CAR

フェラーリ SF90スパイダーを発表 プラグインハイブリッドを搭載したオープントップモデル

2020年11月12日、フェラーリからSF90スパイダーがワールドプレミアされた。この新型SF90スパイダーは、SF90ストラダーレのオープンモデル。ストラダーレがそうだったように、SF90スパイダーにもプラグインハイブリッドシステムを搭載したパワートレーンが採用される。

14秒で開閉可能なハードトップを搭載

SF90ストラダーレがオープントップになってSF90スパイダーとなったのであれば、当然最大の特徴は開閉可能なルーフ。つまり、電動格納式リトラクタブル・ハードトップが採用されたことであろう。

このリトラクタブル・ハードトップは、静粛性も高い上にアルミニウム素材を多く用いることによって従来のリトラクタブル・ハードトップと比べておよそ40kgの軽量化に成功しているという。

フェラーリが初めて電動格納式のハードトップを採用したのは2011年にデビューした458スパイダーである。それ以来、進化を続けていたこの技術は、格納スペースを100Lに抑えてるという省スペース化も実現。

非常にコンパクトかつ、軽量。走行中であっても開閉が可能であり、およそ14秒で開閉を完了してしまう。併せて、調整ができる電動式のリアウィンドウも搭載した。

また、デザインにおいてはSF90ストラダーレが元々持っていた美しさを損なわないように細心の注意を払って微調整された。ルーフのトップはストラダーレに比べて20mm低くなり、コクピットを僅かに前方にスライドさせ、フロントのウィンドウを更に傾斜させている。

さらに、格納スペースを極限までコンパクトにしたことで、リアウィンドウを通してエンジンを見ることが可能に。搭載されるフェラーリ製V8エンジンの姿は、リトラクタブル・ハードトップを展開していても、格納していてもその存在を確かめることができる。

システム総合で1,000psを発揮するパワートレーン

SF90スパイダーに搭載されるパワートレーンは、SF90ストラダーレと共通だ。フェラーリの長い歴史の中で、初めて採用されたプラグインハイブリッドシステム擁するパワートレーンは、エンジンに加えて3基のモーターにより駆動する。

このモーターの内、2基はフロントアクスルの左右に配置され、1基をエンジンとギアボックスの間に設置。

完全電動モードである「eDriveモード」で25kmの走行を可能にし、前輪モーターのみでも135km/hの最高速度を発揮することができる。

内燃エンジンは最高出力780psを生み出す4.0L V型8気筒ガソリンターボエンジンだ。220psを発揮するモーターと組み合わせたシステム総合出力は、1,000ps/最大トルク900Nmを誇る。このパワートレーンに、デュアルクラッチの8速自動マニュアルトランスミッションを組み合わせた。

モーターや前述したリトラクタブル・ハードトップの電動機構を搭載しているため、SF90ストラダーレに比べると車重は増加している。およそ100kg増えた1,670kgだ。

しかしながら、最高速度はストラダーレと同じ340km/hを確保した。0-100km加速も同様の2.5秒である。

F1のノウハウを詰め込んだ機能的なボディ

エクステリアで特徴的なのは、車体前方のボルテックスジェネレータであろう。これは、最新のF1よりノウハウを得た装備であり、SF90スパイダーのエアロダイナミクスを極限まで引き上げるものだ。

後部に発生するダウンフォースとのバランスを最適に配分。シャシーの前部を15mm引き上げることで、流入するエアの量と整流効果を高めている。

2分割されたフロントバンパーは、それぞれがウイングとしての機能を与えられている。バンパー上部とボンネットの間に施された凹みがディフューザーとしての効果を発揮する。

また、インテリアにおいてはデジタルコックピットが採用されている。

インストルメントクラスターの内1つが16インチのデジタルHDであり、ドライバーの視認性を高めるべく湾曲しているのがポイントだ。

※ ※ ※

SF90スパイダーは、まずヨーロッパでデリバリーを開始した後で各国のフェラーリファンに届けられる。販売価格は47万3,000ユーロ、日本円でおよそ5,872万円だ。SF90ストラダーレよりも、走行中の爽快感を増したSF90スパイダーもまた、フェラーリのトップ・レンジであることは間違いないだろう。

関連記事

  1. 【CG】半世紀に渡る歴史が色濃く残るスポーツカーのアイコン
  2. 直列5気筒縦置き「FFミッドシップ」レイアウトが生み出した個性派…
  3. 【メルセデス・ベンツ Eクラス】マイナーチェンジ、AIによる学…
  4. 【北米ホンダ リッジライン】さらなるタフさを携えて2021年モデ…
  5. ロールスロイス ゴーストがフルモデルチェンジ 磨きが掛かった“魔…
  6. 【BMW M3セダン M4クーペ】新型を発表 縦長グリルが目を惹…
  7. 一度は廃版、その後の曲折を経てバブル期に蘇った“美しき清楚な淑女…
  8. 第3章 いすゞのラグジュアリークーペ「ピアッツァ」とセダン「ジェ…
シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP