HOTEL

クルマで行きたい、軽井沢の旅館

長野県内で、国内屈指の別荘地であり観光地として知られている軽井沢。そんな軽井沢観光に欠かせないのが、旅の疲れを癒してくれる宿だ。今回は軽井沢にある、車で行きたい憧れの旅館を紹介する。

つるや旅館

上信越自動車道碓氷軽井沢ICより、車でおよそ20分。『つるや旅館』は、江戸時代初期に開業した旅籠鶴屋を前身とする旅館だ。中山道の宿場町であった軽井沢宿の休泊茶屋として始まった旅籠は、明治時代になると旅館業へ。

伝統的な日本建築はそのままに、西洋風の雰囲気を取り入れることとなった。その後、大正時代には芥川龍之介や室生犀星といった文壇が執筆の場所として訪れたことも。まさに、軽井沢の歴史と共に歩んできた旅館なのである。

館内は、廊下続きで本館・別館・奥館と繋がっている。各棟ごとに3タイプずつの部屋が用意されており、それぞれに異なる設えが施されている。悠久の時を経てきた客室には、どこか懐かしい空気が漂い、ゲストを暖かく迎え入れてくれるだろう。

また、提供される食事は、昔ながらの和食にほんの少しだけ手を加えた創作コース料理である。地元信州の和牛や軽井沢産の新鮮野菜、豊洲から運ばれてきた新鮮な魚介類を丁寧に仕上げてくれる。1品ずつ運ばれてくるので、自分のペースでゆっくり味わえるのも嬉しい。多くの飲食店が軒を連ねる軽井沢だが、旅館ならではの味を堪能するのが旅の醍醐味だろう。

つるや旅館

アクセス:上信越自動車道碓氷軽井沢ICより、車でおよそ20分
引用: つるや旅館 公式サイト

明治屋旅館

上信越自動車道碓氷軽井沢ICより、車でおよそ20分。『明治屋旅館』は、開業1世紀にもなろうかという軽井沢エリアでも屈指の老舗旅館である。だが、温かなおもてなしの心とアットホームな雰囲気が気取らない、誰からも愛される居心地の良さが自慢だ。

客室は、1人旅にも最適な広々としたシングルルームを始め、ツインルームといった洋室。昔ながらの情緒ある6畳/8畳の和室が2種類の4タイプかた選ぶことができる。

また、明治屋旅館では佐久地方の鯉料理をはじめとする、地元の食材をふんだんに使った和食を堪能できる。リーズナブルな滞在にも嬉しい「日替わり和食御膳」や信州の郷土料理を味わえる「人気の明治屋会席」。ボリュームも大満足の「満腹明治屋会席」など、バリエーション豊かな献立が用意されている。

観光の拠点として、立地も素晴らしいのも明治屋旅館の特徴だ。昔ながらのメインストリートである旧軽井沢銀座やチャーチストリート軽井沢まで車で25分。ショップやレストランが点在するハルニレテラスまでは20分の近さだ。絶好のロケーションで、信州の旅をゆっくりと愉しもう。

明治屋旅館

アクセス:上信越自動車道碓氷軽井沢ICより、車でおよそ20分
引用:明治屋旅館 公式サイト

中棚荘

上信越自動車道小諸ICより、車でおよそ10分。『中棚荘』は中棚温泉を前身とし、明治31年に創業。明治の文豪・島崎藤村ゆかりの宿として当時の趣をそのまま残した老舗旅館だ。

レトロな構えの大正館は、中棚鉱泉時代の面影を随所に感じられる、ロマンに満ちた建物。島崎藤村ゆかりの「藤村の間」を始め、フロア1階と2階に合計9室を備える。「遊子の間」や「しろがねの間」といった個性的な部屋の名前は、藤村が執筆した『千曲川旅情の詩』の中に登場した、詩から取ったものだ。

中庭には、プラタナスやヒマラヤ杉といった木々が茂る。桜の季節にはライトアップされ、幻想的な光景が広がる。春夏秋冬、移り変わる景色を眺めるのも大正館ならではの過ごし方だ。

一方、平成館には1階にモダンな和洋室が6室、2階には和室が12室用意されている。女将が毎朝活ける花がさりげなく飾られ、内装は新鮮かつ簡素。室内の内風呂は温泉になっているため、好きな時にのんびりと湯浴みを愉しむことができる。

食事は、朝夕共にレトロな大正館の小部屋で。総料理長自ら腕を振るう料理は、素朴ながら繊細な創作会席料理だ。大きなホテルや旅館では決して味わえない、一切妥協のないこだわりの料理を堪能しよう。

中棚荘

アクセス:上信越自動車道小諸ICより、車でおよそ10分
引用:中棚荘 公式サイト

* * *

江戸時代初期に開業した旅籠を前身とする老舗旅館を始めとして明治の文豪・島崎藤村縁の宿など、一度は泊まってみたい旅館が集まる軽井沢。軽井沢観光の際には、憧れの宿でゆったりとした休日を過ごしてほしい。

【日本最大級】楽天トラベル





軽井沢のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. いろんなタイプのゲレンデが楽しめる…クルマで行きたい…
  2. 原宿が変わった!大人も行きたい原宿とは…
  3. クルマで行きたい、兵庫の旅館
  4. クルマで行きたい、宮崎の旅館
  5. 【沖縄の対象店舗】GoToイートキャンペーンで南の島でリッチな食…
  6. クルマで行きたい…岡山のホテル
  7. クルマで行きたい、山形県の旅館
  8. 真冬に楽しみたい札幌のゲレンデ…クルマで行きたい、札…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP