HOTEL

海外からの注目度No.1の県…クルマで行きたい、高松のホテル

今、世界から注目を浴びる観光地が高松だ。オランダの大手旅行予約サイトであるブッキングドットコムが発表した2020年に訪れるべき観光地に、高松は日本の都市として唯一選出されたのである。

そこで今回は、ホットなエリアである高松の、車で行きたいホテルを紹介する。



ザ・チェルシー・ブレス

『道後hakuro』は、2020年7月15日に開業したばかりのホテルだ。

国内でも有数の温泉地として知られている道後温泉街に立地し、松山ICより国道33号線から南環状線を走っておよそ25分。川内ICから来るのであれば、国道11号線を35分ほど走るとホテルが見えてくる。

温泉街にあるホテルだから、モダンなテイストのホテルであるべき。

そんな固定観念を覆してくれる客室を備えたこのホテルは、コンパクトかつスタイリッシュな3タイプのゲストルームを用意している。

ダブルベッドルームと2種類のツインベッドルームには、シモンズ社製のベッドを導入。心地よい睡眠を提供してくれる。

車いすに対応したバリアフリーのユニバーサルツインも用意し、多くのニーズに応えた。

温泉は、もちろん天然の道後温泉だ。

男湯/女湯共に特徴的な庭園を備える露天風呂と、内湯では高松の伝統的な色とアート左官を組み合わせた壁画が出迎えてくれる。

ホテル1階フロントには、「Nest Lounge」隣接する。

観葉植物やこだわりのインテリアを並べた空間は開放的で、ポップ・インダストリアルをコンセプトに掲げたこのホテル独自のデザインだ。

だからだろう、どことなく急成長を遂げたIT企業のオフィスを思わせる作りで、旅行プランの計画やリモートワークもはかどること請け合いだ。

ザ・チェルシー・ブレス

アクセス:高松西ICから車で約15分
引用:ザ・チェルシー・ブレス 公式サイト

高松自動車道高松西ICからおよそ20分、JR高松駅より車で3分という好立地にそびえる『ホテル川六 エルステージ高松』は、安心・安全・利便性をキーワードに、細かな部分まで徹底したシティホテルである。

全館禁煙、免震構造となっているエルステージ館は、合計106室ある客室の全てがシングルとなっている。特注のセミダブルベッドを用意し、おもてなしにも抜かりはない。

館内には、女性の一人旅がより安全なものとなる女性専用フロアも。

こちらの客室には、加湿器付きの空気清浄機や自由にカスタマイズできるアメニティセットなど、女性に嬉しいサービスが満点だ。

本館は、現在大規模な建て替え工事が行われている。完成は2022年7月を予定しているので、こちらも待ち遠しい所だ。

食事は、調理風景を目の当たりにできるオープンキッチンより提供される、和洋バイキングが自慢。

特に、その場で焼き上げるベーカリーの人気が高く、漂う香ばしさに日頃疲れてなくなっていた食欲も復活間違いナシである。

館内設備として、FAXやコピー機のサービスも。

あまり考えたくはないが、旅先での急な仕事にも対応可能だ。

ホテル川六 エルステージ高松

アクセス:高松自動車道高松西ICから車で約20分
引用:ホテル川六 エルステージ高松 道公式サイト

高松国際ホテル

昭和39年に創業、東京オリンピックの開催をまじかに控えた1964年10月。

四国初の本格的なホテルとしてオープンした老舗ホテルが、ここ『高松国際ホテル』である。

高松自動車道高松中央ICよりおよそ10分の場所に立ち、宿泊客用の無料平面駐車場は24時間利用可能で、250台分を用意している。

高松市郊外という立地であり、繁華街の喧騒は聞こえてこない。

静かな雰囲気の中、思い思いの時間を過ごすことができるだろう。

客室は、スタンダードなシングルルームやダブルルームを始め、本館5階フロアにはスイートルームも。

オープン以来、皇室を始め多くのVIPも愛用してきた歴史と伝統あるスイートでは、特別で素敵な一日が約束される。

また、館内のレストラン「ぐりる屋島」では、瀬戸内の美食を贅沢につかった西洋料理と日本料理が味わえる。

厳選された食材と共に、ソムリエ拘りのワインを頂こう。

食事の後は、ティー・ラウンジでほっと一休み。

コーヒーやフレーバーティーで、会話に華が咲くはずだ。

高松国際ホテル

アクセス:高松自動車道高松中央ICから車で約10分
引用: 高松国際ホテル 公式サイト

* * *

瀬戸内の温暖な気候の中、ゆっくりと巡る高松は格別だ。讃岐うどんで有名な高松だからこそ、朝食に近場でうどんを食べて、街中のアート巡りなんて楽しみ方もできる。

高松を満喫するなら、ホテルを取ってのんびり車で散策したいものである。




【日本最大級】楽天トラベル





高松のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!

関連記事

  1. 九州のヨーロッパ…クルマで行きたい、長崎のホテル
  2. クルマで行きたい、静岡の旅館
  3. 西日本最多のゲレンデ数…クルマで行きたい、兵庫のスキ…
  4. 海産物を食べたい…クルマで行きたい、和歌山のグルメス…
  5. 何度も行きたくなるグルメ王国…クルマで行きたい、宮城…
  6. クルマで行きたい、香川の旅館
  7. クルマで行きたい、九州のグランピングスポット
  8. クルマで行きたい、長崎の旅館

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP