CAMP・GLAMPING

クルマで行きたい福島のグランピングスポット

ソファやベッド、空調まで完備するようなテントで快適なアウトドアが楽しめるとして、近年人気に火が付いたグランピング。東北地方の福島県にもまた、贅沢なグランピングが楽しめる施設が数多く登場している。今回は、福島県にある車で行きたいグランピングスポットを紹介する。

sahいわき

常磐自動車道いわき湯本ICより、車でおよそ10分。『sahいわき』は、福島県のいわき市に2019年にオープンした比較的新しいグランピングスポットだ。

1300年以上の歴史を持ついわき湯本、その温泉街に建つ美風の湯が運営している。そのため、グランピングを行うのはホテルの裏山という立地。ホテル本館の源泉かけ流しの温浴施設を無料で利用できるのもポイントだ。

広大な自然の中に、グランピング用のテントを4張と、自分で持ち込んだテントを設営できるフリーサイトを備えている。グランピング体験ができるテントはウッドデッキに張られ、ノスタルジックな雰囲気満点。フリーエリアも、高低差があり気に囲まれた場所にあるので、周りを気にすることなくプライベートなアウトドアが楽しめるだろう。

また、エリア内で最も見晴らしの良い高台に、バーベキューブースを用意。肉や海鮮をふんだんに取り入れた、オリジナルのバーベキューメニューを贅沢に堪能できる。

sahいわき

アクセス:常磐自動車道いわき湯本ICより車でおよそ10分
引用: sahいわき 公式サイト

FOME BASE(ホームベース)

「盛岡じゃじゃ麺」「わんこそば」と並び、盛岡三大麺と評される麺料理が「盛岡冷麺」である。盛岡駅北口よりほど近い『盛楼閣』は、極上の焼肉と盛岡冷麺が頂ける屈指の人気店だ。

店舗自体は、盛岡駅と地下が直結した6階建て「ワールドインGENプラザ」の2階にある。東北自動車道を県道36号線方面(盛岡南方面)で降り、盛岡西バイパスを目的地まで進もう。

霜降りの「極上ロース」を始め、「極上カルビ」や「ハラミ」を味わった後は、やはり「盛楼閣冷麺」でシメたい。辛さを6段階で調節できる透き通ったスープと、もちもちとした歯ごたえの麺との組み合わせは、シンプルながら絶品。

特に牛コツを使ったスープが評判で、あっさりしていながらも、旨味とコクは他の冷麺とは段違い。トッピングされる具材も特徴的で、春~夏の間はスイカ、秋~冬の間は梨が添えられる。季節感すら感じさせてくれる冷麺だ。

FOME BASE(ホームベース)

アクセス:東北自動車道福島飯坂ICより車でおよそ10分
引用: FOME BASE(ホームベース) 公式サイト

エンゼルフォレスト那須白河

福島県の岩瀬郡天栄村にある『エンゼルフォレスト那須白河』は、東北エリアでも最大級の広さを誇るグランピングサイトが自慢の施設だ。さらに、ドッグラン併設のフリーサイトを備える愛犬家にも嬉しいサービスを提供してくれる。

このドッグラン付きフリーサイトは通常の広さのドッグフリーサイトと、キャンピングカーを乗り入れ可能なドッグフリーキャンピングカーサイトの2種類に分かれている。ドッグフリーサイトは、スペースが高い柵で囲まれているため、愛犬が迷子になる心配もない。

ちなみに、施設中央に位置するレストラン「レイクサイドダイニング ラ・ピーナ」も、愛犬と同伴利用が可能。バイキングには、犬用のメニューも用意されているというから驚きだ。

また、グランピングサイトに設置されているのは、ベルギーのキャンバスキャンプ社製のベルテント。ラインナップの中でも、特に大型のSibley 600Twin Ultimateを採用することで、大人4人でも広々とくつろげる空間を作り出している。

施設内、全てのキャンプグラウンド利用者は、エンゼルフォレスト那須白河内にある天然温泉に入り放題というサービスも。全国でも屈指の濃度を誇る高アルカリ単純泉で、ゆったり体を癒そう。

エンゼルフォレスト那須白河

アクセス:首都圏方面から車で約2時間
引用:エンゼルフォレスト那須白河 公式サイト

* * *

源泉かけ流しの天然温泉が満喫できるグランピングや、ライトアップされるテントサイトでゆったりと過ごせる場所が多い。さらには、愛犬と一緒に快適なアウトドアが楽しめる施設など、多くの魅力的なスポットが集まる福島県。車で福島県に足を伸ばして、グランピングの非日常感を味わってほしい。

【日本最大級】楽天トラベル





福島県のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. クルマで行きたい鳥取のグランピング
  2. クルマで行きたい、札幌の旅館
  3. あまり知られていないかも…クルマで行きたい、埼玉のグ…
  4. 年始は初日の出を拝みたい…中国エリアのクルマで行くお…
  5. 歴史ある温泉地のグルメ…クルマで行きたい、松本のグル…
  6. 東北最大の都市の新古混ざり合うグルメが気になる…クル…
  7. クルマで行きたい、熱海の旅館
  8. フォトジェニックなクルマで行きたい、山梨のスキー場
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP