HOTEL

車で行きたい、北海道の旅館

北海道に次ぐ広大な土地面積を誇る岩手県は、東北地方の太平洋側に位置している。その立地から、山海の幸が豊富で食材の宝庫とも呼ばれている。郷土料理やご当地グルメも多く、麺類の聖地であることも見逃せない。今回は、そんな岩手県にある車で行きたいグルメスポットを紹介する。

銀鱗荘

札樽自動車道朝里ICより、車でおよそ5分。石狩湾を見下ろして、平磯岬の高台に建つ『銀鱗荘』。小樽でも屈指の名観を誇る場所から、海と空、小樽の街並みを一望できる。

小樽市の指定歴史的建造物にも指定された宿は、積丹半島の千石漁場にて栄えた鰊漁の大網元の屋敷を移築したもの。およそ150年に渡って風雨を耐えてきたその姿は、豪壮かつ優美な佇まいだ。

「北の迎賓館」と異名を取る館内には、全部で17の客室を備えている。現存する鰊御殿に宿泊できるというだけでも貴重な体験であるが、壮大な眺めと函館本線が奏でる汽笛の音色やウミネコの鳴き声が旅情をかきたててくれる。

特に、本館特別室である「高砂」は銀鱗荘の魅力が全て詰まった部屋だ。日本の伝統的な建築美と、2間続きの広縁より石狩湾と小樽の景色が美しく伸びる。

食事は北の大地北海道で、食材の宝庫と呼ばれる小樽の美食が並ぶ。魚介を始めとする新鮮な美味を、会席料理とフランス料理に仕立てる。さらに、鰊漁で栄えた小樽の地魚や北海道近海の魚を使った寿司懐石も絶品だ。

自家源泉を保有する温泉もまた、銀鱗荘の自慢だ。地下1300メートルより湧出する平磯温泉は、ナトリウム-硫酸塩・塩化物泉で効能にも恵まれた湯だ。この湯を。100坪の広さを誇る露天や大浴場に滔々と注ぐ。港町小樽ならではの情緒を感じつつ、湯けむりに包まれる。

銀鱗荘

アクセス:札樽自動車道朝里ICより車でおよそ5分
引用: 銀鱗荘 公式サイト

坐忘林

新千歳空港より、車でおよそ2時間。『坐忘林』は、自然がありのままの姿を見せるニセコに、親日家のイギリス人オーナーが造り上げた宿だ。

国内外で高い評価を受ける中山眞琴氏が設計、インテリアはクリエイティブディレクターであるショーヤ・グリッグ氏が手がけた。日本の伝統である和の雰囲気と現代的な雰囲気を融合、周囲の景色に溶け込むようなデザインとなっている。

客室は、それぞれに設えの異なる独立したスイートルーム。全室で、源泉かけ流しの内湯と露天を専用で備えている。部屋の名前は、「MIYUKI」や「YUKIWA」というように、世界でも有数のパウダースノーが降るニセコに相応しい雪の結晶の名前が付けられている。

部屋に引かれた温泉は、敷地内に湧出する100%の源泉かけ流しだ。豊富に湧き出す湯を、檜か巨石をくり抜いて作った湯殿で愉しめる。原生林に囲まれた、手つかずの静寂はここでしか味わえない。

食事は、伝統的な和食の技法をベースとして、独自の発想と感性で造り上げた坐忘林ならではの北懐石だ。作り手の顔が見える食材を厳選し、素材の味を最大限に生かす調理法を選んでいる。

料理の基本にして究極を、エンジニアから和食の道を選んだ異色の経歴を持つ料理長。瀬野嘉寛氏が実現する。落ち着きに満ちた坐忘林の食事処で、北の自然が育んだ味をゆったりと堪能しよう。

坐忘林

アクセス:新千歳空港より、車でおよそ2時間
引用: 坐忘林 公式サイト

登別温泉郷 滝乃家

道央自動車道登別東ICより、車でおよそ10分。『登別温泉郷 滝乃家』は、四季によって彩を変える美しい日本庭園と、登別の自然に抱かれた温泉宿だ。

郷愁のぬくもりに満ちた客室は、湯宿のやすらぎをそのまま再現したもの。気ままな1人旅にも適した絶妙な距離感の洋室を始め、窓を開ければ木の香り漂う内風呂付きの和/洋室。リビングに暖炉を備え、山の緑と庭園の景色を愉しめる和洋室といったバリエーション豊かな部屋を揃えた。

さらに、源泉かけ流しの露天風呂を備える部屋も。ウッドデッキに設置された温泉に浸かりつつ、木立を抜ける風を感じるひと時は都会では決して味わえない贅沢な時間だ。

提供される料理は、創業当時より変わらぬ懐石料理だ。登別の旬を堪能できる創作の味は、海と山の幸を凝縮したもの。日本庭園を望む個室のダイニング「原生林」で、景色も同時に味わおう。

登別温泉郷 滝乃家

アクセス:道央自動車道登別東ICより、車でおよそ10分
引用:登別温泉郷 滝乃家 公式サイト

* * *

北の迎賓館とも呼ばれる豪壮な鰊御殿に宿泊できる旅館を始めとして、ニセコの大自然を身体中で体感できる宿など、一度は泊まってみたい旅館が集まる北海道。ぜひとも北海道まで足を伸ばして、憧れの宿でゆったりとした休日を過ごしてほしい。

【日本最大級】楽天トラベル





北海道のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. クルマで行きたい、福島の旅館
  2. ついに始まったGoToイートキャンペーン 関東対象店舗のご紹介
  3. 火曜ドラマ『この恋あたためますか』で職場の仲間と泊まっていたホテ…
  4. クルマで行きたい、東北のグランピングスポット
  5. クルマで行きたい、熱海の旅館
  6. 温泉、ゲレンデ両方楽しみたい…クルマで行きたい、山形…
  7. 海外からの注目度No.1の県…クルマで行きたい、高松…
  8. クルマで行きたい愛媛のグランピング
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP