HOTEL

クルマで行きたい、福島の旅館

スキーの聖地として、スノーシーズンには多くのスキーヤーが集まる磐梯山や、五色沼に雄大な湖面が美しい猪苗代湖といった豊かな自然が魅力の福島県。ソースカツ丼や喜多方ラーメンなど、多くのご当地グルメにも恵まれたエリアだ。そんな福島観光に欠かせないのが、旅の疲れを癒してくれる宿。今回は、福島県にある車で行きたい、憧れの旅館を紹介する。

熱海荘

磐越自動車道磐梯熱海ICより、車でおよそ5分。『熱海荘』は、新幹線も通る福島県の大都市・郡山の奥座敷としてにぎわう磐梯熱海温泉に位置する温泉旅館だ。

五百川のほとりで、川のせせらぎと風情を感じる客室は数寄屋造りの純京間サイズだ。わずか11室の部屋は、それぞれ趣がことなる設えが施されている。自然素材の温もりと、広々とした居心地良い室内から四季折々の景色の美しさを望む。

バリエーションに富んだ客室の中でも、熱海荘で一番人気の部屋が「清流」だ。部屋に一歩足を踏み入れたゲストが、感嘆の声を挙げてしまうほど美しい眺めが広がる。まるで、五百川の上に部屋があるような不思議な感覚は、この部屋ならではである。

また、温泉は600年以上前に開湯した磐梯熱海のいで湯。滑らかな肌触りが優しい、体を芯から温めてくれる東北が誇る名湯だ。青森ヒバを贅沢に浴室に使い、男湯・女湯でそれぞれ御影石と十和田石を用いた吹き抜けの内湯に、目の前を五百川が流れ雄大な自然に囲まれた露天風呂を用意。2つを行き来して、萩姫伝説にも詠われた名湯を堪能しよう。

食事は、目にも鮮やかな和洋の懐石だ。福島・会津ならではの食文化と郷土の味覚は、料理人の工夫に満ちる。ここでしか味わえない料理は、旅の忘れられない思い出になるはずだ。

熱海荘

アクセス:磐越自動車道磐梯熱海ICより、車でおよそ5分
引用: 熱海荘 公式サイト

藤龍館

東北自動車道白河ICより、車でおよそ1時間。『藤龍館』は、温泉旅館が点在する会津の湯野上温泉、大川渓谷沿いに佇んでいる。

客室は、離れ風のわずか12室のみ。プライベートを重視した隠れ宿を思わせる客室には、全室に専用の温泉風呂が付属する。

純和風の会津建築で、落ち着きあるシンプルな造りの「和室十二畳」を始め、開放的な窓から眼下を流れる美しい渓谷の景色が見られる「渓谷美 和室二間」。一般のお客が立ち入ることの許されない特別フロアで、16畳という広々した空間を備える「特別室 藤月」など、大川渓谷のせせらぎを聴きながら日常を忘却させてくれる部屋を揃えた。

また、藤龍館では神が宿ると伝えられる湯野上温泉を、毎分200Lという豊富な湯量で館内に引き込む。客室に備わる内湯に加えて、貸し切りの露天風呂も利用可能だ。大川渓谷の自然との一体感を感じつつの湯浴みは、マイナスイオンもたっぷり。澄み切った空気を堪能しながら、ゆったりと自分だけの時間を満喫しよう。

提供される料理は、会津の郷土料理をふんだんに盛り込んだ自慢の会津懐石だ。板前自ら旬の食材を厳選し、素朴な味わいながら健康にも良い創作懐石に仕上げてくれる。銘柄牛である福島牛や会津地鶏、馬肉に鮎など地元の食材を贅沢に使った料理はお腹を満たすだけではなく、心の栄養だ。

藤龍館

アクセス:東北自動車道白河ICより、車でおよそ1時間
引用:藤龍館 公式サイト

御宿 かわせみ

東北自動車道福島飯坂ICより車でおよそ10分の場所にある『御宿 かわせみ』。鳴子・秋保と並び、奥州三名湯に数えられる屈指の名湯である飯坂温泉には、摺上川沿いに多くの宿泊施設が軒を連ね風情ある景観を生み出している。

わずか12室のみの客室を備え、離れを含めた1階客室には全室に専用の露天を設置。3000坪にも及ぶという広大な自然林庭園の豊かな自然を間近に感じつつ、ゆったりと温泉を満喫できる。

また、このかわせみ最大の魅力が料理である。提供されるのは、他の宿では決して味わうことのできない「かわせみ流日本料理」だ。提案するのは、食事をするために泊まりがけで出かけてみるというスタイル。

伝統と工夫を融合した集大成を、毎月のスペシャリテ(自信を持って提供される特別な料理のこと)「吟味特選」として献立を構成する。その瞬間に、最も美味しい食材を見極め、月ごとに替わるメニューは、素材本来の地味深さを最大限引き出したごちそうだ。かわせみ流のおもてなしを五感で堪能しよう。

御宿 かわせみ

アクセス:東北自動車道福島飯坂ICより車でおよそ10分
引用:御宿 かわせみ 公式サイト

* * *

郡山の奥座敷・磐梯熱海温泉で伝説にも登場する名湯を堪能できる旅館を始めとして、会津が誇る地元の会席を頂ける宿など、一度は泊まってみたい憧れの旅館が集まる福島県。福島観光の際は、憧れの宿でゆったりとした休日を過ごしてほしい。

【日本最大級】楽天トラベル





福島県のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. 自然豊かなエリアの気になるクルマで行きたい、茨城県のグランピング…
  2. 車で行きたい、栃木の旅館
  3. 海の幸だけじゃない… クルマで行きたい、おすすめの下…
  4. 観光や湯治の人気スポット…クルマで行きたい、群馬のグ…
  5. 古都で季節の移ろいを感じよう……クルマで行きたい京都のグランピン…
  6. クルマで行きたい、関東の旅館
  7. 庶民の味からブランド牛・果物まで…クルマで行きたい、…
  8. クルマで行きたい、埼玉県の旅館
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP