TRAVEL

年始は初日の出を拝みたい…九州エリアのクルマで行くおすすめスポット 2021

九州の初日の出時間は、7:10以降と日本の他のエリアと比べても比較的遅い時間に拝むことができ、県ごとにさまざまな、初日の出スポットがある。そんな初日の出が拝める九州エリアのおすすめスポットを紹介しよう。

なぜ初日の出見にいくの…?

昔から初物は縁起が良いと言われており、初夢、初物、初日の出などある。

初日の出は、1月1日(元旦)の日の出のことで、日本では1年で最初の夜明けで『めでたい』『縁起が良い』とされ初日の出参りを行う人が多い。

初日の出は日本古来からのいわれであり、“四方拝”という天皇の元旦の儀式が始まりで、それが庶民の間に現在の形で広まり、“初日の出を拝む”という習慣になった。

四方拝とは、毎年1月1日(元日)の早朝、年始を祝うものであり、宮中・神嘉殿の南庭で天皇が天地四方の神祇を拝する儀式であり、全国に広がったのは明治以降とされていて、非常に歴史深いものだ。

皿倉山(福岡県)

夜景の名所としても有名だがここ皿倉山は初日の出も拝むことができる。標高622mありハイキングで登ることが可能だが、ケーブルカーやスロープカーで山頂へ行くこともできる。元旦はシャトルバスやケーブルカー、スロープカーの特別運行をしているが2021年はコロナウイルス感染症の流行のため、人数制限をしているので早めに到着することをおすすめする。

【所在地】北九州市八幡東区平野2丁目1-1

この投稿をInstagramで見る

好きっちゃ北九州【北九州市公式】(@city.of.kitakyushu)がシェアした投稿

川内峠(長崎県)

標高約260mの位置にある川内峠は広大な草原があり、頂上では360度見渡すことができる。まるで、写真の中にいるような峠から拝む初日の出は、西九州連山の間から昇り幻想的だ。

【所在地】長崎県平戸市大野町39-3

この投稿をInstagramで見る

ryosuke yamashita(@luck.1221)がシェアした投稿

東与賀海岸(佐賀県)

佐賀県にある東与賀海岸は、渡り鳥であるシギ・チドリ類の飛来数が日本一、クロツラヘラサギ、ズグロカモメなどの絶滅危惧種を含む冬鳥たちが渡りの中継地、越冬地として飛来してくる。2015年5月には国際的に重要な湿地として、ラムサール条約湿地に登録された。そんな東与賀海岸からは美しい初日の出を拝むことができる。

【所在地】佐賀県佐賀市東与賀町大字下古賀

この投稿をInstagramで見る

Terumasa Tsukahara(@teruteru_tsukahara)がシェアした投稿

豊後二見ケ浦(大分県)

日豊海岸国定公園のシンボルのひとつ『豊後二見ケ浦』、夫婦岩を結ぶジャンボしめ縄は長さ65m・重さ2トン。この夫婦岩の間から昇る初日の出はとても美しく幻想的で、元旦には多くの参拝客が訪れる。

【所在地】大分県佐伯市上浦浅海井

この投稿をInstagramで見る

y(@yukakowan2)がシェアした投稿

大観峰展望所(熊本県)

阿蘇山の北外輪山の一角に位置する標高936mの展望所で、阿蘇五岳を一望できる。空気の澄んだ早朝には雲海が見られることもある。元旦には涅槃像ともいわれる、阿蘇五岳が初日の出に照らされる様子を見に訪れる観光客が多い。

【所在地】熊本県阿蘇市山田2090-8

この投稿をInstagramで見る

@satomi24jpがシェアした投稿

都井岬(宮崎県)

都井岬は、国の天然記念物にも指定されている野生の馬『御崎馬』が生息しており、都井岬に一歩入るとそこら中で馬が草を食べたりとしている。車で入ることができるが、馬が道路を横切ったりするときは、馬待ちをするといった普段なかなかできない経験ができる。都井岬は宮崎県の南端に飛び出た高い位置にあるので、非常に綺麗な初日の出を拝むことができる。

【所在地】宮崎県串間市大納

この投稿をInstagramで見る

Kouji Ushijima(@ushijimakouji)がシェアした投稿

開聞岳(鹿児島県)

鹿児島県にある開聞岳は“薩摩富士”と称される標高924m、山頂からは桜島や大隅半島、屋久島まで見渡すことができ、初日の出を見ようと毎年多数の人が訪れる。駐車場は約200台準備してあるが、交通機関が少ないため気をつけてほしい。山頂からの眺めには感動すること間違いなしだ。

【所在地】鹿児島県指宿市開聞

この投稿をInstagramで見る

鹿児島県公式 I どんどん鹿児島(@dondon_kagoshima)がシェアした投稿

***

九州は比較的暖かいと思われがちだが、県によっては寒いエリアや山の上は比較的寒くなっているので、行く際は寒さ対策もしっかり準備し行くと良いだろう。

※イベントの開催が中止・延期になっている場合や、施設の営業時間等が変更されている場合があります。ご利用の際は事前にご確認の上おでかけください。

関連記事

  1. 個性的なグランピングが続々…クルマで行きたい兵庫のグ…
  2. 都心から一歩離れて静寂を味わう…クルマで行きたい埼玉のグランピン…
  3. クルマで行きたい鹿児島のグランピングスポット
  4. ちょっと贅沢にリフレッシュ…ひとり旅にぴったりなおす…
  5. ついに始まったGoToイートキャンペーン 箱根の対象店舗ご紹介
  6. クルマで行きたい、伊勢の旅館
  7. みなとみらいや中華街、魅力エリアがいっぱい…クルマで…
  8. 日本最大の湖である琵琶湖が生む食材達…クルマで行きた…
  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

おすすめ記事

  1. シントトロイデン 2021-2022シーズン ユニフォーム

Category



PAGE TOP