CAR

【欧州トヨタ カローラセダン】GR SPORT追加

トヨタ・ヨーロッパは現地時間7月17日、新型カローラセダンの派生モデルとして「カローラ セダン GR SPORT」を発表した。これにより、すでに発表されているハッチバックとツーリングワゴンモデルのGR SPORTバージョンとともに、カローラシリーズのGR SPORTラインナップが完成したことになる。

カローラセダン GR SPORTは、そのほかのGR SPORTファミリーと同様に、エクステリアおよびインテリアに専用の加飾が施されているほか、TOYOTA GAZOO Racingをイメージしたエクステリカラーが与えられている。

エクステリアでは、フロントグリル、ドアミラーカバー、センターピラー、サイドシルなどがクロームメッキ加工されており、また、フロントバンパーの両サイドがワイドボディを強調している。

ホイールは専用のブラック塗装の10スポークアルミホイールが装着されており、GRを意味する赤いリングがTOYOTAロゴの周囲を彩っている。ホイールサイズは17インチとオプションの18インチから選択することが可能だ。

そのほか、リアのスポイラーやガーニッシュも専用のものとなっており、GRのバッジもリアエンドに見ることが可能だ。

エクステリアカラーは、シグネチャーカラーとなる「ダイナミック・グレー」を含む8色から選択可能で、「ダイナミックグレー」を含むそのうちの7色で、ブラックルーフを選択することができる。カローラセダンとしては初のツートンカラーの採用である。

インテリアも専用のステアリングホイールに加えて、スポーツシートやGRロゴがあしらわれたスカッフプレートなどで雰囲気を高めている。また、白と赤のカラーステッチが各所に施されているほか、オプションとしてインテリアアンビエントライトシステムや、LEDエクステリアライトなどが選択可能だ。

ほかのGR SPORTモデルと同様に、パワートレインについてはベースモデルから変更はなく1.8リットルと1.6リットルのガソリエンジンから選択することができる。

カローラセダン GR SPORTは、東欧地域初のGR SPORTモデルとして、2020年11月から生産を開始し、2021年1月から各市場で販売されるという。日本での販売については明らかにされていない。

関連記事

  1. 【BMW X7 ダークシャドウエディション】M50iをさらにアグ…
  2. 第4章 国産初のリアル・レーシングカー「R380」
  3. 「メルセデス・ベンツ(自動車)とヴァージル・アブロー(ファッショ…
  4. ジャガーのクラシック部門が、Cタイプ・コンティニュエーションを限…
  5. 北米トヨタ、シエナにウッドランドエディションの追加を発表 ミニバ…
  6. 【スバル BRZ】フルモデルチェンジして2代目へ、FRスポーツカ…
  7. 第4章 オイルショックを乗り越えて「MAZDA RX-7」
  8. アリアはキックスやエクストレイルとどう違うのか?

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP