CAR

【北米ホンダ リッジライン】さらなるタフさを携えて2021年モデルに

北米ホンダのピックアップトラック、リッジラインの2021年モデルが発表された。現行モデルに比べ、よりタフさを増したエクステリアデザインと新たな車載システムが搭載される。市場に投入されるのは、2021年初頭になる見込みだ。

マッシブさを増したエクステリア

リッジラインは、北米ホンダのラインナップでも長きに渡り人気モデルの地位を確立しているピックアップトラックである。初代モデルが登場したのは2005年のことだったが、正直な所エクステリアデザインに関しては初代モデルの頃から秀逸だった。

ボディ全体を一つの金属から削り出したかのようなイメージを与える“billet construction”をコンセプトに掲げた巨体は、日本国内にも隠れたファンを多く生み出したのである。

今回のアップデートによってリッジラインは、よりマッチョに、よりアグレッシヴになった――というより、フロントグリルの大幅なリデザインによってイメージチェンジが図られた。

面積を拡大し、角度をより直立に近く壁のように、さらにメッシュの目を粗くしてグリル上部にクロスバーを装着した。

フロントグリルのデザインで、ここまで車は違って見えるのかと驚かされる部分だ。

また、フロントバンパーの両サイドにはフロントタイヤの空力を改善するためのエアベントが開けられ、LED採用のフォグも形状が変更されている。

ちなみに、エクステリアをアップグレードするためのオプションとしてホンダ・パフォーマンス・ディベロップメントのパッケージが用意されている。これを選択すると、リッジラインはブラックアウトされたグリル・ブロンズカラーの専用ホイール・ブラックフェンダーといった多くの専用装備を装着することができる。

北米ホンダ リッジライン

ピックアップならではの機能性は健在

リッジラインには、新しく18インチホイールが標準で与えられた。これに組み合わせられるオールシーズンタイヤにも新しいサイドウォールとショルダーデザインが施され、リッジラインを足元からマッシブに仕立て上げる。

リアに関して言えば、2本の大きなテールエンドのパイプを目立たせるためのシンプルなデザインとなっている。大幅なデザイン変更はされてないものの、ピックアップトラックとしての機能性は健在だ。

荷台の床下にはおよそ226Lの収納スペースを確保し、荷台の最大積載量は約72kg。牽引力は最大でおよそ2300kgなので、ジェットスキー1台位なら楽々引っ張って行ける。

また、テールゲート自体は下/横向きに開くことができるデュアル・アクション・テールゲートとなっており、耐荷重はおよそ14kg。荷台の上には固定用のフックを8箇所備え、それぞれのフックが16kg程の耐荷重性能を誇る。この積載性こそ、アメリカでリッジラインが愛され続ける大きな理由なのだろう。

パワフルなVTECのV6エンジンを搭載、インテリアも大幅にアップデート

2021年モデルとなるリッジラインのパワートレーンは、全車で最高出力280PS/最大トルク355Nmを発生させる3.5LのV型6気筒のVTECエンジンに、9速のオートマチックトランスミッションを組み合わせる。

グレード RTL-Eおよびブラックエディションでは全輪駆動が標準となるが、ベースグレードのスポーツおよびRTLモデルでは前輪駆動が標準となる。こちらには、オプションにてトルクベクタリングのAWDを用意する形だ。最大5000ポンドという優れた牽引能力を活かしたければ、オプションでカスタマイズするか、全輪駆動採用グレードを選んだほうが賢明かもしれない。

また、インテリアでは全体的なシステムのアップデートが図られている。ディスプレイオーディオシステムには高精細グラフィックを表示する最新のディスプレイと、物理スイッチが特徴的な音量調整ノブを採用。

シート表皮には、ステッチを施した新素材のファブリックを用いて居住性も改善した。さらに、ホンダセンシングを標準装備とすることで安全性も強化している。これには、前方衝突警告、車線維持支援、車線逸脱、アダプティブクルーズコントロールが含まれている。ピックアップトラックだからといって甘く見てはいけないというホンダのメッセージだ。

※ ※ ※

2021年モデルへ生まれ変わるリッジラインは、2021年より順次市場に投入される。販売価格は明らかにされていないものの、現行モデルが33,900ドル(日本円でおよそ360万円)となっているので、ほぼ変わらないか僅かに高くなっての登場となるだろう。

日本にも根強いファンが多い、ピックアップトラックというカテゴリ。日本のメーカーが、国内での製造を敬遠するモデルだからこそ、多くの魅力に溢れている。

関連記事

  1. 【写真展】メルセデス・ベンツ マイバッハ(Mercedes-Be…
  2. 【ニューモデル】ラグジュアリーSUVのパイオニア、ベントレー・ベ…
  3. 【ラム 1500TRX】 ハイパフォーマンスピックアップトラック…
  4. 【レンジローバー ヴェラール】美しさを生み出すものとは
  5. 【三菱 エクリプスクロス】マイナーチェンジ 小変更にとどまらない…
  6. 国内では希少車となった新型アコードが、北米で受け入れられたワケ
  7. 【日産 フェアレディZ】新型になる前に歴代Zの歴史を辿る
  8. 【トヨタ ヴェンザ】ハリアーの左ハンドル仕様としてカムバック
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP