CAMP・GLAMPING

広大な土地を満喫できる…クルマで行きたい、岩手県のグランピング施設

東北地方の沿岸に位置しており、広大な土地面積を生かした広いアウトドアスポットが多い岩手県。都会の喧騒から遠く離れた緑豊かな場所で、ゆったりとグランピングを楽しむことができる。

今回は、岩手県にある車で行きたいグランピングスポットを紹介する。

安比の森 グランピングBBQ

北東北のほぼ中央、北緯40度に広がる安比高原リゾート内に置かれたグランピングサイトが『安比の森 グランピングBBQ』である。

東京方面より、仙台宮城ICを経由して東北自動車道へ。松尾八幡平ICから県道45号線を走って安比高原を目指そう。逆に東北方面、青森ICからだと東北自動車道安代ICから松尾八幡平ICを経由し、県道282号線を走って目的地に。冬のグランピングをする場合、スノータイヤやチェーンと言った備えを必ずしておくようにしよう。

このグランピングサイトは、岩手県の八幡平市の安比高原に立地するホテル安比グランドが提供しているグランピングプランだ。

高原リゾートならではの自然に周囲を囲まれ、多くのアクティビティも用意されている。火の起こし方やリラックス用のハンモックの結び方といった、都会では触れる機会が少ないネイチャーな遊び方をスタッフからサポートしてもらうことも可能。

また、ランチステイやディナーステイといったショートステイでの利用も可能で、自分たちでバーベキューの用意をすることなく、シェフの手による本格的なアウトドアグルメを堪能できる。

安比の森 グランピングBBQ

アクセス:安代IC、松尾八幡平ICより車で約 20分
引用: 安比の森 グランピングBBQ 公式サイト

岩手山焼走り国際交流村

『岩手山焼走り国際交流村』は、岩手県の八幡平市の総合型のアウトドア施設だ。敷地内には、キャンプ場とオートキャンプ場、キャビン村という3つのエリアが存在している。東北自動車道の青森・八戸方面からだと松尾八幡平ICが最寄りインターとなり、盛岡方面からならインター西根ゴルフICが最寄りとなる。

キャビンは木立の合間を縫うように、合計25棟が点在。リニューアルされた外観は、オシャレでカラフル。一見すると、おとぎ話に登場する建物のようだ。4人用・8人用など人数に合わせて大きさが異なり、全棟でバスやトイレ、コンロにテレビなど基本的な設備は整っている。

緑に囲まれた場所に立地しているため、春の新緑や秋の紅葉といった季節を身体全体で感じることが可能。ベランダでのバーベキューはできないものの、完全に室外であれば備え付けのガスコンロを用いてバーベキューを楽しめる。

さらに、キャビンには浴室も完備されているが、場内には天然温泉「焼走りの湯」も。2種類の天然温泉にゆっくりつかって、日常の疲れを吹き飛ばしてしまおう。

また、このサイト周辺には230年前に起こった岩手山の噴火によって流出した溶岩の跡地がそのまま残されている。溶岩流の観察路も整備されているので、自然が生み出す圧倒的なパワーを間近に見てみたい人は訪れて見てもいいかもしれない。

岩手山焼走り国際交流村

アクセス:西根I.C.から車で約15分(約10km)
引用: 岩手山焼走り国際交流村 公式サイト

みどりの郷

『みどりの郷』は、岩手県の胆沢郡にあるホテル&リゾート。2019年の春よりグランピング施設をオープンさせている。アクセスは、東北自動車道水沢IC、もしくは北上・金ヶ崎ICよりおよそ10分という立地だ。

アウトドアに興味はあるものの、準備や片づけが大変そう…という印象を持っている人のため、手ぶらでもアウトドアの醍醐味を堪能できるよう、レンタル品を充実させている。

元々、定員6名のコテージA棟と12名用のB棟、それに加えて持ち込み自由のフリースペースエリアを5区画備えている。少人数でしめやかに、というよりは大人数で利用するシーンに適しているといえるかもしれない。

さらに、2020年4月より日帰りバーベキューのみでも利用可能なバーベキュー専用エリアを設置。バーベキューセットの注文は必須だが、場所代も掛からずリーズナブルな価格で野外のグルメを味わえる。

また、リゾート内にはブルーベリーといちごが栽培されている「ベリーの森」も。シーズンにはブルーベリー狩りやいちご狩りも楽しむことができ、アウトドア以外のアクティビィも充実している施設だといえるだろう。

みどりの郷

アクセス:東北自動車道水沢IC、北上・金ヶ崎ICから車で約10分
引用:みどりの郷 公式サイト

* * *

日本国内でも北海道に次ぐ広い面積を誇る岩手県。県内ほぼ全てが豪雪地帯として指定されているため、グランピング施設は暖かい時期限定としている所もすくなくない。とはいえ、冬のキャンプやウインタースポーツ、もとよりグランピングをする場所としては自然も豊かで適しているエリアだ。

岩手県でのグランピングを満喫してほしい。

【日本最大級】楽天トラベル





岩手県のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. クルマで行きたい、軽井沢の旅館
  2. クルマで行きたい、小樽・ニセコの旅館
  3. クルマで行きたい静岡のグランピング
  4. あまり知られていないかも…クルマで行きたい、埼玉のグ…
  5. 豊かな自然の中で過ごす休日…クルマで行きたい、秋田県…
  6. 九州の玄関口…クルマで行きたい、博多のホテル
  7. 天気にも恵まれたい…クルマで行きたい、宮城県のスキー…
  8. 真冬に楽しみたい札幌のゲレンデ…クルマで行きたい、札…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP