CAR

【日産 キックスe-POWER】エクステリアデザインに込められたこだわりとは?

2020年6月24日のオンライン発表会で披露された日産の新型キックス e-POWER。普通車の完全新型車は、日本市場で10年ぶりということもあり、多くの人々に注目を集めている。今回は、そんな新型キックスのデザインについてじっくりと解説していこう。

ジュークの後継として投入された新型キックスe-POWER

新型キックスは、日本のSUVラインナップとして知られる「ジューク」の後継車として誕生した。もともと、東南アジアを中心に販売されているコンパクトSUVだったが、今回の新型発表に向けて日本市場に投入。

その特徴は、日産が誇る先進技術「e-POWER」を採用していること。搭載エンジンは発電のみに用いられ、モーターで駆動するユニークなパワーユニットを起用している。日産で展開するノートやセレナも同様にe-POWERを搭載しているものの、新型キックスは一味違う。

今回の開発に向けて、キックス用に新たなe-POWER技術を開発し、これまでにないハイブリッドカーとなっているという。日産が誇る期待の新人として、これからの時代を担ってくれること間違いないだろう。

躍動感と若々しさを兼ね備えながら上質なプレミア感を融合したデザイン

新型キックスのデザインは、そのコンセプトとして、躍動感のある若々しさとともに、上質なプレミア感を兼ね備えている。

今回のオンライン発表会で披露されたのは、ビビッドなオレンジを基調としたボディカラー「モナーク・オレンジ」のキックスであり、日産のブランドイメージを強調する一面を見せた。この他にも、黄色とモノトーンを起用したビタミンカラーもボディに採用されており、こうした配色は最新のe-POWERに隠されたパフォーマンスがイメージされている。

上記とは対照的に、赤と黒・白と黒といったツートーンカラーは、成熟性した大人のイメージをもち、コンパクトでありながらもワンクラス上の上質な色味を表現している。

続いて、エクステリアデザインは、フロントマスクが最大の魅力となる。日本のユーザーに親しみを持ってもらうため、「若々しく躍動感あふれるダイナミックさ」、「先進的で上質なプレミアム感」という、2つのテーマが組み込まれている。

ヘッドランプは、LED仕様の薄型を採用することで、精かんな雰囲気とインテリジェントな一面を併せ持つハンサムな表情へと仕上げた。日産の特徴となるVモーションのメッキグリルは、Wへと進化させている。フロントバンパーは、豊かな面を表現することで、小型車でありながらも、プレミアム感あふれる表情を実現した。グリルパターンは、伝統工芸「組木」にインスパイアされているため、日本の風景に溶け込むデザインを意識されている。

もう一つの特徴は、スタンスの広さだ。リアビューから眺めるワイドなバンパーと突出したリアフェンダーのボリュームは、よりダイナミックなシルエットとタイヤの踏ん張り感をうまく演出している。

また、ヘッドライト同様、すべてのグレードにオールLEDのリアコンビネーションランプを装備。アウターレンズ越しにのぞくインナーレンズには、切子のような細かいパターンをグラデーション加工することで、点灯時にキラキラと輝く光を再現している。

このように、隅々までこだわり抜かれたデザインによって、SNS上の一般ユーザによる反応も好調だ。オンライン発表会では、実際にユーザーのコメントを数多く紹介しており、「いいなぁ」、「かっこいい」、というデザインへのコメントも目立っていた。

日産が発表した待望の新型車キックス e-POWERは、隅々までこだわり抜かれたデザインが印象的なモデルの一つ。コンパクトSUVでありながら、その躍動感あふれる力強い印象はもちろん、オレンジや黄色を基調としたビタミンカラーで若々しさを演出している。一方、大人の魅力を強調した上質な雰囲気にもこだわり抜かれており、幅広いユーザーの心をつかむことは間違いないだろう。

関連記事

  1. 【スズキ ステーションワゴン スウェイス】2020年冬の発売が決…
  2. 【スバル BRZ】フルモデルチェンジして2代目へ、FRスポーツカ…
  3. リアミッドシップ+後輪駆動の“ランナバウト”パーソナルスポーツ「…
  4. メルセデスベンツ Sクラスが、PHEVを採用した新型を発表 20…
  5. ボルボ P1800が現代の技術を搭載して『P1800 シアン』と…
  6. 【メルセデス・ベンツ】コンパクトSUV、GLAがフルモデルチェン…
  7. ジープより新型ワゴニアおよび新型グランドワゴニアがワールドプレミ…
  8. 1980年代後半、日産に咲いたバブルの“あだ花”、マーチに居並ぶ…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP