CAR

【写真展】日産の本気、アリア(ARIYA)のデザインを見る

アリアは、日産初の試みとなる電気自動車(EV)のクロスオーバーSUVだ。クロスオーバーSUV特有の「快適な走り」とEVの持つ「運転の楽しさ」、そして環境性能を兼ね備えた1台として仕上がっている。また、アリアには、まったく新しいEV専用のプラットフォームが搭載されている。

そのデザインは、新しい日産の新しいEVをイメージし、「タイムレスジャパニーズフーチャリズム」という言葉が意識されている。これは、日本の考え方にあるエコロジーやサスシナビリティの思想がもとになったものだ。シンプルでありながらもダイナミックでモダンさがあるアリアのデザインは、こうした日本の伝統的思想が大きな影響を与えている。

さらに、今回の発表に合わせてブランドロゴも一新されている。日産がこれまで培ってきた伝統を継承しながらも、未来へと舵を切る姿を象徴する靭やかなデザインへと生まれ変わっているのだ。

日産は、アリアの展開を通して、世界のEV市場における新たな展開を試みている。また、アリアのこうした新しい挑戦は、日産の新しい歴史を切りひらくと言っても過言ではないだろう。

関連記事

  1. 第5章 遂に誕生する、SUBARUのその後30年を支える“伝承遺…
  2. 国内では希少車となった新型アコードが、北米で受け入れられたワケ
  3. 【キャデラック CT5】単なるアップデートに留まらない劇的な進化…
  4. MINIのベストバイ・カントリーマンは、クラスを超えた実力者だ
  5. 【CG】FRセダンのベンチマークはいかにして進化したか
  6. 『千と千尋の神隠し』に登場したアウディとは?
  7. 【ホンダ夢の追求】Prologue「前夜」
  8. 【ホンダN-WGN】軽自動車の進化系が売れるワケ

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP