CAR

【ジープ レネゲード】初!人気モデルにPHV追加

2020年7月20日、フィアット・クライスラー・オートモービル傘下にあるジープは、レネゲードにブランドでも初となる「4xe(フォーバイイー)」を追加することを発表した。販売開始は今年の9月となる見込みだ。

PHVのレネゲードは3グレード展開

レネゲードは、ジープのランナップの中でも、特に欧州での存在感を飛躍的に高めたヒット作である。今回、そんなレネゲードに電動モデルの4xeが追加され、ジープブランドにおける電動化の旗頭となる。

ジープは、これから2年をかけて電動化を推し進めるとしている。2022年までにPHVモデルを10種投入し、EVモデルも4種リリースしていく予定だ。

ハイブリッドのくくりでいえば、レネゲードに先駆けてラングラーにマイルドハイブリッドが搭載されている。

しかし、PHVでは完全新規モデルとなったレネゲードは、ジープが企業として掲げる「世界で最も環境にやさしく、最も持続可能なSUV企業」という社是を体現したモデルとなった。

3グレード展開となるレネゲード4exは、オーナーがレネゲードをどのように使うかによって好みのチョイスを可能にした。

グレード リミテッドおよびロンジチュードは、日常的な街乗りに最適化されたモデルであるとされ、グレード トレイルホークは悪路走破性を磨きぬいたオフロード仕様となる。

販売価格は、ロンジチュードが日本円でおよそ450万円~、リミテッドが470万円~、トップグレードとなるトレイルホークが500万円~となっている。

EV走行では50kmの航続が可能

電動化されたパワートレーンは、4WDモデルレネゲードのフレームを改良し、1.3L 4気筒のターボエンジンに、電気モーターを組み合わせる。

システム総合での最高出力は、ロンジチュードとリミテッドで190PS、トレイルホークでは240PS。最大トルクは全てのグレードで27.5kg-mを発生させる。さらに、エミッションフリーでの最高速度は130km、バッテリーのみでの航続可能距離は50kmを実現した。

また、バッテリーをリアシート下部センタートンセル内に格納したため、燃料タンクの容量は39Lへ。この辺りは、PHVならではの変更といえるだろう。

ちなみに、レネゲード4exは、全車で4WDモデルとなる。同時に、eAWDモードを備える新たなテレクテレイン・ロータリー・コントロールを搭載しているため、オート/スノー&マッド/サンド/ロック/スポーツと、幅広い走行シーンに対応することが可能だ。

Jeep:レネゲード

コネクティビティや安全装備も強化

エクステリアに目を向けてみると、通常モデルのレネゲードとほぼ変わらないものの、細かい部分で変更が加えられている。電動化モデルであることを表すブルーカラーのバッジを始め、青色のアクセントが散りばめられる。プッシュ式カバーに覆われた充電ポートもPHVならではの装備だ。

ボディカラーは、最大18色の中から選ぶことができ、グレード トレイルホークには専用色としてグリーンが用意された。

また、インテリアでは7インチのTFTカラーディスプレイと、8インチのタッチスクリーンが採用された。コネクティッドとしては、Apple Car Play及び、Android Autoに対応。いずれも標準装備となる。

グレードによりコーディネートは差別化されている。ロンジチュードおよびリミテッドでは、センターコンソールやスピーカーのベゼルにブラック塗装がアクセントそして施される。一方、トレイルホークでは、スポーティなルビーレッドが同じようにアクセントして採用された。

さらに、先進運転支援システムも進化している。衝突警告はもちろんのこと、車線逸脱警告に加え、インテリジェントスピードアシストや交通標識認識や駐車センサーを備える。

オプションにより、ブラインドスポットやリアのバックアップカメラや自動パークアシストなどを搭載することも可能だ。

* * *

従来のレネゲードは、その運転のしやすさから国内でも人気のモデルだ。長きにわたって国内でのジープ最多販売モデルはラングラーだが、このレネゲード4exが日本へ導入されることとなれば、ラングラーの地位を脅かさす存在となるかもしれない。

関連記事

  1. 米 GM キャデラックよりブランド初のEV リリックの詳細が公開…
  2. 【アルファロメオ ステルヴィオヴェローチェ Ti】SUVの202…
  3. 【ホンダ夢の追求】Prologue「前夜」
  4. ランボルギーニ ウラカンEVOにフルオカプセルを追加 大胆なカラ…
  5. LEXUSの源流、伝統の欧州ブランドに比肩すべく挑んだトヨタの上…
  6. 【CG】アルファロメオ・ジュリアは現代に蘇った魔性のスポーツカー…
  7. 【CG】ヒュンダイのグローバルモデル ヴェニューは絶妙なバランス…
  8. 第2章 ラグジュアリースポーツ「117クーペ」と、いすゞの羊「フ…

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP