CAR

【イタルデザイン ボヤー アイランド コンセプト】中伊合作の高級EVクーペが登場

2020年の北京モーターショーでは、コロナ禍も大きく関係していると思われるが、欧米メーカーが例年に比べて穏やかだ。一方、現地中国のメーカーは勢力を増し、日本では聞きなれない名前のモデルも多く登場している。

そんな今年の北京モーターショーで注目を集めているのが、東風汽車から発表されたイタルデザイン ボヤー アイランド コンセプトという名の、高級EVである。東風汽車は、日産自動車の現地合弁相手でもある大手自動車メーカーで、中国自動車メーカーの「ビッグ5」のうちの1社だ。また、イタルデザインはイタリアの有名カロッツェリアであり、世界の高級車やスーパーカーのボディワークを手掛けている。

2ドアクーペの美しいデザインが魅力のイタルデザイン ボヤー アイランド コンセプトだが、なんとこのクルマは3人乗りというから驚きだ。乗員がリラックスしてスマートに作業するための領域を確保したという。

同じ会場には、SUVスタイルのアイフリー コンセプトも展示されていた。車両名のアルファベットは、「i」はインテリジェント、「L」はラグジュアリー、「A」は自律、「N」はナチュラル、「D」はデリケートを表わしているという。気になるスペックなどはまだ公開されていないため、今後が気になるところだ。このように、北京モーターショーは、日本では馴染みがなくても注目すべき中国自動車メーカーが数多くある。

イタルデザイン ボヤー アイランド コンセプトを写真で紹介しよう。

関連記事

  1. SUBARUの苦境後、30余年を担う新コンセプトモデル「レガシィ…
  2. 【YouTube】進化が止まらないプレミアムなSUV、レクサス …
  3. 世界唯一、ロータリーエンジンを量産車に搭載 マツダのピュアスポー…
  4. 第2章 ホンダ初の量産4輪車「ホンダ・スポーツ」誕生、宗一郎と特…
  5. 【ポルシェ カイエンGTS】帰ってきたV8ツインターボ、日本導入…
  6. 第3章 機は熟した、駆動方式の大転換 前輪駆動小型車への挑戦、そ…
  7. 【マクラーレン GT】名門が目指した独自路線
  8. 【VW アルテオン】機能美を追求した4ドアクーペにシューティング…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP