LIFE

置き型の芳香剤はもう卒業!アロマディフューザーで車内を香りで演出してみない?

いくら換気していても、車内のにおいはどうしても籠もってしまうもの。快適にドライブを楽しむには芳香剤は欠かせない。しかし、芳香剤は設置しても香りが薄まってしまうこともあるだろう。そんな時にはネブライザー式のアロマディフューザーがおすすめだ。濃縮された香りを絶えることなく楽しむことができる。

車内で濃縮されたアロマを楽しめる『ENERG e’s Voyage アロマディフューザー』

現在では、置き型・吊り下げ型・クリップ型、さらにスプレータイプのものなど多くの芳香剤が販売されている。その中でもアロマディフューザーは、シガーソケットの電熱を利用して、アロマオイルを直接ミストとして車内に広げることができる優れものだ。

今回は、アロマディフューザーの中でも特におすすめなネブライザー式の『ENERG e’s Voyage アロマディフューザー』をご紹介しよう。

ネブライザー式とは、水を使わずにアロマオイルを直接噴霧するタイプのアロマディフューザーのことだ。アロマディフューザーといえば、水と一緒にアロマオイルを入れるイメージだが、こちらはお気に入りのアロマオイルを入れるだけで、香りを車内に行き渡らせることができる。

アロマディフューザーへの水足しは地味に面倒な時もあるだろう。また、そのまま放っておくとカビが発生する可能性もあるので、使用するにも手入れが必要。だが、それを一切省けるのはうれしいポイントだ。

また、アロマディフューザーとしての役割だけではなく、簡単な空気洗浄機にもなるのだ。切り替えは簡単。ワンタッチ式のオン/オフ操作で香りの有無を決められる。

デザインも一見アロマディフューザーには見えないほどスタイリッシュなため、車内の景観を損なうことなく、さりげなく使用できるのも魅力だろう。静音設計にもなっているので、アロマディフューザー特有の音が気になる心配もないだろう。

さらに、4,000mAhのバッテリーを搭載するコードレスなので、センターコンソールやドリンクホルダーなど、さまざまな場所に移動可能。

充電はUSBで行えるので、シガーソケットを活用すれば、車内で済ませることもできるだろう。車載用となってはいるが、仕事中にPCの横で、朝のストレッチ中などのおともにもおすすめ。なお、デフォルトは2時間連続モードとなっている。2時間経つと自動的にオフとなるので、消し忘れても安心だ。

置き型の芳香剤となると運転中に中身がこぼれてしまったり、吊り下げ型となると落ちてきてしまったりとクルマに設置するのにもアクシデントがありそうだが、ENERGのアロマディフューザーなら、このような心配はなさそうだ。

※ ※ ※

ENERGのアロマディフューザーは、価格も5,000円以下で購入できるので、置き型の芳香剤をいちいち買い換えることを考えたら、実にリーズナブル。

デザイン、性能とともに優れているのにこの価格なので、今までアロマディフューザーを試したかったがどれを選んでいいのか分からない…という人におすすめだ。

クルマ好きならボディやインテリアなど目に見える部分をこだわりたいものだろう。しかし、これからはぜひ香りにもこだわってみてほしい。いくら清潔に保たれていても、嫌なにおいがすれば、それでインプットされてしまうのだから。


写真はイメージです。

関連記事

  1. スペシャルなポルシェも登場?映画『ジョーカー』はまだまだ熱い!
  2. 【価格表公開】ホンダ 新型フィットのグレードやオプションは?!気…
  3. 今夜最終回「MIU404」星野源・菅田将暉のこれまでの衣装を紹介…
  4. 『+J』が話題!ユニクロの今までのコラボレーション
  5. ファッションの一部になったマスク おすすめメンズ編
  6. マスクの収納どうしてる?おしゃれなマスクケースで衛生的に
  7. 火曜ドラマ「おカネの切れ目が恋のはじまり」可愛い雑貨や三浦春馬の…
  8. Amazonで63時間のビッグセール!絶対買いの一押しアイテムと…

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP