CAR

日本のサーキット変遷史Vo.6~ツインリンクもてぎ編~

・・・‥‥……………………………………………………………………………‥‥

ツインリンクもてぎは、栃木県の芳賀郡茂木町にあるサーキットだ。ホンダが作った鈴鹿サーキットに続く国内2つ目のサーキットとして、1997年にオープン。ロードとオーバル、2つのコースを併設する珍しいレイアウトとなっており、サーキット以外にもさまざまな施設を擁している。今回は、そんなツインリングもてぎの歴史を紐解いていく。

・・・‥‥……………………………………………………………………………‥‥

2種類のコースを融合させたサーキット

1988年末、ホンダが世界のモビリティカルチャーの発信地となるべく、「モビリティワールドもてぎ構想」を発表した。1991年には運営を行うために、株式会社鈴鹿サーキットと本田技研工業株式会社が共同出資。株式会社ホンダモビリティワールドが設立されたことから全ては始まる。

アメリカのナスカーレースを視察。その影響を強く受け、当初とオーバルコースの導入に積極的だった。

しかし、単純なロードコースではなく未来のために多くの選択肢を備えた施設こそ、真に求められるものだという結論に至る。その結果、オーバルコースとロードコースを融合させたサーキットの建設が決定。施設名も、「ツインリンクもてぎ」に改められることとなった。

このツインリンクとは、英語の“twin”とドイツ語の“ring”を合わせた造語だ。投資総額は430億。敷地面積は640ヘクタール。ハブ空港の建設にも迫るほど、かつてない規模の大工事となった。

1995年、1月年頭の社長記者会見の場において、ツインリンクもてぎの具体的な計画が発表された2年後。1997年7月には、第1期の工事が完了。全長およそ2.4キロのスーパースピードウェイと全長4.8キロのロードコースを始め、全13の設備がお披露目された。

ギャラリーを巻き込む体験

ツインリンクもてぎ初となる大きなイベントが、1998年3月開催のCARTチャンピオンシップ・シリーズ バドワイザー500だ。

フォーミュラカー(オープンホイールとも呼ばれる)を用いた4輪レースであったCARTは、アメリカを中心に行われていたレースである。

このレースでは、シリーズに参戦していたドライバー達が全員出場しており、決勝ではなんと5万5,000人にも達するギャラリーがレースの行方を固唾を飲んで見守っていたという。

トップスピードが300km/hにもなるCARTマシンから聞こえるエンジン音とエグゾーストも観客を興奮させる要因となったのは間違いないが、従来の国内レースと決定的に違ったのはドライバー達のファンサービスであった。

写真撮影やサインにも気軽に対応し、朗らかな笑顔を湛えて握手に応えた。ツインリンクもてぎが掲げる、人と人との出会いや結びつきが実現した瞬間でもあったのだろう。

さらに、同年11月にはナスカー サンダースペシャル モテギ コカ・コーラ500が開催。このレースは、アメリカ国内ではCARTと並んで高い人気を誇るレースだ。

サーキット建設の構想時、「お手本」となったナスカーもまた、ファンとレーサーの距離が近く感じられるレースであった。

そんな流れの中で、モータースポーツのファンたちに楽しんでもらうことが最優先である、という考え方が定着していったのである。

※ ※ ※

2003年には母体であるホンダがCARTから撤退、インディカーシリーズへの参戦を表明したことを受け、ツインリンクもてぎでもインディカーシリーズ・ブリジストン インディー ジャパン 300マイルが開催された。

広域活性化のためのイベント、いわば「お祭り」的なイベントとして大成功。2005年の第3回時には、宇都宮市を中心としたプレイベント実行委員会まで発足している。

現在でも、モータースポーツ文化の振興と発展のため、多くのイベントを行っているツインリンクもてぎ。オートバイによる7時間耐久レースの「もて耐」や4輪版のもて耐である「JOY耐」など、数々のイベントを開催している。

多くの人々の尽力と情熱によって生まれたツインリンクもてぎ。多くの人々の交流の場ともなっているこのサーキットは、ホンダが未来に向けて贈ったプレゼントなのだ。サーキット以外にも家族で遊べるレジャーやグランピング施設、ホテルなどさまざまある。

関連記事

  1. レクサスのGSが生産終了!! 現行モデルや歴史について振り返る
  2. 【ベントレー フライングスパーV8】新型が登場 運転してこそ輝く…
  3. 【クプラ アテカ】2020年モデルへアップデート!300PSのス…
  4. リンカーンが上海モーターショーにてゼファー リフレクション コン…
  5. 【トヨタ ヴェンザ】ハリアーの左ハンドル仕様としてカムバック
  6. メルセデスが電動SUV EQCのオフロードコンセプトを公開
  7. ‌BMWが新型EV『iX』を発表 ハイテクが詰まった電動SAVは…
  8. 韓国キアが、ブランド初の専用電動モデルとなる新型 EV6の情報を…

おすすめ記事

Category



PAGE TOP