CAR

MINIのベストバイ・カントリーマンは、クラスを超えた実力者だ

BMW傘下、MINIの人気モデルといえばコンパクトSUV・カントリーマンだ。運転しやすい優れた動力性能に加え、SUVならではの走破性と居住性を兼ね備えるカントリーマンは、ブランドをけん引するモデルだ。今回は、提案する新たな100色と共に、カントリーマンを心の底から味わってほしい。

個性的、しかしMINIらしさは忘れない

BMW MINIでカントリーマンといえば、クロスオーバーのことである。実は商標権の関係で「カントリーマン」を名乗ることができないため、日本国内では「クロスオーバー」を名乗っているのだ。2011年、同ブランドがコンパクトSUV市場へ乗り込むために開発したモデルであり、シリーズ初の4ドアスタイルとなった。発売当初こそ、MINIに4ドア? なんて懐疑的な声も聞こえたが、今となってはファミリーの一員として違和感なく溶け込んでいる。国内外問わず販売好調なMINIのラインナップにあって、カントリーマンは主力販売モデルだ。世界規模では同ブランドの新規登録台数の内、実に30%近くを占めている。昨今のコンパクトSUVブームもあり、街中でも見かける機会が多いのはそのためだ。

現行型F60系へモデルチェンジを遂げたのは、2017年のこと。従来のガソリン/ディーゼルエンジンに加え、シリーズでは初となるプラグインハイブリッドモデルが追加されたことでも注目を集めた。

キープコンセプトで進化を続けるMINIファミリーらしい可愛らしさと、SUVの力強さを併せ持ったデザインと充実した装備、アクセルを踏めば応えてくれる走行性能で、様々な層から絶大な支持を受ける人気モデルがカントリーマンなのである。

さらに力強く、よりエコに

2020年5月、BMWはカントリーマンがマイナーチェンジを受けることを発表した。しかし、一言でマイナーチェンジと片づけてしまうには惜しいほど、大幅な改良が加えられている。

大きく変わったのはパワートレーンだ。今回の改良で、環境性能がより改善されている。ガソリンには微粒子フィルター、ディーゼルには尿素水を使ったSCRシステムを採用。これにより、カントリーマンは2021年より欧州で施行される予定の新排出ガス基準・ユーロ6dを既にクリアすることとなった。

また、ガソリンエンジンには、より繊細な熱制御を可能にするための冷却システムにスプリットクーリングバルブを初採用。ディーゼルエンジンにはガソリンエンジンと同じく、効率をアップさせるための新型スタータージェネレータを搭載する。同時に、従来では一部の高性能モデルにのみ搭載されていた2ステージターボチャージャーをクーパーDにも採用することで、レスポンスが高められている。

プラグインハイブリッドを除くガソリン/ディーゼルエンジン全てに、新しいMINI ツインパワーターボテクノロジーが搭載されており、最高出力75kw~140kwを発生させる。

悪路走破性にも定評があるMINI カントリーマンだが、オンロードではBMC時代から受け継がれる独特の乗り味・ゴーカートフィーリングをいかんなく発揮する。コンパクトSUVというジャンルでありながら、機敏で軽快なハンドリングを楽しむことができるのもカントリーマンの個性だ。

キープコンセプトこそ美徳。しかし、進化は止まらない

前述したように、MINIは一貫したキープコンセプトが魅力の一つだ。現行モデルとなりボディサイズこそ拡大し、ワイルドさは増したものの、そのデザインには流行りのSUVデザインのトレンドを取り込むような安直さは見られない。この、変わらないことへの安心感も、ファンの心をひきつけて止まない要因だろう。

マイナーチェンジにより、エクステリア/インテリア共にデザインに変更が加えられた。特に、フロント周りの改良が顕著であり、ヘッドライトおよびフォグランプがLED式を標準装備とした。リアに回り込んでみると、トリムの意匠を変更したリアエプロンが採用されている。イギリス国旗・ユニオンジャックをモチーフとしたLEDテールランプにもパターンの変更が見られる。

また、インテリアでは全車においてスポーツレザーステアリングが標準装備されたことがトピックスだろう。加えて、ドライバーズシートにはメモリー機能付き電動調整機構が採用され、パッセンジャーシートには高さの調整機構が追加されている。

オプションには新たに5インチのデジタル・インストゥルメント・ディスプレイが設定された他、MINI コネクティッドの機能も向上している。

MINI唯一のSUVというユニークさに加え、大きなボディ故の居住性の高さと走行性能。マイナーチェンジでは環境性能も高められ、カントリーマンの死角はほとんどなくなってしまったといっても過言ではない。家族4人でもゆったり乗れるMINI カントリーマンは、もっとも実用的なMINIではないだろうか。

関連記事

  1. 【メルセデス・ベンツ GLA】新型コンパクトSUVのインテリアの…
  2. 【ポルシェ カイエンGTS】帰ってきたV8ツインターボ、日本導入…
  3. 日本のサーキット変遷史Vo.4~筑波サーキット編~
  4. ホンダの新時代を象徴するスペシャリティ “デートカー”と揶揄され…
  5. 【三菱 エクリプスクロス】マイナーチェンジ 小変更にとどまらない…
  6. 世界のライトウエイト・2座オープンスポーツの世界最量販車、マツダ…
  7. 時代が求めたパーソナルセダンのかたち バブル期を象徴する暴力的と…
  8. MINIから自動運転が可能なEVコンセプトカー『ビジョン・アーバ…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP