CAMP・GLAMPING

好立地なスポットが続々登場…GoToトラベルキャンペーン中!クルマで行きたい大阪のグランピングスポット

都市近郊で、個性的なグランピング施設が多い大阪。アウトドア!と肩ひじ張らずに、ふらりと出かけられる気軽さは、他県のサイトには見られない特徴だ。

今回は、クルマで行きたい大阪のグランピングサイトを紹介する。

グランキャンピング パームガーデン舞洲 by WBF

『グランキャンピング パームガーデン舞洲 by WBF』は、大阪の大人気テーマパーク・ユニバーサルスタジオジャパンの目と鼻の先にある。

国道43号線を使って梅香交差点を西に進み、此花大橋を渡ればグランピングサイトは目の前だ。駐車場は64台分を備える。普通車は24時間で最大1200円であるが、大型車は1日2000円と料金に違いがある点に注意だ。

大阪初のグランピングとなるここでは、海に浮かぶアメリカのマイアミをモチーフとしたベイエリアで、手軽にアウトドア体験が出来る。

海に囲まれたロケーションはもちろん、日本の夕日100選にも選ばれている夕暮れの光景はビルに囲まれた都会では決して見ることはできない。水平線に沈む夕日を眺めながら、贅沢な食材を使ったバーベキューを堪能しよう。

トレーラーハウスとエアストリームと呼ばれるヴィンテージのキャンピングカーに宿泊するスタイルで、古き良きアメリカの空気を感じつつくつろげる。

また、敷地内には子供のための「Kid’s Park」やセグウェイに乗れるレーンも。日帰りでもバーベキューが楽しめるエリアの隣には、「BAR PALM TREE」がある。落ち着いた雰囲気のなかアルコールを嗜もう。

グランキャンピング パームガーデン舞洲 by WBF

アクセス:梅香交差点を西に直進、此花大橋を渡る
引用:グランキャンピング パームガーデン舞洲 by WBF 公式サイト

大阪市内より車で35分。関西空港からでもおよそ20分と、アクセスの良い『ユニティキックス ビーチリゾート 二色の浜 大阪』。無料駐車場は3台分を準備しているが、付近に公共の駐車場が充分揃っているので、そちらを利用するのもおすすめだ。

2019年にオープンしたこの施設は、2020年より宿泊もスタートさせた。グランピング会場として貸切ることも可能なキャンプ場の他、宿泊可能なティピテントとコテージ、並びにキャンピングカーを備える。最大で、大人が12名程度寝泊まりすることができる広さを誇っている。

また、南海エリアでは焚火やバーベキューを、海の目の前で楽しめる。テントの設営もOKで、共有のキッチンを併設したハンバーガーレストランが建っている他、天然温泉の「虹の湯」も徒歩圏内だ。24時間営業のスーパー「TRAIL」も同じく徒歩圏内なので、バーベキューやアクティビティのための買い出しには困らないだろう。このグランピングサイトは、ビーチリゾートであり都会のオアシスという言葉がピッタリだ。

ユニティキックス ビーチリゾート 二色の浜 大阪

アクセス:大阪市内より車で約35分
引用:ユニティキックス ビーチリゾート 二色の浜 大阪 公式サイト

スノーピーク 大阪りんくう

グランピングは、何も大自然の中で愉しむものではない。それを実現したのが『スノーピーク 大阪りんくう』である。

りんくうプレミアムアウトレット内、シーサイドパークに隣り合うようにオープンしたスノーピーク 大阪りんくうは、その名の通り、人気アウトドアグッズブランドであるスノーピークによるプロデュースだ。

テントでもない、コテージでもない全部で5棟設置されたモバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」に宿泊するという独特のスタイルで、眼前には大阪湾と関西空港が広がっている。どこまでも広がる海と、飛行場から飛び立つ旅客機はなんとも絵になるローケーションだ。

もちろん、エアコンや冷蔵庫といった設備を備えているので、アウトドア初心者にも優しい造りとなっている。

モバイルハウスそれぞれで独立したテラスでバーベキューを愉しんでもいいが、レストラン「スノーパーク イーツ」で提供されるフルコースも人気の秘密。朝食には、ホットサンドを作ることができるホットサンドクッカーとバーナーが用意されている。

スノーピーク 大阪りんくうまでは、阪神高速湾岸線泉佐野IC南出口より車でおよそ2キロで到着する。アウトレット内でレジャー体験という新しいコンセプトは、一般的なグランピングサイトにはない魅力が詰まっている。

スノーピーク 大阪りんくう

アクセス: 阪神高速道路湾岸線泉佐野IC南出口より約2km
引用:スノーピーク 大阪りんくう 公式サイト

* * *

大阪のグランピングサイトは、アクセスが良いスポットが多い。車で行きやすいこともまた、その施設の大きな魅力だといえるだろう。

気の置けない仲間たちと、大阪で気軽にグランピングを愉しもう。

【日本最大級】楽天トラベル





大阪のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!

関連記事

  1. クルマで行きたい長崎のグランピングスポット
  2. クルマで行きたい、茨城県の旅館
  3. クルマで行きたい、鳥取の旅館
  4. クルマで行きたい、岐阜の旅館
  5. 自然あふれる観光地…クルマで行きたい、徳島のホテル
  6. クルマで行きたい、四国のグルメスポット
  7. クルマで行きたい、下関の旅館
  8. 観光地がたくさん…クルマで行きたい、栃木のグルメスポ…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP