HOTEL

海山両方ぜいたくに…クルマで行きたい、千葉のホテル

豊かな海に囲まれた千葉県。栄養豊富な黒潮が流れる漁港では、多くの魚介類が漁獲される。一方では、農作物や山の幸もふんだんで、海と山両方の美味を味わうことができる。源泉も多く、天然温泉を自慢にしているホテルも多く存在する。

今回は、そんな千葉県にある車で行きたいホテルを紹介する。

満ちてくる心の宿 吉夢

川崎より、アクアラインを利用して君津ICを目指す。そこから房総スカイライン・鴨川有料道を走り一路鴨川より小湊へ。『満ちてくる心の宿 吉夢』は、千葉県鴨川市小湊温泉に建つ南房総の宿だ。日蓮聖人が誕生したといわれている小湊地区誕生門の前という、なにやら御利益がありそうな立地である。

客室は、「Room 吉邸」「Room 月邸」「Room 別邸」と名づけられた和風の部屋に加え、海を一望するスカイビューのジャグジーを備える露天付きの貴賓室を用意する。いわゆるスイートに当たるこの部屋からは、夕日の見える宿100選にも選ばれたこのホテルから眺める太平洋と夕日が最高のおもてなし。2方面がガラス張りとなっている開放感と、特別な設えのインテリアが心休まる特別な休日を演出する。

温泉も、同じく絶好のロケーションだ。地上35メートルに設置されている天空庭園風呂「誕生の湯」からは、房総の海と景色を独り占め。移ろう季節や、波の音。沈む夕日に心が洗われる。もちろん大浴場も完備している。ホテルのフロア9階には、「吉湯」と「夢湯」の2つの浴場が。大きな窓を取り入れた設計で、露天風呂にも負けない景観の良さを誇っている。

満ちてくる心の宿 吉夢

アクセス:君津ICから車で約1時間
引用: 満ちてくる心の宿 吉夢 公式サイト

千葉の房総は、海岸沿いのドライブには最も適したロケーションだといっても過言ではない。

東京・横浜方面より、車でおよそ2時間。『南房総白浜温泉 白浜オーシャンリゾート』もまた、車で訪れるには絶好のホテルだ。施設には、宿泊者が無料で利用できる駐車場も備えている。

ここでは海が見えるレストランとして、眼前に広がる海を見ながら食事を楽しめるレストラン「グリル なのはな」が人気だ。

ここで振舞われる夕食バイキングが圧巻で、サザエやハマグリ、エビにホタテといった浜焼きに加え、千葉県産の旬の食材を用いた50種類にも及ぶバリエーション豊かな料理をお腹いっぱいになるまで堪能できる。貝類に目がない人はたまらないだろう。

さらに、用意されている食材を使って、自分好みの「どんぶり」を作れる「かって丼」コーナーも大人気。新鮮な食材を思い思いに選んで作ったどんぶりは、極上の一品だ。

客室は、全室オーシャンビューだ。南房総エリアでも、唯一海岸通りよりも海側に建つこのホテルならではの、180度を海に囲まれた絶景が拝める。ペット愛好家にとっては、ペットルームの用意も嬉しい。

南房総白浜温泉 白浜オーシャンリゾート

アクセス:東京・横浜方面より、車で約2時間
引用: 南房総白浜温泉 白浜オーシャンリゾート 公式サイト

鴨川シーワールドホテル

鴨川シーワールドといえば、日本でも有数の有名水族館であるが、この水族館のオフィシャルホテルが『鴨川シーワールドホテル』だ。海ほたるPAより車でおよそ1時間と10分。千葉市内から1時間20分で到着する。このホテルに宿泊中、利用客は何度でも鴨川シーワールドに入場することが可能だ。

真偽のほどは定かではないが、ディズニーランドの地下通路を使って園内を散策していたという、かのマイケル・ジャクソンのように、ホテルから水族館への入退場も専用通路を使って行う。ちょっとしたVIP気分を味わえるかもしれない。

ゲストルームは、全室でオーシャンビューの開放感とゆとりある明るい客室となっている。和室を基本とするが、ホテルのフロア最上階に位置する特別室501号室のみ唯一の洋室だ。角部屋となるここからは、広大な太平洋とシーワールドまでの景色を一望できる。

また、汲み上げられる鴨川温泉「なぎさの湯」は、わずかに硫黄が香る含硫黄のナトリウム塩化物・炭酸水素塩冷鉱泉だ。男女入れ替え制の大浴場は「庭園風呂」と「クリスタル風呂」の2種類。多くの効能があるとされるこの温泉で、日々の疲れをゆっくりと癒そう。

鴨川シーワールドホテル

アクセス:海ほたるPAより車で約1時間10分
引用:鴨川シーワールドホテル 公式サイト

* * *

東京都心からも近く、アクセスの良さも抜群な千葉県。日帰りでも良いが、せっかくなら何泊かして千葉県の魅力を堪能したいもの。

今回紹介したホテルはほんの一部だ。お気に入りのホテルを見つけて、千葉の美食と温泉に酔いしれてほしい。



【日本最大級】楽天トラベル





千葉県のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. クルマで行きたい、伊勢の旅館
  2. 独特なグルメの名店…クルマで行きたい、愛知のグルメス…
  3. あまり知られていないかも…クルマで行きたい、埼玉のグ…
  4. 日帰りでも食べに行きたい…クルマで行きたい、札幌のグ…
  5. クルマで行きたい、札幌の旅館
  6. 宿泊だからこそ楽しめる魅力がたくさん…クルマで行きた…
  7.  クルマで行きたい、新潟の旅館
  8. 楽しい、美味しい、ネオンの街…クルマで行きたい、大阪…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP