CAMP・GLAMPING

クルマで行きたい愛知のグランピング

県庁所在地を名古屋に置く、中部地方の愛知県。名古屋メシと呼ばれる豊富なグルメや名古屋城といった、重要な文化遺産にも恵まれる人気の観光地だ。今回は、そんな愛知県にある、車で行きたいキャンプ・グランピングスポットを紹介する。

ウッドデザインパーク岡崎

徳川家康生誕の地として、全国的に知名度のある愛知県の岡崎市。『ウッドデザインパーク岡崎』は、リフォーム会社が手がけるアウトドアスポットだ。

東名高速道路岡崎ICより、車でおよそ20分。グランピングを楽しめる大型テント内には、エスニックな雰囲気漂う木製のインテリアを設置する。トイレやバスタブ、冷暖房とった快適装備も完備しており、ホテル泊と何ら変わらない環境で季節を問わずグランピング体験が可能。より開放感が欲しければ、ガラスで作られたグラスキャビンがおすすめ。こちらも、テントと同じように快適装備は万全だ。

2019年には、部屋の中でグランピングの雰囲気を楽しめる「HEYAmping(部屋ンピング)」が登場。プロジェクター照明が設置された温かみのある室内で行うグランピングは、アウトドアに踏み切れないビギナーにも優しいサービスである。

また、珍しい宿泊施設として、ウッドデザインパーク岡崎では施設内の茶室にも宿泊可能。趣きある日本家屋の庭園は、飛び交うホタルや紅葉、雪景色など季節に応じて様々な表情を見せてくれるだろう。

いずれの宿泊施設を選んだとしても、バーベキューサイトにて本格的なバーベキューを楽しめる。プランによって、食材は持ち込んでも用意してもらうことも可能なので安心してほしい。

ウッドデザインパーク岡崎

アクセス:東名高速道路岡崎ICより車でおよそ20分
引用: ウッドデザインパーク岡崎 公式サイト

依佐美スペース

愛知県の刈谷市小垣江町に、2016年オープンしたのが『依佐美スペース』だ。東京都心より、車でおよそ4時間。優しい夫婦が開いたこの場所は、多くのこだわりがつまった素敵なカフェである。

ロッキングチェアーやソファに座ってコーヒーや紅茶を頂くのも優雅だが、依佐美スペースは、アウトドアとインドアを融合したワイワイ楽しい時間を提供してくれる場所だ。ドリンクを1杯オーダーするだけでは少しもったいない。

「グランピングパーティープラン」として、5名以上40人までの貸し切りに対応してくれる依佐美スペース。店主自慢の「燻製の盛り合わせ」を始め、グリルで作る「ローストチキン」など、本格的なアウトドアメニューが頂ける。

オプションとして、定番のスモアやホットワイン、さらには焼きリンゴといったメニューも充実。貸し切って行うバーベキューは、プライベート感に溢れる。家族や仲間と、わきあいあいとした時間を過ごすことができるはずだ。

依佐美スペース

アクセス:東京都心より車でおよそ4時間
引用:依佐美スペース 公式サイト

シーサイドマジック

東名高速道路豊川ICより、車でおよそ30分。愛知県の蒲郡(がまごおり)市に位置するラグーナビーチ内の『シーサイドマジック』。このグランピンススポットは、「手ぶらでOKな本格アメリカンバーベキュー」が特徴。

施設内には、ソファに座ってバーベキューが可能な「ソファバーベキューエリア」を10区画と、「テーブルバーベキューエリア」を18区画設置。全席にシェードが付いているので、日差しが気になる人でも安心して利用できる。さらに、夜にはサイト全体でランタンが灯され、あたりは一気に幻想的な空間となる。目の前には海が広がる絶好のロケーションで、非日常感は一塩だろう。

バーベキューに関しては、準備も片付けも一切不要。スタッフが全て代行してくれるストレスフリーなバーベキューだ。国産にこだわった肉は、バーベキュー用としては珍しい真空調理が事前に施され、普通の肉とは旨味の詰まり方が段違い。もちろん、野菜も愛知県産にこだわった新鮮かつ安心の野菜だ。

また、併設されているオープンテラスカフェではボリューム満点の「プレスサンド」や「BIGアイスドーナツ」に「ターキーレッグ」といったフードもテイクアウトできる。アルコール類の提供も豊富なので、仲間との会話も弾むこと間違いなしだ。

シーサイドマジック

アクセス:東名高速道路豊川ICより車でおよそ30分
引用:シーサイドマジック 公式サイト

* * *

日本家屋に宿泊できる珍しいグランピングや住宅街の中、貸し切りバーベキューができるカフェ。海のすぐそばで、本格的なアメリカンバーベキューが堪能できる施設など、多くの魅力的なスポットが集まる愛知県。車で愛知県に足を伸ばし、お気に入りのスポットでグランピングを楽しもう。

【日本最大級】楽天トラベル





愛知県のレンタカーはタイムズのレンタカー がおすすめ!


関連記事

  1. 豊かな自然に溢れた地のご当地食…クルマで行きたい、山…
  2. 広大な土地で頂ける…クルマで行きたい、長野のグルメス…
  3. クルマで行きたい、滋賀の旅館
  4. クルマで行きたい、松本のグルメスポット
  5. クルマで行きたい、愛媛の旅館
  6. クルマで行きたい山口のグランピング
  7. キャンプ初心者必見!失敗しないテントの選び方
  8. クルマで行きたい、下関の旅館
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP