HOTEL

三陸産の海の幸を味わえる… クルマで行きたい、岩手のホテル

日本の国土面積の実に4%を占め、海と山がおりなす大自然が楽園とも言われている岩手県。花巻温泉を始めとして、県内には多くの温泉郷が存在しており、盛岡市周辺にはさまざまな歴史的史跡も残されている。温泉巡りをしてもよし、美味しい料理を堪能してもよし――今回はクルマで行きたい、岩手のホテルを紹介する。

浄土ヶ浜パークホテル

東京から盛岡南ICまでおよそ6時間と30分、そこから国道106号をさらに走ること約2時間。霊教和尚が300年前、「極楽浄土のごとし」と讃えた名勝浄土ヶ浜を抱え、岩手を代表するホテルが『浄土ヶ浜パークホテル』だ。

周辺には、通称”青の洞窟”と呼ばれる八戸穴や日本三大鍾乳洞に数えられる龍泉洞で、自然が作り出した神秘に触れることができる。

客室は、宮古湾と太平洋を一望できる最上階のロイヤルスイートルームから、大人数でも泊まることができる10畳部屋まで幅広い。海側と松林側に分かれており、海側ではオーシャンビュー。松林川では赤松林がおりなす、緑一面の落ち着いた空気を満喫できる。

ホテルの自慢はなんといっても三陸沖で水揚げされる海の幸。旬の時期に味わう宮古産毛ガニや、蝦夷鮑を堪能しよう。

浄土ヶ浜パークホテル

アクセス:JR宮古駅・三陸鉄道宮古駅から車で約15分。盛岡駅から車や急行バスで約2時間15分。
引用:浄土ヶ浜パークホテル公式サイト

ラ・フランス温泉館 ホテルゆらら

日帰りで温泉や食事を気楽に楽しむこともでき、温水プールやテニスコートなどのアクティビティも備えるのが『ホテル ゆらら』である。

最寄りは紫波ICチェンジで、車で5分。青森県八戸ICからなら約2時間。浦和ICからだとおよそ6時間の場所に位置するこのホテルは、岩手県の盛岡と花巻のほぼ中間にある。飛行機を利用して訪れるなら、花巻空港より国道4号線を北上して約40分で到着だ。

あづまね温泉と呼ばれるアルカリ性の天然温泉には、和風/洋風の内湯から露天風呂も完備。大人数でも楽しむことができる季節の旬の食材を使った和の懐石御膳が人気のホテルだ。

ラ・フランス温泉館 ホテルゆらら

アクセス:花巻空港より車で国道4号線を北上して約40分。
引用:ラ・フランス温泉館 ホテルゆらら公式サイト

ホテル森の風鶯宿

日本ハウス・ホテル&リゾートが運営する『ホテル森の風鶯宿』。このホテルは、さまざまな“演出”が魅力的な宿だ。宿に到着すると同時に浴衣をレンタルできるサービスが受けられる。さらに、日本の祭りをイメージして広場では縁日が開催され、和太鼓のショーが始まる。ありきたりな日常はすぐに忘れ去ってしまうだろう。

ホテルの周囲に広がるフラワー&ガーデン風の森は、季節に応じて自然がその表情を変える。この園内では、都会では珍しいイワナやキノコといった季節の食材を採ることが可能だ。雪が降るシーズンには、ソリ滑りやかまくら造り体験もできる。

『ホテル森の風鶯宿』は、盛岡ICからおよそ30分。いわて花巻空港からだと約1時間で到着する。宿泊客だけのための特別なレンタカーのプランなども用意されているので、現地での“アシ”に困ることはないだろう。

ホテル森の風鶯宿

アクセス:花巻空港から車で約1時間
引用:ホテル森の風鶯宿公式サイト

ホテル紫苑

『ホテル紫苑』は、観光経済新聞社が定める「5つ星の宿」にも選ばれた実績があるホテルだ。盛岡ICから車で15分。いわて花巻空港からは1時間以内の好立地だ。

しかし、なんといっても眼前に広がる御所湖や東北の山々を独り占めするかのような、素晴らしいロケーションが魅力の一つ。効能豊かな温泉に浸かりながら感じる贅沢さは、家の狭い湯船では絶対に味わえないだろう。「絹の湯」や「檜の湯」、さらに岩手・盛岡特有の古い建築様式である南部曲がり家をモチーフとした「南部曲がり家の湯」など、バリエーション豊かな温泉で、ゆったりと日頃の疲れを癒すことができる。

朝食はバイキング形式、夕食はハーフバイキングか部屋で和食の御膳を選べる。部屋で頂く場合には鮑の刺身や前沢牛の炙り寿司といった追加の一品料理を追加して、ワンランク上の料理に舌鼓を打とう。

ホテル紫苑

アクセス:盛岡ICから車で15分
引用:ホテル紫苑

花巻温泉 ホテル紅葉館

花巻ICより車で4km。花巻温泉郷の中でもトップクラスの大型ホテルが、この『ホテル紅葉館』だ。総客室数は138室、駐車場は自家用だけでも600台。観光バスも30台を収容できる規模を誇る。

和室は最大20畳となっており、リビング付きの客室も完備。フロアにより禁煙/喫煙が分けられている点も嬉しいポイントだ。

日帰りでも楽しめる温泉では、季節の移り変わりを全身で感じることができる露天風呂が人気。温泉と同じフロアには本格的なフィットネスルームやアロマを使ったエステも備える。

また、ホテル紅葉館に宿泊することで、隣にあるホテル花巻の大浴場も利用可能。まさに、温泉三昧である。

花巻温泉 ホテル紅葉館

アクセス:花巻ICより直進4km
引用:花巻温泉 ホテル紅葉館公式サイト

* * *

温泉や食材など、多くの魅力に溢れる岩手県。一度それを味わってしまえば、きっと掛けがえのない素敵な経験になるはずだ。新型コロナウイルスの影響で、外出を控える余りストレスが溜まっている方も多いかもしれない。しかし、宿泊施設では特に気を使って対策がなされている場合がほとんどだ。日頃の鬱憤ばらしに、岩手まで足を運んでみてはいかがだろうか。

 

関連記事

  1. クルマで行きたい三重のグランピング
  2. クルマで行きたい、東北のグランピングスポット
  3. クルマで行きたい、金沢の旅館
  4. クルマで行きたい、宮城の民宿
  5. 様々な芸術にあふれているが食も見所…クルマで行きたい…
  6. 名前も可愛らしいご当地食とは…クルマで行きたい、静岡…
  7. クルマで行きたい、京都の旅館
  8. 【博多・中洲の対象店舗】GoToイートキャンペーンで食の九州の玄…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP