ENTERTAINMENT

「徒歩だとちょっと遠い」を「楽しい移動体験」に!流行りの「LUUPについて紹介!

新しい電動キックボードのシェアサービスが広がりを見せている。都内を中心に、現在100台の電動キックボードを走らせているのがLUUPだ。LUUPでシェアしている電動キックボードは、ヘルメットを必要としないことでも注目を集めている。今回は、LUUPとはどのようなサービスなのか紹介する。

LUUPとは?

LUUPとは、2020年の5月より電動アシスト機能付き小型自転車のシェアリングサービス事業を展開してきたベンチャー企業である。

東京の渋谷に本拠地を置き、CEOはマイクロモビリティ推進協議会の会長を務める岡田大輝氏だ。「街じゅうを「駅前化」するインフラをつくる」を掲げ、「新しい機体の実証」および、「新しいシェアサービスの実証」の2つに取り組んでいる。

2017年より世界中で広がりを見せている電動キックボードだが、今回新たにLUUPでも電動キックボードの導入を開始した。その台数は100台。

電動キックボードをシェアできる対象エリアは、現在渋谷・新宿・六本木(赤坂/虎ノ門)・大阪キタ・ミナミの5エリアだ。対象エリアは、今後拡大していく予定だという。

都内を中心とするエリアの中に、駐車ポートはおよそ300箇所。その内、およそ200ポートで、電動キックボードの乗り降りができるようになっている。対象エリアと同様、電動キックボードの台数も、駐車ポートの数も増える見込みだ。

通常、電動キックボードは道路交通法の上では原動機付き自転車に該当する。しかし、LUUPの電動キックボードは経済産業省が設けた特例措置にて、小型特殊自動車として扱われる。そのため、ヘルメットの装着は任意となった。

これは嬉しいポイントの1つであり、ヘルメットによって髪型が崩れることがない。より、ビジネスマンや女性が使いやすい電動キックボードのシェアサービスとなった。

利用料金と利用方法

LUUPの利用料金は、現在実証実験期間中の特別料金が適用されている。初乗りの10分間は税込みで110円。10分以降は1分が経過するごとに16.5円が自動的に加算されていくシステムだ。

利用するためには、まずiPhone/Android向けに配信されているアプリ・LUUPのダウンロードが必須だ。「LUUP」で検索を掛けると、淡い緑色に白字で“LUUP”と掛かれたアイコンが目印である。

アプリをダウンロードしたら、ユーザー登録をしなければならない。必要な個人情報を記入し、免許証の写真を撮影してアップロードしよう。

LUUPの電動キックボードは、小型特殊車両に分類されるのは前述した通りだ。そのため、普通自動車運転免許か普通二輪車運転免許が必要となる。原動機付自転車運転免許、いわゆる原付免許では運転できないことに注意しておきたい。

また、ユーザー登録時には小型特殊自動車にまつわる道路交通法の簡単なテストが行われる。これは、1問でも不正解だとユーザー登録できないというワケではなく、解説を読んだ後で回答できるので、日本語が読める人ならほぼ確実に満点を取ることが可能だ

信頼性の高いキックボード

LUUPの電動キックボードが今、どこにあるかを確認するにはアプリの地図で確認することになる。その場所に行って、キックボード本体のハンドルに付いているQRコードをアプリのカメラ機能で読み取ることで、ロックが解除。乗車可能な状態となる。スマートフォンが全てのキーとなる仕組みだ。

本体には、ブレーキレーバーを始め、スマホ用のホルダーやレバー式のアクセル、後方確認用のミラーにウインカーも装備。クラクションも備わっており、最大限安全性に配慮したものだということが分かるだろう。

駆動方式は後輪駆動で、車体後方にはブレーキランプにリアウインカー、反射板とナンバープレートも装着されている。業務用に開発された車体というだけあって、本体のハンドルや実際に足を載せる部分の安定感は抜群。直進安定性も高い。ただし、最高時速は15キロなので、人によっては“遅い”と感じるかもしれない。

* * *​

普通車か普通二輪の免許があれば、誰でも利用することができるLUUPの電動キックボード。今は限られたエリアでしか利用できないが、今後日本のさまざまな場所で利用することができるようになるだろう。また、4輪で1乗りのユニバーサルな機体も増える予定だという。今後の展開が非常に楽しみなサービスだ。

関連記事

  1. MINIから自動運転が可能なEVコンセプトカー『ビジョン・アーバ…
  2. 【GMC Yukon(ユーコン)】フルサイズSUVが2021モデ…
  3. バスは個人で買えるのか?買えるならこんな色や柄にして世界に1台だ…
  4. ついに終了…「カネ恋」後半の三浦春馬の衣装をご紹介
  5. ホンダの北米法人が11代目となる新型シビックのプロトタイプを公開…
  6. 小さくなった“名探偵”の秘密…今夜、金曜ロードSHO…
  7. ヒュンダイが送り出すEVシリーズ第一弾 IONIQ 5は予想以上…
  8. カーワックスの金字塔「シュアラスター」ボディの“艶”にこだわるア…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP