HOTEL

クルマで行きたい、山梨の旅館

東京から見て南西に位置する山梨県。富士山の北側斜面の登山口があり、年間を通して10万人単位の登山客が訪れる場所だ。その他にも、富士山周辺の美しい富士五湖や富士急ハイランドといった人気の観光スポットに溢れている。そんな観光資源に恵まれた県への旅に欠かせないのが、疲れを癒すための旅館だ。今回は、山梨県にある車で行きたい憧れの旅館を紹介する。

糸柳別館 離れの邸 和穣苑

中央自動車道一宮御坂ICより、車でおよそ10分。『糸柳別館 離れの邸 和穣苑』は、甲府盆地の笛吹川流域、名湯と名高い石和温泉郷より少し離れた場所に位置している。

周囲の静けさを更に浮かび上がらせる客室は、ゆったりとした離れの造り。専用の露天風呂を備える9つの客室と、一般客室2つを用意した。どれ一つとして同じ造りの部屋はなく、それぞれが個性的。中庭をぐるりと囲むような配置で、緑を眺めながら誰にも邪魔されない時間を過ごすことができる。

食事には、良質かつ贅沢な味わいの食材を使った、和穣苑自慢の日本料理が頂ける。季節や旬、仕入れによって臨機応変に変わる献立は、それだけで季節を感じさせる工夫に満ちている。

また、和穣苑は温泉も自慢だ。アルカリ性の単純温泉は、通称美人の湯や美肌の湯とも呼ばれており、肌ざわりも滑らかでクレンジングの効果があるとも。開放的な茅葺屋根付きの露天風呂や大浴場で、体の芯まで温まろう。

糸柳別館 離れの邸 和穣苑

アクセス:中央自動車道一宮御坂ICより車でおよそ10分
引用: 糸柳別館 離れの邸 和穣苑 公式サイト

笛吹川温泉 坐忘

中央自動車道勝沼ICより、車でおよそ20分。昭和10年より続く、日本最古のワイナリーとして有名な「まるき葡萄酒」が手掛ける温泉旅館が『笛吹川温泉 坐忘』である。

霊峰・富士山を背に滔々と流れる笛吹川、そのほとりに広がる3000坪にも及ぶ広大な敷地の中に、本館と離れ、別邸と合わせて19室のみの贅沢な客室がゲストを待っている。

日本庭園の小道を抜けた先、ひっそりとたたずむ日本の伝統色を元にしつらえた別邸、美しい庭園の景色を望むテラスと露天風呂が併設された本館和洋室、数寄屋造りの本館離れ、テラスに加えて岩風呂を備える本館洋室、それに本館和室を加えた5タイプは季節の移り変わりと日本の伝統文化を色濃く反映した造りとなっている。

料理は、園内の築140年を数える古民家を改装した「懐石料理まる喜」で。山のごちそうとして、郷土の食文化と甲州ワインといった里山の美食を使ったおもてなしだ。一汁三菜ではじまる料理の原点は、見た目の華やかさこそないかもしれないが、ゲストを精一杯もてなすための献立は素材本来の美味しさ滋味に溢れている。

また、ここでは温泉もまたごちそうだ。日本庭園を眺める露天風呂を始め、先人が遺した洞窟風呂、ガラス張りで開放感に満ちた大浴場など、源泉かけ流しのお湯をゆっくりと堪能できる。高アルカリ性の源泉は美肌にも効能があるとされ、僅かに鼻腔をくすぐる硫黄の香りがじんわりと心身の疲れをほぐしてくれるだろう。

笛吹川温泉 坐忘

アクセス:中央自動車道勝沼ICより車でおよそ20分
引用:笛吹川温泉 坐忘 公式サイト

西山温泉 慶雲館

四方を険しい山々に囲まれた山間の町・早川町は日本で最も人口が少ない町だ。そんな場所に建つ『西山温泉 慶雲館』が開業したのはなんと慶運2年、西暦705年のこと。世界で最も古い歴史を持つ宿として、2011年にはギネスブックにも登録されている。

戦国時代には、かの武田信玄やその配下で武田二十四将に名前を連ねる穴山梅雪が訪れ、現在でも慶雲館の家宝として受け継がれている銅鑼(どら)を滞納。さらに、日本統一の最中には、徳川家康も2度訪れたという。

そんな慶雲館はすでに開湯1300年を数える。自慢の温泉は4本の源泉からなり、ナトリウム・カルシウム 低張性のアルカリ性高温泉だ。この日本でも屈指の源泉に一切の加温・加水することなく全館に引き込み、各客室併設のお風呂や給湯、シャワーに至るまで間じりっけなしの源泉かけ流しを実現する。

また、趣の異なる6つの浴場の顔ともいうべき存在が、本館フロア4階の野天風呂・望渓の湯だ。香り高く丁寧に手入れされた高野槙を贅沢に用い、浴場からは川のせせらぎを聴く。自然との一体感を感じつつ過ごす優雅なひと時は、これ以上ないほど極上の癒しである。

西山温泉 慶雲館

アクセス:河口湖ICから車で約2時間
引用:西山温泉 慶雲館 公式サイト

* * *

世界最古のワイナリーがプロデュースする旅館を始めとして、ギネスブックにも登録された世界最古の老舗旅館。さらに、石和温泉郷より少し離れた場所でゆっくりとプライベートを楽しむことができる宿など、一度は泊まってみたい旅館が集まる山梨県。ぜひとも車で山梨県まで足を伸ばして、憧れの宿でゆったりとした休日を過ごしてほしい。

【日本最大級】楽天トラベル





山梨県のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. 歴史ある町をしっとりと楽しみたい…クルマで行きたい、…
  2. 好立地なスポットが続々登場…GoToトラベルキャンペ…
  3. クルマで行きたい、愛媛の旅館
  4. 1度は訪れたい日本最北端の地…クルマで行きたい、道北…
  5. 個性的なグランピングが続々…クルマで行きたい兵庫のグ…
  6. 【沖縄の対象店舗】GoToイートキャンペーンで南の島でリッチな食…
  7. 美しい海を眺めて遊んでのんびり… クルマで行きたい、…
  8. 毎年のように最下位なのが不思議… クルマで行きたい、…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP