GOURMET

四国屈指の美食の宝庫…クルマで行きたい、高知のグルメスポット

高知県は、太平洋に面し高知山脈に囲まれた四国屈指の美食の宝庫である。伝統的な漁法で釣り上げるカツオを筆頭に、その知名度はいわずもがなであろう。

そこで今回は、高知県を代表するご当地グルメ・カツオのタタキをはじめとして、車で高知県を訪れた際は絶対に足を運びたい絶品グルメスポットを紹介する。

やいろ亭

全国的に、高知県のご当地グルメとして有名なカツオのタタキ。その発祥にはいくつかの説があり、慶長6年に当時の土佐藩主が食中毒を恐れ、食べ物を生で食べることを禁止。そのため、魚介類も全て火を通して食べるようになったが、大量のカツオを調理した中には火が十分通っていないものがあり、それが美味だったことから表面だけを炙って食べる方法が広まったのだとか。添えられるニンニクは、殺菌を狙ったものだ。

一般的にはポン酢を掛けて食べられるカツオのタタキだが、高知流は塩とニンニク。新鮮なカツオが豊富に水揚げされる、高知県ならではの食べ方だ。

四国横断自動車道高知ICより、車でおよそ15分。高知県高知市で、魚介類が集まる場所がひろめ市場である。飲食店がおよそ40店、土産物屋をはじめとする物販店が20店ほど集まるこのひろめ市場は、いわば大きな屋台村だ。

その中で、カツオのタタキを自慢とするのが『やいろ亭』。塩かタレでいただくカツオのタタキは、厳選された新鮮なカツオを藁焼きにした絶品。カツオの力強い赤身ともっちりとした歯触りは、1度食べたら病みつきだ。

やいろ亭

アクセス:四国横断自動車道高知ICより車でおよそ15分
引用: やいろ亭 公式サイト

四万十屋

高知県西南部、日本最後の清流・四万十川。そこで獲れる国内最高の食材が、天然のうなぎである。筒状の仕掛けを用いる、伝統のコロバシ漁で捕獲される四万十川のウナギは、養殖ウナギとは比較にならない値段で取引される最高級品である。

四万十川で獲れたウナギは、弾むような弾力と味が強いのが特徴。そのため、腹開きにして焼く関西風の調理法が用いられることが多いという。

高知自動車道須崎東ICより、車でおよそ1時間30分。四万十川のほとり、川漁師が営む名店が『四万十屋』である。昭和42年創業の老舗である四万十屋は現在でも川漁師が出入りし、グルメ漫画『美味しんぼ』にも登場したこともある。

2階建ての建物の1階は四万十川流域の名産やお土産を販売する売店、2階が四万十川料理の食事処となっている。看板メニューはやはり、四万十川で獲れたウナギを使った料理の数々だ。

「うなぎの蒲焼き定食」をはじめ、「うなぎ丼」や「うな重」はここでしか食べられない贅沢な逸品。年々漁獲量が減っているという天然ウナギを、四万十川の恵み感謝しながら頂こう。

四万十屋

アクセス:高知自動車道須崎東ICより車でおよそ1時間30分
引用:四万十屋 公式サイト

土佐料理 たたき亭

その姿かたちから、海のギャングとも呼ばれるウツボ。あまり食材として見かける機会はないが、高知県の土佐市ではカツオと並んで古くから食材として好まれているという。

ウツボの身自体は、地鶏に近い歯ごたえがある。皮と身の間にはゼラチン質があり、この層が濃厚な旨味を持っている。しかしながら、捌くのが非常に困難で熟練の技術が必要。この扱いづらさも、全国的に普及していない要因の1つだ。

そんなウツボの処理を独自の技術で生み出したのが、昭和47年創業の老舗『土佐料理 たたき亭』だ。高知自動車道高知ICより、車でおよそ10分。この店は名前の通り、ウツボのたたきの元祖である。

メニューの中の一つ「うつぼタタキ」は、捌いて内臓などを取り除いたウツボを寝かせ、柔らかくなった所で焼いた1皿。ポン酢を掛けて薬味と一緒に頂くと、独特の触感とゼラチン質の旨味がいっぱいに広がる。

また、合わせて頂きたいのが「うつぼのひれ酒」だ。ふぐやアンコウの骨酒はさして珍しいものでもないが、ウツボのひれ酒となれば話は別。ほどよくアルコールを飛ばした日本酒と天日で乾燥させた後、焼かれたウツボの香ばしさが堪らない。

土佐料理 たたき亭

アクセス:高知自動車道高知ICより車でおよそ10分
引用:土佐料理 たたき亭 公式サイト

* * *

高知県を代表するご当地グルメ・カツオのタタキを始めとして、清流四万十川の極上うなぎ、珍味のウツボなど、多くのご当地グルメに溢れる。

だがしかし、今回紹介しきれなかった郷土料理やいわゆるB級グルメは他にもまだまだ存在している。車で訪れた際は、是非とも高知県ならではの味を堪能ほしい。

【日本最大級】楽天トラベル





高知県のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. クルマで行きたい、岩手の民宿
  2. 【沖縄の対象店舗】GoToイートキャンペーンで南の島でリッチな食…
  3. 涼しくなってきた今こそ極めたい…キャンプに必須のモー…
  4. 広大な自然の地を堪能!クルマで行きたい北海道のホテル
  5. クルマで行きたい、岐阜の旅館
  6. クルマで行きたい岡山のグランピング
  7. クルマで行きたい、東北のグランピングスポット
  8. クルマで行きたい宮崎のグランピングスポット

おすすめ記事

Category



PAGE TOP