CAMP・GLAMPING

クルマで行きたい、北海道のグランピングスポット

 本格的なアウトドア用品を揃えることなくアウトドアが楽しめるとして、近年注目のグランピング。そして、日本の北端・北海道また、アクセスも良好で素敵なグランピングスポットが揃うエリアだ。北海道ならではの自然を気軽に体験できるグランピングは、初心者や女子だけのグループにもおすすめ。そこで今回は、北海道にある車で行きたいグランピングスポットを紹介する。

中札内農村休暇村 フェーリエンドルフ

帯広広尾自動車道中札内ICより、車でおよそ10分。『中札内農村休暇村 フェーリエンドルフ』で、グランピングスタイルの宿泊プランが始まった。

十勝の穏やかな田園地帯で楽しむグランピングは、閑静な森の中に設置された三角テントでのグランピングと、暖炉やシャンデリアといった豪華な調度品を備えるグランピングスタイルコテージの2つだ。

グランピングテントヴィレッジと名づけられたテントサイトには、本場ベルギー製のコットンテントを10張設置。円形のテント内には、シングルベッドとエキストラベッドを2組ずつ設置する。外にはタープが張られており、テーブルとバーベキューセットが用意されている。食材を用意するだけで、思い思いのバーベキューメニューを楽しむことが可能だ。

一方、コテージは雰囲気が異なる3種類のコテージとなっている。一等地に建つ別荘のような趣きで、インテリアはモダンかつ高級感に溢れている。外のウッドデッキには、バーベキュースペースが用意されているので、屋外での宿泊に抵抗がある人でもアウトドアの雰囲気をゆっくりと満喫できるだろう。

中札内農村休暇村 フェーリエンドルフ

アクセス:帯広広尾自動車道中札内ICより車でおよそ10分
引用: 中札内農村休暇村 フェーリエンドルフ 公式サイト

知床 VILLA HOTEL FREEZE

女満別空港より、知床方面へ走ること約1時間半。『知床 VILLA HOTEL FREEZE』は、昭和50年代に無人となった山奥に移住したオーナーが、4年もの歳月を掛けて2003年にオープンした、知る人ぞ知るプライベートリゾートだ。

敷地内に合計6棟のコテージを用意し、その全てが1棟丸ごと貸し切り。誰にも邪魔されることなく、知床の大自然をゆっくりと体験できる。さらに、コテージ全棟にオープンデッキが付いており、正面には斜里岳、裏側には広がる森とロケーションも抜群。川のせせらぎや鳥の声を聞きながらのコーヒーブレイクもたまらない贅沢となるだろう。

また、このコテージ森側には客室専用のプチ露天風呂も。すぐ近くを渓流が流れ、運が良ければエゾリスが姿を見せてくれるかも。マイナスイオンを感じながら、プライベートな露天風呂で心地よさを満喫しよう。

夕食は、炭火焼バーベキューかしゃぶしゃぶのどちらかを選ぶことになる。バーベキューでは、知床麦王豚や知床産エゾ鹿といった知床ならではの食材に加え、スイスの家庭料理であるラクレットも揃える。焼野菜とあつあつのラクレットチーズの相性は抜群で、食べる手が止まらない。

一方しゃぶしゃぶメニューでは、バーベキューと同じく知床麦王豚の他、オホーツク海で水揚げされた旬の海産物が頂ける。いずれにせよ、準備などは全てホテル側が行ってくれるため、ゲストは食べるだけ。至れり尽くせりの時間が過ごせる。

知床 VILLA HOTEL FREEZE

アクセス:女満別空港より知床方面へ走ること約1時間半
引用:知床 VILLA HOTEL FREEZE 公式サイト

ニセココテージボンゴ広場

新千歳空港より、車でおよそ3時間。冬には多くのスキーヤーが訪れるウインタースポーツのメッカとしても知られている北海道虻田郡ニセコ。『ニセココテージボンゴ広場』は、草原と畑に囲まれ、目の前にニセコ連峰と羊蹄山を望む絶好のロケーションだ。

林の中に点在するコテージは、カラマツや北米産のダクラスファーを素材に用いた手作りのログハウス。穏やかな木の雰囲気は、ビジネスホテルの部屋では絶対に味わうことができないぬくもりだ。

そんなコテージ群に加わるように、グランピングが始まったのは2017年。広々としたベルテントにトレーラーハウスを備え、各テント毎にバーベキュースペースを完備。トレーラーハウスの自炊スペースには基本的な食器や調理器具が備え付けなので、食材を持ち込んで自由にアウトドアメニューを作ることができる。

プライベート感を大切にしつつ、クオリティの高いアウトドアをニセコで楽しむならここで決まりだ。

ニセココテージボンゴ広場

アクセス:新千歳空港より車でおよそ3時間
引用:ニセココテージボンゴ広場 公式サイト

* * *

十勝の田園地帯でのどかな光景を満喫できるグランピングや、コテージを貸切るプライベートなアウトドアスポット。さらには、ニセコ連峰や羊蹄山といった北海道ならではの眺望が一望できるスポットなど、多くの魅力的なアウトドア施設が集まる北海道。是非とも車で北海道に足を伸ばして、グランピングの非日常感を味わってほしい。

【日本最大級】楽天トラベル





北海道のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. クルマで行きたい、島根の旅館
  2. 海と山2つの自然…クルマで行きたい、福井のホテル
  3. 至福のひと時を過ごす…クルマで行きたい箱根のホテル
  4. 楽しい、美味しい、ネオンの街…クルマで行きたい、大阪…
  5. キャンプ初心者必見!失敗しないテントの選び方
  6. クルマで行きたい、大阪の旅館
  7. クルマで行きたい、福島の旅館
  8. 観光地ならではの知られている美食…クルマで行きたい、…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP