GOURMET

ついついヨダレが出てしまう…クルマで行きたい、千葉のグルメスポット

関東エリアの中でも、太平洋と東京湾に囲まれた地理のため漁行が盛んな千葉県。豊富な海産物が水揚げされる一方、落花生やメロンの栽培でも有名だ。

今回は、そんな千葉県にある、車で行きたいグルメスポットを紹介する。

江ざわ

千葉県が誇るご当地麺料理といえば、勝浦タンタンメンが挙げられる。この麺料理は漁業盛んな勝浦で、仕事の後に冷えた体を温めるために考案されたという。

オーソドックスなスタイルは、醤油ベースのスープと中華麺を組み合わせたもの。ここに、ラー油で炒めた刻み玉ねぎやひき肉が乗っている。一般的なタンタンメンとの大きな違いは、胡麻や芝麻醤を使用しないという点だ。ちなみにこの勝浦タンタンメンだが、商標に登録されているため、勝手に勝浦タンタンメンと銘打って売り出すことはできない。まさに、千葉県でしか食べることのできない幻の逸品だ。

この勝浦タンタンメンを生み出したのが、元祖である『江ざわ』なのだ。東京湾アクアライン連絡道市原鶴舞ICより、車でおよそ30分。昭和29年に創業したこの店の当時の店主が、手に入らなかった芝麻醤を使わずにオリジナルでタンタンメンを再現。漁師や海女の間で人気を博し、勝浦タンタンメンとして定着したのである。

江ざわでは、基本の辛さとなる「担々麺」を始めとして、辛さが段階的に上がっていく「中辛」や「大辛」。具材の挽肉の量を増やした「上担々麺」といったメニューが楽しめる。

真っ赤なスープはルビー色。1口すすると、ラー油と唐辛子の辛みが駆け抜けるようだ。しかしながら、ちゃんとスープ自体の旨味やコクもしっかり感じることができる。麺の食べ方には要注意が必要だ。すすらずに、一口ずつ箸を使って口の中に入れていこう。これで、むせてしまうことを防ぐ。

50年以上に渡って愛され続ける勝浦タンタンメンは、身の程をわきまえた辛さで楽しもう。

江ざわ

アクセス:東京湾アクアライン連絡道市原鶴舞ICより、車でおよそ30分
引用: 江ざわ 公式サイト

いそね

はかりめ、と聞いてピンとくる人は千葉県民以外には少ないだろう。はかりめとは、穴子のこと。千葉県富津市で名物とされている穴子は、背中の模様が天秤の目盛りに似ていることから、地元では“はかりめ”と呼ばれているのである。

名物・はかりめを使った絶品料理の一つが寿司ではなく「はかりめ丼」である。上品に、香ばしく、柔らかく煮た穴子をご飯に乗せていただくはかりめ丼は、千葉県を訪れた際には絶対食べておきたい料理の一つなのだ。

そんなはかりめ丼を味わうなら『いそね』を訪れよう。館山自動車道富津中央ICより、車でおよそ10分。創業43年を数えるいそねでは、1日30食限定の「はかりめ丼」セットの他、一番人気である「はかりめ2色丼」を提供している。1日10食限定というこちらのセットは、ベーシックなはかりめ丼に加えて、天然塩とレモンで味付けした白いはかりめを乗せた穴子のさわやか丼を楽しめる。

新型コロナウイルスの影響で、一時は窮地に立たされたいそねだが、クラウドファウンディングによって再建。飲食店にとっては苦しい状況が続く中、営業を続けている不屈のお店でもある。ここでしか味わえない、はかりめ2色丼を是非とも味わって欲しい。

いそね

アクセス:館山自動車道富津中央ICより車で約10分
引用:いそね 公式サイト

道の駅とみうら 枇杷倶楽部

びわソフト

千葉県では落花生を始めとする農作物も名産であるが、実は枇杷(ビワ)も名産品の一つ。特に、房総半島で栽培されている枇杷は1751年から栽培が始められていた記録が残っているほどなのだ。現在では、房州びわとしてブランド化されており、一般的な枇杷と比べてジューシーかつ粒が大きいことが特徴とされる。

さらに、この房州びわは1909年6月より皇室への献上品にもなっている。現在でも献上は続けられており、2014年には献上100回目を数えた。歴史と共に、格式も高い枇杷が房州びわなのである。

そんな枇杷を使ったメニューを楽しむなら、都内より車でおよそ1時間半。千葉県南房総市富浦町にある、道の駅とみうら内『枇杷倶楽部』だ。

ここでは、房州びわをつかったオリジナルの「びわソフト」や南房総のご当地カレーである「びわカレー」といった珍しいメニューが楽しめる。併設するカフェ内では、「完熟びわゼリー」や「びわシャーベット」も。

道の駅内にあるということで、立ち寄り安さも魅力の枇杷倶楽部。店内ではオリジナルの枇杷グッズも販売しているので、お土産にももってこいだ。

道の駅とみうら 枇杷倶楽部

アクセス:富浦IC出口右折、そのまま車で約5分
引用:道の駅とみうら 枇杷倶楽部 公式サイト

* * *

漁師たちに愛された勝浦タンタンメンを始めとして、穴子のどんぶり・はかりめ丼、甘くてジューシーな枇杷など、多くのご当地グルメに溢れる千葉県。だがしかし、今回紹介しきれなかった郷土料理やいわゆるB級グルメは他にも存在している。

車で千葉県を訪れた際は、是非とも千葉ならではのグルメを堪能してほしい。

【日本最大級】楽天トラベル





千葉県のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. 冬だからこそのワクワクがいっぱい…クルマで行きたい、…
  2. クルマで行きたい福井のグランピング
  3. クルマで行きたい、甲府のグルメスポット
  4. クルマで行きたい、沖縄のグランピングスポット
  5. クルマで行きたい、軽井沢の旅館
  6. スノーリゾートな地…クルマで行きたい、岩手県のスキー…
  7. 箱根で温泉もお酒も楽しみたい… GoToイート対象店…
  8. 琵琶湖を眺めながらの贅沢グランピング…クルマで行きた…

おすすめ記事

Category



PAGE TOP