HOTEL

クルマで行きたい、静岡の旅館

北海道に次ぐ広大な土地面積を誇る岩手県は、東北地方の太平洋側に位置している。その立地から、山海の幸が豊富で食材の宝庫とも呼ばれている。郷土料理やご当地グルメも多く、麺類の聖地であることも見逃せない。今回は、そんな岩手県にある車で行きたいグルメスポットを紹介する。

お宿 うち山

神奈川県の小田原市早川にある西湘バイパス支線の終点、石橋ICより車でおよそ2時間。『お宿うち山』は、伊豆高原にそびえる大室山の麓に建つ宿だ。外観は離れの二階建て。ゲストが「帰ってきた」と思えるような場所を目指している。

全室に専用の露天風呂が付いた3タイプだ。中でも「花タイプ」は、ゆったりと羽を伸ばして日頃の疲れを忘れさせてくれるゆとりある客室。10畳の和室に風情ある囲炉裏の間、ユニークなそら豆型の内湯に続く。2階の寝室からは、露天風呂とその奥に見える広大な伊豆の眺めが人気の部屋だ。

また、「雪タイプ」だけが内湯・露天共に2階に設置された客室となっている。相模湾の景色を愉しみつつ、2つの湯で部屋にいながら温泉三昧。海に浮かぶ伊豆七島がなんとも絵になる居籠りの空間である。

提供する料理は、お宿うち山流懐石料理。地元で水揚げされる伊勢海老や金目鯛といった海の幸を始め、旬の食材や厳選した肉を贅沢に用いる。盛り付ける器も自慢の逸品で、この宿ならではの目にも楽しい味覚を個室の食事処でゆっくりと味わおう。

さらに、夕食だけでなく朝食も特別だ。この朝食を目当てに何度も足を運ぶリピーターも多いのだとか。名物である「鮑のあんかけ」とふっくら炊きあがった土鍋ご飯の組み合わせは至高という他ない。宿の真骨頂は料理にあり、それを再確認させてくれるのがうち山という宿だ。

お宿 うち山

アクセス:石橋ICより車でおよそ2時間
引用: お宿 うち山 公式サイト

山水館欣龍

東名高速道浜松西ICより、車でおよそ20分。もしくは、舘山寺スマートICより5分の場所にある『山水館欣龍』は、日本を代表する歌人・与謝野晶子も愛した名旅館だ。

浜名湖に面した立地を生かし、客室は全室が浜名湖を見渡すレイクビュー。眼前に広がる穏やかな湖面と、年間を通して移ろう大草山の自然が織り成す季節を眺めることができる。

宿泊棟は8階建てとなっており、最上階の2部屋は山水館欣龍が誇るスイートルームだ。「昴」は、10畳の和室にツインベッドルームを備えた特別和洋室。洋室には4名がテーブルを囲んで団らんができる応接セットも用意されている。

一方、「北斗」は趣深い総檜造りの純和室だ。珍しい茶室付きの部屋となっており、ゆったりとした和の雰囲気を満喫できる。香り高い檜が、日頃の疲れを解きほぐしてくれるだろう。

また、大浴場は総檜造りの広々とした湯船と、豊富な湯量が自慢。さらに、露天風呂では眼前の浜名湖の内浦と、大草山の景色が広がる開放感あふれる。少しずつ温度が異なる、岩風呂と信楽焼2つの湯殿を設置。時間帯や季節に応じて移ろう景色を愉しもう。

山水館欣龍

アクセス:舘山寺スマートICより5分
引用:山水館欣龍 公式サイト

伊豆高原温泉 花生の郷

東名高速道路厚木ICを降り、小田原厚木道路から国道135号線を経由。下田方面へ走ることおよそ1時間半。『伊豆高原温泉 花生の郷』は、自然豊かな東伊豆にひっそりと佇む大人の隠れ宿だ。

客室は、驚きのわずか2室。国内でも屈指のこぢんまりとした宿である。のどかな山々の風景と田園が広がり、小鳥のさえずりがBGMだ。「鳥」は、ゆったりと落ちついた雰囲気が魅力の部屋。10畳の和室と寝室、広々としたウッドテラスから望む懐かしい光景は、故郷に帰省した時のような安心感がある。

一方で「花」は、明るく柔らかな色合いが癒しの空間を演出している部屋だ。どちらの部屋にも、24時間入浴可能な専用の露天風呂が設置されているので、のんびりとした時間を満喫しよう。

また、料理は地元の食材をふんだんに使った花生の郷ならではの料理が並ぶ。地物を中心とした新鮮な刺身や焼き物。高級食材である金目鯛を贅沢に頂くしゃぶしゃぶや煮付けは絶品だ。季節限定のプランでは、ふぐ刺しも用意される。閑静な宿で、こだわりの料理に舌鼓をうとう。

伊豆高原温泉 花生の郷

アクセス:東名高速道路厚木ICを降りおよそ1時間半
引用:伊豆高原温泉 花生の郷 公式サイト

* * *

伊豆高原の麓で独自の美食を味あわせてくれる旅館を始めとして、歌人・与謝野晶子も愛した名旅館など、一度は泊まってみたい憧れの旅館が集まる静岡県。静岡観光の際は、憧れの宿でゆったりとした休日を過ごしてほしい。

【日本最大級】楽天トラベル





静岡県のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. クルマで行きたい富山のグランピング
  2. クルマで行きたい、富山の旅館
  3. 都心から一歩離れて静寂を味わう…クルマで行きたい埼玉のグランピン…
  4. 至福のひと時を過ごす…クルマで行きたい箱根のホテル
  5. クルマで行きたい、福井の旅館
  6. クルマで行きたい、愛媛の旅館
  7. 冬には冬の楽しみが… 冬キャンプの必須アイテム
  8. 歴史ある温泉地のグルメ…クルマで行きたい、松本のグル…

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP