CAR

「メルセデス・ベンツ(自動車)とヴァージル・アブロー(ファッションアート)」コラボプロジェクトの全貌

2020年9月8日(現地時間)に、MercedesBenz(メルセデス・ベンツ)から発表されたのはVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)とのビッグコラボレーションの詳細だ。

自動車とファッションアートのコラボレーションは今までにも存在してきたが、今回のコラボレーションを、楽しみにしていた人は多いのではないだろうか。個性的でお洒落なデザインセンスをもつVirgil Ablohと自動車、それもメルセデス・ベンツGクラスとのコラボレーション。期待が膨らむばかりだ。

2つの歴史

世界的に有名な自動車ブランド、メルセデス・ベンツを知っている人は多いだろう。現在はドイツ、シュトゥットガルトを拠点に、乗用車と商用車の製造、販売をしている。メルセデス・ベンツには複数のモデルが存在し、その中のひとつがGクラスである。他のモデルとは違い、見た目が四角い四駆のような佇まいが特徴的だ。その存在感は圧倒的で外を歩いていて見ない日はないほど、日本でも人気のモデルとなっている。

そんなメルセデス・ベンツGクラスと今回コラボレーションをするVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)は、1980年9月30日にアメリカ合衆国イリノイ州ロックフォードにガーナ系移民の子として生まれる。

大学在学中に建築中の建物の影響で、ファッションに興味を持つようになった。

2009年にフェンディでカニエ・ウェストと同じインターンを務めた、その時にフェンディのCEOでルイ・ヴィトンのCEOでもあるマイケル・バークの目に留まる。

ヴァージル・アブローは2012年に自身の初となる会社を立ち上げたが1年ほどで閉鎖している。そして2013年に、ハイエンドのストリートブランド・オフホワイト(Off-White)を立ち上げた。

ファッション業界でも注目を集めるようになり、日本でも20代30代を中心に、人気のあるストリートハイブランドとなった。昨今は大きなWhiteの文字や太めの斜め線、ビッグサイズが特徴的でシンプルなデザインが流行しているが、オフホワイト(Off-White)は派手なデザインが印象的だ。

有名アーティストやモデル、インスタグラマーがこぞって愛用しているのをSNSで見かけたことがある人もいるだろう。

そんな彼は同時にあの有名ハイブランド、ルイ・ヴィトンのクリエイティブディレクターも務めている。

コラボレーションの全貌

今回のビッグなコラボレーション、そのデザインが明らかになった。

外観は、象徴的なシルエットを強調するために可能な限りそのままのGクラスを保ちつつ、オフホワイト(Off-White)をイメージさせるユニークなものになっている。

一際目立つライト部分の、ばつ印や他にも遊び心満載なデザインである。

内装は、まるでスーパーファミコンを思い出させるようなデザインになっているが、インスピレーションはレースだという。

アクセントカラーの使い方も、まるでスーパーファミコンそのものであるが水色と明るい赤の色調がインパクト絶大である。

また、ハンドルが通常のクルマは丸なのに対し、今回コラボしたクルマのハンドルはF1車両に近い形になっている。実際に運転するとなると難しそうだ。

メルセデス・ベンツの最高設計責任者であるゴーデン・ウェイガーは、 「ヴァージルとのコラボレーションにより、2つの異なるデザイン哲学が結集し、並外れたものをその中心に据え続けているGクラスのユニークな再想像が実現しました。」と言う。

* * *

コラボ作品のレプリカを9月14日から「Sotheby’s Contemporary Curated」でオークション形式で販売し、収益をアートを支援するチャリティー団体に寄付するという。Virgil Abloh(ヴァージル・アブロー)は「私の次の世代に機会を提供し、次世代に成功の基盤を与えることがすべてです。」と話す。今後もメルセデス・ベンツとVirgil Abloh(ヴァージル・アブロー)から目が離せない。

Mercedes-Benz Project Geländewagen // Mercedes-Benz Project Gelaendewagen
Mercedes-Benz Project Geländewagen. Original Mercedes-AMG G63 (Kraftstoffverbrauch kombiniert: 13,1 l/100 km; CO2-Emissionen kombiniert: 299 g/km)* Mercedes-Benz Project Gelaendewagen. Original Mercedes-AMG G63 (combined fuel consumption: 13.1 l/100 km; combined CO2 emissions: 299 g/km)*

関連記事

  1. 日本のサーキット変遷史Vo.2~富士スピードウェイ~
  2. 【CG】他の追随を許さない華麗なラグジュアリーコンバーチブル
  3. 日本のサーキット変遷史Vo.5~岡山国際サーキット編~
  4. 【トヨタ ヴェンザ】ハリアーの左ハンドル仕様としてカムバック
  5. 【イタルデザイン ボヤー アイランド コンセプト】中伊合作の高級…
  6. 【CG】半世紀に渡る歴史が色濃く残るスポーツカーのアイコン
  7. VWのオープントップSUV!? Tロックの派生モデルTロック・カ…
  8. 【フォルクスワーゲン ゴルフ】8代目に見る堅実な車造り
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP