CAR

【写真展】BMW M3/M4ニューモデル

2020年9月23日にBMWからM3/M4のニューモデルが発表された。今後は本国ドイツを皮切りに世界中のマーケットへ投入される。日本への導入時期はまだ未定であるが、デビューが楽しみである。

初代M3がデビューしたのは、現在から遡ること35年前。西暦1986年のことである。BMW直産……というわけではなく、傘下企業であるM社(BMW M GmbH)が、ドイツ・ツーリングカー選手権の第1期に参戦するため、当時はまだ第二世代目だったE30型3シリーズをベースとしてホモロゲーションを獲得するために、製造・販売を始めたモデルであった。

今回発表された新型M3とM4は、第6世代機にあたる。M3セダンは、新型のG80型3シリーズセダンを。M4クーペはG82型4シリーズクーペをベースとしたハイパフォーマンスモデルだ。

エクステリアデザインには独自の感動的な美学を備えた、2つのボディバリエーションを用意。

大型の垂直BMWキドニーグリルのM固有バージョン、目を引くMギルを備えた強力な彫刻が施されたホイールアーチ、フロントエプロンとリアエプロンに取り付けられたサイドシルエクステンション、空力的に最適化されたフィンを備えたカーボンファイバールーフに加えて、リアスポイラーとおなじみのMテールパイプペア。

オプションとして、MカーボンエクステリアパッケージとBMW Mパフォーマンスパーツを利用できる。

ここからは写真で、M3/M4のニューモデルを隅々まで紹介していこう。

関連記事

  1. 【CG】ランボルギーニ ウルスに2021年モデルとなる新デザイン…
  2. 【トヨタ シエナ】挑戦が光る。米国ヒット作のミニバン
  3. 【アキュラ MDX】7年ぶりのフルモデルチェンジ
  4. 偶然の一致か、申し合わせたような3台のK-CAR ミニ2座スポー…
  5. 第3章 機は熟した、駆動方式の大転換 前輪駆動小型車への挑戦、そ…
  6. 【アウディ RS3】登場、A3のトップモデルが2年ぶりに日本復帰…
  7. ロールスロイス ゴーストがフルモデルチェンジ 磨きが掛かった“魔…
  8. 【ダチア ロガン】人気低コストセダン が2021年モデルへアップ…

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP