CAR

【フェラーリ ローマ】時代を超越したエレガンス

2019年11月、フェラーリから新型クーペの「Roma(ローマ)」が発表された。洗練された美しすぎるフォルムは、思わずため息を漏らしてしまう。今回は、次世代フェラーリのデザインを決定づけるモデルとなるローマについて解剖していく。

コンセプトは『甘い生活』

フェラーリ・ローマは、2019年11月にイタリアで発表された後、2020年4月に国内でも披露された。ローマは、その名の通り、イタリアの都市ローマがモチーフになっており、中でも1950年代後半のローマの華やかで退廃的な上流階級のライフスタイルを描いた映画『甘い生活』をコンセプトに開発されているという。

1960年代に登場したフロントエンジン・リアドライブの2+2クーペという伝統的なシルエットを継承する一方、これまでフェラーリが継承してきた丸形テールランプを取り払うなど、時代を超越する最先端モデルとしての頭角を見事に調和している。

スポーツとラグジュアリーの融合

ローマのボディサイズは、全長4656mm×全幅1974mm×全高1301mm。ホイールベースは2670mm。エクステリアデザインは、スポーツとラグジュアリーの融合が象徴的だ。フェラーリ・ジャパン代表取締役社長のフェデリコ・パストレッリ自身も、「イブニングドレスに身を包んだF1マシン」とコンセプトを語る。

部分的に見るとフェラーリ特有のスポーツ性が強調される中、シャークノーズと呼ばれるフロントフェイスやボリュームのあるエレガントなホイールアーチのバランスにより、コンセプトを見事に表現していることが分かる。そのため、ラグジュアリーな都会のナイトシーンにも自然に溶け込めるだろう。一方、デイリーカーとしての優れた快適性やドライビングパフォーマンスも期待でき、幅広いシーンに馴染める一台であることは間違いない。

また、モダンなインテリアデザインにも注目してほしい。まず、コックピットと助手席をシンメトリカルに分けるデュアルコックピットコンセプトを採用したことにより、空間と機能が有効的に分散された。その結果、ドライバーだけでなく助手席の乗員も走りに関与している気分を味わえるだろう。

息を飲む美しさとは裏腹な強靭な走り

ローマは、極限まで無駄を省いたラグジュアリーな表情からは想像もできないパワフルな走りを見せるモデルでもある。その心臓部には、620psを発揮する3.9リッターV型8気筒ツインターボエンジンを搭載。これは、インターナショナル・エンジン・オブ・ザ・イヤーに4年連続受賞するフェラーリ自慢のパワートレインだ。また、最高速度は320km/h、0-100km/h加速3.4秒、0-200km/h9.3秒を実現する。

走行モードは、「マネッティーノ」、「コンフォート」、「スポーツ」、「レース」「ESCオフ」の5種類を用意しており、あらゆるシーンでその走りを堪能することができるだろう。

===

フェラーリ・ローマは、思わず言葉を失ってしまうほどの美しいフォルムに誰もが見惚れてしまうこと間違いない。パワフルな一面を持ち合わせながらも、上質な印象を与えるデザインは、コンセプトとなる「甘い生活」を上手く表現していると言えるだろう。今後、新たなフェラーリの顔として愛好家たちを魅了していくモデルとなっていくのか、いまから楽しみでしかたない。

関連記事

  1. ルノーが新型EV メガーヌ イーヴィジョンのプロトタイプを公開 …
  2. 欧州ホンダ、新型HR-Vの新デザインを公開 ハイブリッド専用車へ…
  3. 直列5気筒縦置き「FFミッドシップ」レイアウトが生み出した個性派…
  4. 【GMC Yukon(ユーコン)】フルサイズSUVが2021モデ…
  5. 【完全ノーカット】ホンダ伝説のF1マシン、RA301がよみがえっ…
  6. 次期エクストレイルか?兄弟車の日産・新型ローグ世界初公開
  7. 第3章 いすゞのラグジュアリークーペ「ピアッツァ」とセダン「ジェ…
  8. 日本のサーキット変遷史Vo.4~筑波サーキット編~
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP