HOTEL

クルマで行きたい、秋田の旅館

東北地方、本州北部の山地に位置する秋田県。意外と知られていないが、実は重要無形民俗文化財が日本一多い県だ。つまり、観光にはもってこいのスポットなのである。今回は、そんな秋田県にある車で行きたい憧れの旅館を紹介する。

角館山荘 侘桜

秋田自動車道大曲ICより、車でおよそ1時間。『角館山荘 侘桜』は、秋田角館の武家屋敷よりほど近い山間に位置する古民家風の温泉宿である。シンボルとなっている茅葺屋根は、築200年を数える古民家を当時の趣はそのままにリノベーションしたもの。中には、角館の地で芦名氏と佐竹氏に使え続けた名門・青柳家ゆかりの品々が展示されている。

客室は、角館が誇る格式高さと気品に満ちた設えの全10室。3室の和室と5室の和洋室には大きなガラス張りの開放感とテラスを備え、天然木と地元の伝統工芸である桜皮細工をあしらった。

また、料理は南麻布でミシュラン2つ星を獲得した『分とく山』の総料理長・野崎洋光が企画演出。からだにおいしい料理をコンセプトに、700種類ものレパートリーに秋田の食材を組み合わせ、月替わりで献立を提供する。秋田は、自然豊かな土地が育む滋味深い素材が持ち味だ。

白龍 本店

アクセス:秋田自動車道大曲ICより車でおよそ1時間
引用:角館山荘 侘桜 公式サイト

夏瀬温泉 都わすれ

東北自動車道盛岡ICより、国道46号線を経由しておよそ1時間半。『夏瀬温泉 都わすれ』は、周りに民家も他の旅館も存在しない自然の音と静寂に包まれてひっそりと佇んでいる。名前の都わすれが示す通り、都会の喧騒とは無縁の温泉宿だ。

客室は源泉かけ流しの露天風呂が付いた、わずが10室のみ。抱返り渓谷の景色を目の前にしつつ、プライベートな温泉を楽しめる贅沢な空間である。

ここで入れる温泉は、夏瀬温泉だ。江戸時代に角館城主だった佐竹氏が、温泉を管理するために周辺の広久内に住む人々に材木を授けたという文献も残る由緒ある温泉。2018年には再掘削により、豊かな泉質はそのまま温度と湯量が大きく増えたという。

食事には、地場産・旬の食材を豊富に用いる。県内産の黒毛和牛や稲庭うどん、秋田の郷土料理であるきりたんぽなど、豊かな食文化を実感できる献立が並ぶ。里山の恵みを、お腹いっぱい頬張ろう。

夏瀬温泉 都わすれ

アクセス:東北自動車道盛岡ICよりおよそ1時間半
引用:夏瀬温泉 都わすれ 公式サイト

海と入り陽の宿 帝水

秋田自動車道昭和男鹿半島ICより、国道101号線を経由しておよそ1時間。『海と入り陽の宿 帝水』は、秋田県男鹿半島から戸賀湾を見下ろす絶景の宿だ。何にも遮られず、水平線まで見通すロケーションは、帝水ならではである。

客室は、本館「西の風」・新館「北の風」・新館「北の風 特別室 ~海王~」の3種類に分かれるが、全ての部屋から日本海を一望できるオーシャンビューが自慢。特に、特別室の海王は、入口から続く畳廊下が和室と広縁まで続く広々とした贅沢な間取り。落ち着いた雰囲気を醸す和のテイストが、日常を忘れさせてくれるだろう。

また、春夏秋冬移り変わる秋田の味覚もまた魅力。春の真鯛に、夏には冷製仕立てのきりたんぽ、秋には比内地鶏とキノコを合わせ、冬にはハタハタ料理や発酵食のガッコが並ぶ。景色と共に頂く秋田の味覚は、あまりにも贅沢だ。

海と入り陽の宿 帝水

アクセス:秋田自動車道昭和男鹿半島ICよりおよそ1時間
引用:海と入り陽の宿 帝水 公式サイト

日景温泉

東北自動車道碇ヶ関ICより約10分、秋田自動車道大館北ICより約15分の場所にある『日景温泉』は、世界遺産にも登録されている白神山地の北東入口にたたずんでいる。

どこまでも続くような圧倒的な大自然の中、湧きだす日景温泉はその半分が予約制の貸し切り風呂。誰の目も気にすることなく、豊かな緑とプライベート感を満喫できる。

僅かに白く濁った湯は、東北の草津とも称される秘湯だ。およそ125年前の開湯より、その効能の高さから「三日一廻りの霊泉」として親しまれてきた源泉かけ流しの温泉で、ゆったりとくつろごう。その他、今まで体験したことのないようなしっとりした感覚が味わえる炭酸水素塩泉や天然硫黄泉といった温泉を用意。

また、最上級スイートにあたる特別室では、透明な塩化物泉が楽しめる。上質な青森ヒバを床や浴槽に贅沢に使った香り高い空間で、森林浴気分も味わいつつ体の芯から温まろう。

日景温泉

アクセス:東北自動車道碇ヶ関ICより約10分
引用:日景温泉 公式サイト

* * *

秋田県の名家にゆかりある旅館を始めとして、秋田県ならではの郷土料理や地元の食材を楽しめる宿など、一度は泊まってみたい憧れの旅館が集まる秋田県。秋田観光の際は、憧れの宿でゆったりとした休日を過ごしてほしい。

【日本最大級】楽天トラベル

秋田県のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!

関連記事

  1. クルマで行きたい、兵庫のグルメスポット
  2. 質の良いパウダースノーでウインタースポーツが楽しめる……
  3. クルマで行きたい、関西の旅館
  4. ウインタースポーツも盛んな…クルマで行きたい、青森県…
  5. クルマで行きたい、金沢のホテル
  6. 日本の神秘的場所…クルマで行きたい、伊勢のグルメスポ…
  7. クルマで行きたい、沖縄のグランピングスポット
  8. 【博多・中洲の対象店舗】GoToイートキャンペーンで食の九州の玄…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP