CAR

【日産 リーフ NISMO】マイナーチェンジ

日産は7月20日、リーフの高性能版であるリーフ NISMOをマイナーチェンジし発売した。なお、日産ではマイナーチェンジという表現を用いず「性能を向上」と説明している。

2018年7月に登場したリーフ NISMOは、通常のリーフに加えて、エクステリアではエアロダイナミクスを駆使したスポーティなスタイルを採用、また、インテリアにはブラックを基調としつつドライビングの高揚感をより高めるレッドスティッチがあしらわれている。

リーフ NISMOについて日産は「環境性能と最先端の先進・安全技術をあわせ持つ『日産 リーフ』に、NISMOならではの『ピュアスポーツ』のスタイリッシュなイメージとパフォーマンスを注入したモデル」と説明している。

今回の性能向上では、欧州テイストのクイックなステアリングレシオを採用するとともに、それに合わせたサスペンションのスプリング、ショックアブソーバー、バンパーラバーにもチューニングが施されている。また、VDC制御ロジックをさらに精密に見直すことにより、コーナー出口での加速性能を向上させたほか、これらのトータルチューニングにより、走行の安定性を維持しながらも、スポーツカーを彷彿させる俊敏で意のままのドライビングを実現したとしている。

さらに、ドライバーとクルマがより一体となったドライビングが楽しめるよう、シートには、高いホールド性能を誇る、新世代デザインのNISMO専用チューニングRECARO製スポーツシート(ヒーター付き)が新たにオプションとして設定されている。

加えて、リーフ NISMOは、2020年1月にマイナーチェンジしたリーフと同様に、9インチナビを新たに標準装備。コネクテッド機能も大幅にアップグレードしたとしている。

リーフ NISMOは2WD(FF)のみの設定となり、バッテリーサイズは40kWhのものが搭載される。価格は429万4400円。

関連記事

  1. 第0章 プロローグ 前史──国産車3大メーカーの一角
  2. 新型レヴォーグの先行予約が開始!生まれ変わったスバルのスポーツツ…
  3. 第0章 TOYOTA前史──豊田自動織機と豊田喜一郎
  4. ヒュンダイのクロスオーバーSUV コナにハイパフォーマンスモデル…
  5. 【ダチア ロガン】人気低コストセダン が2021年モデルへアップ…
  6. 小さなプレミアム・スポーツセダン IS350に見る、レクサスのブ…
  7. 【メルセデス・ベンツ Eクラス】マイナーチェンジ、AIによる学…
  8. 【スバル BRZ】フルモデルチェンジして2代目へ、FRスポーツカ…

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP