピングサイトを備える『GLAMPING VILLEGE HAJIME』は、今年の7月末にオープンしたばかりの新しい施設である。

京都縦貫道与謝天橋立ICを降りて、車でおよそ20分。大阪・和歌山方面からなら中国道を経由して、舞鶴自動車道を使うのが便利だ。

総敷地面積1500平方メートルを誇る広大な土地の中に、テントは15棟。高台から見下ろすように設置された「スカイドーム」、キャンプファイヤーと専用の庭を備える「プライベートガーデンドーム」を始め、日本初導入となる繭型のテント「コクーン」や野性味あふれるラグジュアリーなインテリアコーディネイトがなされた「オリジナルサファリテント」という4種類のテントとなる。

施設内には小さな子供も楽しめるアクティビティパークや、オトナがゆっくりくつろげるセルフバー付きのスカイテラスも。

全国的に見ても珍しい「金温泉」と「銀温泉」には塩分と鉄分が豊富に含まれており、露天を貸切ることでプライベートな癒しの時間を作ることができる。

グランピングヴィレッジ ハジメ(GLAMPING VILLEGE HAJIME)

アクセス:京都縦貫道与謝天橋立ICを降りて、車で約20分
引用:グランピングヴィレッジ ハジメ(GLAMPING VILLEGE HAJIME) 公式サイト

* * *

関西圏でも、グランピングのための施設が続々とオープンをしている。京都もその一つであり、京都の魅力を堪能できるスポットは多い。

愛車と共に、京都のグランピングサイトに出かけてみよう。

【日本最大級】楽天トラベル





京都のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!

関連記事

  1. ついに始まったGoToイートキャンペーン 関東対象店舗のご紹介
  2. クルマで行きたい福井のグランピング
  3. クルマで行きたい、鳥取の旅館
  4. クルマで行きたい、奈良の旅館
  5. 観光スポットが目白押し…クルマで行きたい、水戸のホテ…
  6. いろんなタイプのゲレンデが楽しめる…クルマで行きたい…
  7. 西の京とも称される美しい町並み…クルマで行きたい、山…
  8. 観光地もご当地グルメも古来より親しまれてきた伝統的なものばかり&…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP