CAR

‌‌ホンダの人気クロスオーバー ヴェゼルが新型に 2021年4月より販売を開始

2021年2月18日、ホンダが今年の4月に発売予定の新型ヴェゼルを発表。世界に向けたお披露目は、オンラインで行われた。販売価格は明らかになっていないが、ガソリンとハイブリッドの2本建て、4グレードでの展開となるようだ。

新旧のテイストを感じさせるデザイン

オンライン発表会で、新しくなるヴェゼルの姿を見て驚いた人も多いだろう。それもそのはず、2代目となるヴェゼルはガラリとそのデザインを変えて登場したからだ。

3代目のフィットをベースにデザインされていた先代。新型では、その面影はほとんど残されていない。モデルチェンジしたとはいえ、キープコンセプトでデザインを引き継ぐモデルも多い昨今、これはホンダのチャレンジにも思えてならない点だ。

しかしながら、新型ヴェゼルのデザインにはどこか懐かしいものを感じざる得ないのもまた事実。この懐かしさは、これまで販売されてきたホンダラインナップのテイストを上手く新型ヴェゼルに違和感なく落とし込んでいることが要因となっているという。

例えば、昨年マイナーチェンジを受けたオデッセイや現行型フィットに用いられているような今風の本田デザインと、アコードワゴンや5代目のシビックに見られたようなクーペ風デザインをインスパイアしているのだ。

新旧の本田デザインをミックスし、SUVとしてのクリーンな力強さをプラスすることでデザインされたのが新型ヴェゼルの新しいエクステリアということになる。

クーペスタイルを強調しつつ、フロントシートからの明瞭な視界確保のためスリーク&ロングキャビンを採用。フロントグリルをボディ同色とすることで、“塊感”を向上させている。ホンダのデザイン力は青天井――そう思わせてくれる仕上がりなのではないだろうか。

1.5Lガソリンエンジンとハイブリッドのe:HEVをラインナップ

冒頭少し触れているが、新型ヴェゼルに搭載されるパワートレーンは1.5LのDOHC V-TECエンジンと、EV走行を始めとして多くのドライブシステムを駆使する2モーター式ハイブリッドシステムであるe:HEV採用のハイブリッドモデルの2種類を設定。ガソリンモデルには、トランスミッションとしてCVTが組み合わせられる。現代SUVの神器となりつつある、ヒルディセントコントロールの採用も忘れない。

ハイブリッドモデルのe:HEVでは、ハイブリッドならではの力強いアクセルレスポンスが楽しめる他、ノーマル・スポーツ・ECONという3種類の走行モードを選ぶことができる。さらに、アクセルリリース時の減速の強さをレンジによって選択することが可能だという。

また、4WD駆動モデルにおいては、リアルタイム4WDを採用。これは、路面状況や天候に左右されず安定したドライブを可能にする装備だ。この技術は、特にハイブリッドモデルであるe:HEVへの恩恵が大きく、エンジンの特徴の1つであるリニアに発生するトルクを4輪へ最適に配分することで、環境を問わず楽しい走りを実現することができる。

技術の発展は進んでも、新型ヴェゼルがSUVであっても、運転の根本的な“愉しさ”は忘れない本田らしい部分が反映されている点だといえる。

初採用のソフトも数多く搭載

新型ヴェゼルでは、ハード面だけでなくソフト面でも大きな進化を遂げている。まず、車載の通信モジュールとして新世代のコネクティッド技術を採用したHonda CONNECT(ホンダコネクト)を搭載した。

ユーザーは、このホンダコネクトを通じて、ドライブをより安心で快適なものにするHonda Total Careプレミアムを使うことができる。このサービスは、サブスクリプションサービスとなっており、最短1ヵ月から利用可能だ。

また、ナビゲーションシステムを自動で更新する自動地図更新サービスを採用。意外なことだが、このサービスはホンダ車としては初めて採用されたものだ。そのほか、スマートフォンをキーの代わりとして使えるHondaデジタルキーや車の中に居ながらwi-fiを利用できるようにする車内wi-fiなど、多彩な機能を充実させた。

ホンダ ヴェゼル

※ ※ ※

ヴェゼルといえば、ホンダが展開する現行のラインナップの中でもかなりの人気車種であった。しかしながら、「売れすぎた」N-BOXのおかげでどこか影が薄くなり、ホンダブランドそのもののイメージすら薄まっていたのも事実。F1からも撤退し、ホンダが自動車メーカーとして何らかの変革を行う時期に差し掛かっているのだろう。そんな中、登場する新型ヴェゼルはこれまでのホンダと今のホンダ、そして未来のホンダの姿を象徴する1台になるのではないだろうか。販売価格含め、楽しみなモデルである。

関連記事

  1. 【ダチア ロガン】人気低コストセダン が2021年モデルへアップ…
  2. ボルボ P1800が現代の技術を搭載して『P1800 シアン』と…
  3. ホンダの北米法人が11代目となる新型シビックのプロトタイプを公開…
  4. Y31シーマ バブルに湧いた時代があった…
  5. 【REVIEW】RAV4 PHVは燃費性能だけがウリではない
  6. 【日産 キックスe-POWER】エクステリアデザインに込められた…
  7. ルノーが新型EV メガーヌ イーヴィジョンのプロトタイプを公開 …
  8. 第3章 本格ファミリーカー「COROLLA」とRT-X「TOYO…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP