SKI RESORT

天気にも恵まれたい…クルマで行きたい、宮城県のスキー場

豊かな自然の景色や温泉も多く、人気の観光地でもある宮城県。冬には、その降雪量からウインタースポーツのメッカとしても多くのスキーター・ボーダーが訪れる。

今回は、そんな宮城県にある車で行きたいスキー場を紹介する。

スプリングバレー泉高原

『スプリングバレー泉高原スキー場』までは、仙台宮城ICより一般道を経由するか、泉ICで高速を降りて、国道と県道を乗り継いで行くルートが基本となる。ETC搭載車であれば、泉PAのスマートICを使って国道457号線から県道223を使うのが便利だ。

移動中は、目的地に注意。スプリングバレー泉高原は、泉ヶ岳スキー場と間違われやすい。スプリングバレー泉高原は泉ヶ岳スキー場のさらにその奥、およそ4キロ先にあるからだ。

このスキー場は、宮城県仙台市中央部より北西、泉ヶ岳の北東斜面に位置する。仙台平野から太平洋、遠くには松島までを見通せるロケーションにある。柔らかく軽い雪質が特徴的なゲレンデであり、人工降雪機も設置。コースのコンディションが非常に安定していることでも知られている。

4基のリフトには、移動時間を大幅に短縮してくれる高速クワッドリフトを含む。コースは全12コース構成となっており、最長滑走距離は1,400メートルを誇る。中には、標高差95メートル、最大傾斜36度の難コース「クレッセントシュートコース」も。初級者から上級者まで大満足できるスキー場だ。

また、ベースにあるレストランフロア1階には、今冬新たに「まるでん食堂」と「GELANDE GOURMET CURRY」がオープン。

スキー場グルメも心行くまで堪能できるスキー場だ。

スプリングバレー泉高原

アクセス:宮城県市街地から車で約40分
引用: スプリングバレー泉高原 公式サイト

オニコウベスキー場

宮城県大崎市鳴子温泉鬼首のスキー場『オニコウベスキー場』。東北自動車道古川ICが最寄りインターだ。高速を降りたら、鳴子温泉駅方面へ国道47号線を走り、国道108号線花渕山バイパスを抜けてスキー場へ向かおう。古川ICからの所要時間は、およそ1時間の距離である。

ゲレンデに設置されたコースは、全部で8つ。これにそり遊びやスノーチューブが楽しめる「ファミリーゲレンデスノーパーク」と、「未圧雪ゾーン」、土日祝と年末年始にナイター滑走が楽しめる「ナイターゲレンデ」が加わる。

滑りの熟練度問わず、一度は滑っておきたいのが「フォレストロード」だ。その名前の通り、ブナ林の間を駆け抜けるこのコースは雪質も良く、遮るもののない大パノラマが眼前に広がる。ブナの樹氷が生み出す幻想的な風景に、気を取られて転倒しないように注意だ。

また、ゲレンデの目の前にはスイスシャレー風の「ホテル オニコウベ」が建つ。一日中、時間いっぱい使ったスキー旅行を楽しみたい人も安心だ。ちなみに、ここの展望露天風呂は日帰り入浴もできる。

宿泊客でなくても、アフタースキーは温泉でゆっくり身体を温めて帰ることが可能だ。

オニコウベスキー場

アクセス:古川ICから車で約1時間
引用:オニコウベスキー場 公式サイト

みやぎ蔵王えぼしスキー場

仙台駅より車でおよそ60分。

『みやぎ蔵王えぼしスキー場』までは、東北自動車道村田ICか白石ICが最寄りインターとなり、どちらも高速を降りておよそ30分の場所に位置している。

冬季でも、スキー場があるえぼしリゾートへ向かう道路には、対策としてアスファルトの下にお湯が通っているパイプが通してある。融雪道路は、積雪がある路面に比べれば安心感は段違いだ。無料の駐車場は3000台を完備し、雪道の運転に自信がない人にも優しいスキー場である。

ゲレンデ内には、初級から上級者向けに分けられた3タイプ、全12コースが設置されている。最大滑走距離は4,300メートルとなっており、「ダイナミックコース」では太平洋までを見通しつつ宮城県内でも屈指のロングライディングが楽しめる。

リフトはゲレンデ内に6基設置されているが、その内「ジャンボリフト」を使って昇る標高1,350メートルの位置まではナイターに対応。朝から晩までスキー三昧が楽しめるようになっている。

また、このスキー場ではゲレンデ飯にも注目だ。ゴンドラハウス内の「レストランえぼし」では豊富なメニューをが揃うが、特に宮城県蔵王のブランド豚をつかった「JAPAN Xの豚丼」がイチ押しメニュー。

お腹を満たしてスキーを楽しんで、心も体も大満足だ。

みやぎ蔵王えぼしスキー場

アクセス:仙台駅より車で約60分
引用:みやぎ蔵王えぼしスキー場 公式サイト

* * *

県内に多くのスキー場を抱える宮城県。

今回紹介したゲレンデの他にも、宮城でのスキー発祥の地と言われている上野々スキー場を始めとして、数えきれないほどのスキー場が点在している。

宮城県のスキー場で、冬の楽しみを満喫してほしい。

【日本最大級】楽天トラベル





宮城県のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. 伊達政宗の地…クルマで行きたい、宮城のホテル
  2. 西日本最多のゲレンデ数…クルマで行きたい、兵庫のスキ…
  3. クルマで行きたい横浜のグランピングスポット
  4. 日本海で水揚げされる海産物と松江の宍道湖も美食の宝庫……
  5. 東京でGoToイートキャンペーンを使ってお得に美味しいお肉を食べ…
  6. クルマで行きたい、福井の旅館
  7. 御朱印マニアには最高すぎる…クルマで行きたい、奈良の…
  8. 海産物の宝庫…クルマで行きたい、青森県のグルメスポッ…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP