CAMP・GLAMPING

クルマで行きたい、関東のグランピングスポット

本格的なアウトドア用品を揃えることなくアウトドアが楽しめるとして、近年注目のグランピング。グランピング用に設置されたテントには、ベッドや冷暖房といった快適装備が設置され、アウトドア初心者でも気軽にアウトドアを満喫できる。そして、関東エリアもまた、アクセスも良好で素敵なグランピングスポットが揃うエリアだ。そこで今回は、関東エリアにある車で行きたいグランピングスポットを紹介する。

サーカスアウトドア

中央自動車道上野原ICより、車でおよそ1時間。東京の中でも自然豊かな奥多摩エリアに、全国でグランピングイベントを主催してきた『サーカスアウトドア』が初めて常設のグランピングサイトを作った。

宿泊施設として設置された5張りのテントは、サーカスをモチーフにした特徴的なインテリアが与えられている。さらに、宿泊プランにはディナーとブレークファーストが付属しており、世界中から厳選した食材を1流シェフがコース料理に調理してくれる。

また、奥多摩湖周辺はドライブスポットとしても絶好のロケーション。開放的な湖畔のドライブは、東京にいることを忘れさせてくれるに違いない。

サーカスアウトドア

アクセス:中央自動車道上野原ICより車でおよそ1時間
引用: サーカスアウトドア 公式サイト

バブ リゾート 長生 ヴィレッジ

首都圏中央連絡自動車道茂原長南ICより、車でおよそ20分の場所にある『バブ リゾート 長生 ヴィレッジ』では、駐車場も30台分を完備している。

2019年にオープンしたこの施設は、小学校跡地を利用した広大な敷地が自慢。その広さは、およそ東京ドーム1個分にも相当するという。

広々としたフィールドの中で楽しめるアクティビティは、夏の昆虫採集や春の苺狩りなどなど、季節や天気によって異なるが1泊平均10個と充実。内容は運営側でプランニングしてくれるので、当日までのお楽しみだ。

また、宿泊施設は1日3組限定のスイートテラスとグランピングテントを設置する。夜のお楽しみであるバーベキューは、地元の食材をふんだんに味わえる本格派。大人から子供、年齢を問わずはしゃぐことができるグランピングスポットだ。

バブ リゾート 長生 ヴィレッジ

アクセス:首都圏中央連絡自動車道茂原長南ICより車でおよそ20分
引用:バブ リゾート 長生 ヴィレッジ 公式サイト

スノーピーク観音崎

神奈川県の三浦半島、オーシャンフロントのグランピングスポットが『スノーピーク観音崎』である。その名前の通り、アウトドアの総合メーカーであるスノーピークが運営を行っているグランピングスポットだ。

スノーピーク提供のグランピングスポット独特の宿泊施設として、モバイルハウス「住箱-JYUBAKO-」を設置。「大自然でラグジュアリーな宿泊体験」を掲げるスノーピークでしか味わえない、贅沢な1時を満喫できる。

また、三浦半島・観音崎ならではの料理も魅力だ。豊富な海産物や地場の食材は絶品。東京湾を一望できるデッキで、使う食器も全てスノーピーク製。彩り豊かなメニューが、ワンランクアップする。

アクセスは、横浜横須賀道路を経由して都心よりおよそ1時間だ。駐車場は、140台分を完備している。

スノーピーク観音崎

アクセス:横浜横須賀道路を経由して都心よりおよそ1時間
引用:スノーピーク観音崎 公式サイト

長瀞オートキャンプ場

『長瀞オートキャンプ場』は、埼玉県の秩父群で女性やアウトドア初心者に人気のグランピングスポットだ。1級河川である荒川に隣接しており、お洒落でほんの少し贅沢かつ快適なキャンプを手軽に楽しめる。

テントサイトやオートキャンプサイトの他、グランピングサイトには2張りの屋内グランピングテントと6棟のグランピングコテージを設置。コテージは今後、更に2棟増える予定だ。

いずれも、室内には豪華な寝具付きベッドや各種調度品を設置する。基本的には、ログハウスのように木のぬくもりを感じられる作りとなっており、日常を忘れてゆっくりとグランピングの雰囲気に浸れるだろう。

長瀞オートキャンプ場

アクセス:関越自動車道・花園インターチェンジから車で約20分
引用:長瀞オートキャンプ場 公式サイト

* * *

多くのグランピングイベントを主催してきた組織が満を持して始めたグランピングサイトや、学校跡地を使った広大な敷地内でアウトドアが楽しめるスポット。さらには、神奈川県・観音崎の美味しい食材を堪能できるスポットなど、多くの魅力的なアウトドア施設が集まる関東エリア。素敵なグランピングスポットが集まる関東エリアに足を伸ばして、グランピングの非日常感を味わってほしい。

【日本最大級】楽天トラベル





関東エリアのレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. 路面電車の街、広島を旅する…クルマで行きたい、広島のホテル
  2. クルマで行きたい、千葉の旅館
  3. うどんだけじゃない美食に溢れる県…クルマで行きたい、…
  4. クルマで行きたい、鳥取の旅館
  5. クルマで行きたい、函館のグルメスポット
  6. 東京の離島を楽しもう!東京の島にある民宿紹介!
  7. クルマで行きたい、九州の旅館
  8. 海山両方ぜいたくに…クルマで行きたい、千葉のホテル
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP